「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

アインシュタインと平和運動

   アインシュタイン8





    ”今やわれわれは危機に瀕しています。
     原子力はわれわれの頭の中をのぞいて、
     すべてを変えてしまいました。


     この巨大な力を開放したわれわれ科学者は、
     人類の利益のため
     原子力を管理すべき責任を負っています。”
        (アインシュタイン・1946年5月23日
                    核兵器禁止運動をはじめる)



             アインシュタイン1
         
 「その時歴史は動いた
    日本を愛したアインシュタインの悲劇」
       ~核兵器廃絶への願い~   (動画より~)


 ”アルバート・アインシュタイン”
    ・子供の頃のアインシュタインは、内気で人と話すことが苦手でした。
    ・大学受験に失敗。
    ・浪人中に通った学校で物理学者を志す。

    ・大学卒業後は学者になることはできず就職。
    ・そして、独学で特殊相対性理論を完成した。
      (20世紀最大の科学の発見ともいわれる理論)

 ”第一次世界大戦はじまる。”・・・・1914年7月
                       科学技術の進歩が新兵器に応用された。
                       「アインシュタインは、科学が戦争に利用されることに、
                        深い危惧を感じる。」 

 ”1922年 日本への講演旅行の依頼”   さとり16

    11月17日 アインシュタイン来日
    東京・名古屋・京都など全国7か所で「相対性理論」の講演。

    「日本についての印象」・・・・この国のものは、すべてが愛らしく、晴れやかであり、
                      常に自然の恩恵と結びついている。 

 ”第一次世界大戦後、国際連盟が設立”
     アインシュタイン・国際連盟知的協力委員会の長となる。
     アインシュタイン・平和運動に参加
                「絶対平和主義を唱え、軍事力の放棄を世界各国に訴えた」

     1923年・・・・フランスがドイツのルール地方を占領。
     国際連盟は無力だった。
     国際連盟に失望したアインシュタインは、知的協力委員会を去る。

 ”1933年 ヒトラー政権誕生”
     軍備の拡張をはかる。
     ユダヤ人排斥が行われ、アインシュタインの著書も焼かれた。

 ”1933年10月・・・アインシュタイン、アメリカに亡命。 
  アインシュタイン12

    5年後、1938年ドイツでオットー・ハーンのグループが核分裂を発見。 
      「原子核が分裂すると、巨大なエネルギーが出る。
       これを応用すると、原子爆弾を作ることができる。」

 ”1939年、ナチスドイツ、チェコスロバキアを支配下に。
     ナチス・原子爆弾を研究。
     「ナチスが原子爆弾を手にしたらどうなるのか」

 ”1939年 第二次世界大戦勃発”
     ナチス、ヨーロッパ各地に進攻。
     「ナチスに対抗するには、武力を用いざるを得ない」

 ”1941年12月8日 太平洋戦争はじまる”

 ”アメリカ 原子爆弾の開発を急ぐ”
     原子爆弾開発の詳細は、アインシュタインには知らされなかった。

 ”1945年5月・・・・ ドイツ降伏

 ”1945年8月6日・広島、9日長崎に原子爆弾を投下” アインシュタイン14

     アインシュタインは、原子爆弾の投下をラジオのニュースで知った。

 ”アインシュタイン、核兵器禁止運動をはじめる”・・・・1946年5月23日


 ”核兵器廃絶を訴える”
     「ラッセル・アインシュタイン宣言」に署名。

 ”第一回原水爆禁止世界大会(広島)・・・・1955年8月6日

 ”1957年以降、パグウォッシュ会議(科学者による平和会議)が続いている。

 ”1968年 核兵器拡散防止条約締結”

    「アインシュタインは、個人の平和運動を、
          世界中の科学者による組織運動に発展させた。」
 



 ~活用できる社会資源~      島津斉彬61
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)



訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     

    



スポンサーサイト
  1. 2017/05/26(金) 00:01:03|
  2. その時歴史は動いた

発達障害・解明される世界

     未来3




 ”NHKスペシャル 発達障害
       解明される未知の世界”
          5月21日放送(動画より~)


 ”15人に1人”
    発達障害の可能性のある小中学生。
           (文部科学省調べ)
    
 ”発達障害”
    「行動の謎」・・・・最先端の科学が解明
              ・”感覚過敏”・・・コミニュケーションを妨げる原因の一つ。
              ・”見え方””聞こえ方”・・・特異な感覚
              ・生まれつきの脳の特性

    「ASD(自閉症スペクトラム症)」(アスペルガー、自閉症、等)     コーチング25

       ・コミニュケーションが苦手  ・こだわりが強い
    「ADHD(注意欠如・多動性)」
       ・不注意  ・落ち着きがない
    「LD(学習障害)」
       ・読み書きが苦手   ・計算が苦手

 ”ASD(自閉症スペクトラム症)” 
   「感覚過敏」 (人によってそれぞれの違いがあります)

       ・視覚過敏・・・・外全体が白っぽく見えて目が痛い。
                 ヘッドライトや自転車のライトが目に痛い。
                 光がまぶしすぎる。

       ・聴覚過敏・・・・敏感に音が入ってきて疲れる。
                 ・音の洪水状態。
                   (スーパーマーケットの店内の音が、多くの人の
                    パチンコ店内の音よりうるさく感じていることが、 
                    実験の結果わかってきました。)

                   (教室での先生の声も、感覚過敏のある子どもにとっては、
                    大きな声で聞こえているかもしれません。
                    社会生活を営む上で、かなり支障をきたしている可能性が大きい。)

                  「人とのコミニュケーションに影響する。」
                    様々な音が混ざり合って聞こえにくい。

 ”ADHD(注意欠如・多動性)”の脳の機能     発達20

     順序立てて行動する部分と、
     喜びや満足を得るために持つ脳の機能が、
     弱いことが最近の研究で分かってきました。
        (一つのことを集中して行うのが苦手)

 ”LD(学習障害)”・・・読み書き障害
              最新の研究で、読むことが困難な原因が解明されつつあります。
              3文字をこえる言葉を、なかなか認識できません。

 ”二次障害”・・・・専門家が最も危惧していること。
            うつ、不安障害、強迫性障害、統合失調症
            そううつ病(双極性障害)、PTSD、不登校、ひきこもり など。

 ”イギリスの取り組み”
     感覚過敏の人に対して、社会全体で取り組む動きが始まっています。
        (商店での対応など)
 ”アメリカ”
    ・企業での人材登用。
    ・発達障害専門の就労支援企業
 ”日本”
    ・企業内での個別の取り組み 
    ・特化した就労移行支援事業所 等。

  ”特性”
    ・「新しい考え方」「変革」をもたらす人材。
    ・ITなどへの高度な適応能力
    ・一芸に秀でる集中力の能力。(過集中、こだわり)
    ・人類の進歩に大きく貢献した
     多くの天才的な、歴史上の人物を生み出しています。



   ~私の「元気回復道具箱」より~    高杉23


     「くすりにたよらない精神医学」


くすりにたよらない精神医学」(日本評論社)
       井原裕(編集)・松本俊彦(編集)

井原裕(いはらひろし)
精神科医・獨協医科大学越谷こころの診療科教授
「薬に頼りきりではない精神科臨床を実践」
(対象となるのは、主に、うつ・不安・不眠等。)

獨協医科大学越谷病院こころの診療科(HPより引用)
「薬に頼らない精神科」・「療養指導・精神療法」

「うつ・不安・不眠」・・・・・睡眠・運動・生活習慣の是正を指導。

「ADHD(注意欠陥多動性障害)」
多動性を吸収してくれるものがあれば、問題は軽減します。
できることを一人一人の個性に応じて探し、
活動性を建設的に表現していきましょう。


楽器、ダンス、スポーツ、コンピューター、絵、工作、
そろばん、料理など、将来につながり、自己表現の喜びを伴い、
心地よい疲労感を感じられるものを探しましょう。


「広汎性発達障害」(アスペルガー障害、高機能自閉症など)
対人関係におけるコーチングが治療の中心となります。
広汎性発達障害の患者様にとって、
得意なことは、あるテーマについて深く追求すること、
苦手なことは、人のこころを察することです。


したがって、得意なことをどんどんやって自信を深めていただき、
同時に苦手な対人場面での行動について、一緒に考えていきましょう。



「本日の私のメンタルトレのメニュー」
① 呼吸法:座禅・・・・・リラックス「座禅入門」「雲堂:ハウツウ座禅」
② 「新体道」・・・・・日本の「氣」のブームの火付け役となった「新体道」



~活用できる社会資源~      島津斉彬61
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)



訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     





                
     







  1. 2017/05/24(水) 11:02:42|
  2. 発達障害

変人こそが国の宝

       島津斉彬2
   



付和雷同で、意見を持たぬもの

十人が十人とも好む人材

彼らは非常事態に対応できない

     偏屈な男こそ、国の宝である
           (薩摩藩主 島津斉彬)



   島津斉彬18

 「”知恵泉” 島津斉彬
     あの西郷隆盛や、大久保利通を育てた男!
        その人材育成術を学び獲れ!」 (動画より~)


 ”幕末の名君”
      島津斉彬(1809~1858)・・・・薩摩藩主
                          斉彬が藩主になったのは嘉永年間。
                          嘉永6年(1853) ペリー来航により、
                          開国か鎖国かに国論が二分していた時期。

                          斉彬が積極的におこなったのが、人材登用、人材育成。
                          一流の人材を育てるには・・・”変人こそが国の宝”

           「勝海舟の言葉」・・・維新のおり、薩摩から人材が多く出たのは、
                        斉彬の教育感化によるものである。

 ”島津斉彬・薩摩藩主に就任”・・・・嘉永4年(1851)  
    「知恵その一」            島津斉彬17

      ”偏った意見のものに注目せよ”

         ・財政再建に代わり新たな柱としたのが人材登用。
            
         「身分を問わず意見があるものは誰でも書面で提出せよ」
         と呼びかける。
         その中で、同じ意見をしつこく送るものがいた。
         
         差出人は下級藩士の西郷吉之助(隆盛)
         当時西郷は22歳、農民から年貢を徴収する役。
         「ワイロをもらう役人たちの免職を主張」
         斉彬は、西郷の持つがんこさに大きな可能性を感じる。


         あの純粋さ、ひたむきさは育て方次第では、
         途方もない大物になるかもしれない。
         3年後、斉彬は身の回りの雑用をつとめる「御庭番」として西郷を抜擢。
         そばにおき、直接指導をはじめます。

  ”見いだした偏屈な若者は、ほかにもいます”
      「小松帯刀」・・・・のちに家老に抜擢。
 
                幕末動乱の中、薩摩藩をたばね、明治維新の実現に貢献。   島津斉彬70


                幼いころから、極め付きの変人として有名。
                ひとたび勉強を始めると、食事を忘れ、
                昼夜を問わず没頭し体をこわすありさま。
                友達からは融通の利かないバカ扱い。

                うわさを聞いて、興味を持った斉彬は、
                小松を呼んで自由に意見を言わせてみたところ、
                「藩士の密航による海外留学


                7年後、慶応元年、16名の留学生をイギリスに送り出す。
                帰国した留学生は、明治政府の礎に。

 ”知恵その二”
    「同類に会わせよ」
                         
       下級武士は所得が低いので、藩から奨学金を出して、
       江戸・長崎ほか、いろいろな場所に留学させ、勉強させる制度を作る。
       ”同じ志を持つ者を、ひきあわせること”

       西郷➡福井藩と接触させる。
            同年輩の橋本左内との出会い。無二の親友になる。
            橋本左内、26歳の時亡くなる。
            「橋本左内には学問においても、人物においても、遠く及ばなかった」

    「斉彬によって育成された人材は、
     その後の明治維新で、その能力が発揮された。」

 ”ハイカラ藩主 島津斉彬の遺産”
    ・鶴灯籠・・・・日本初のガス燈
    ・反射炉

    ・150ポンド砲
    ・ガラス工場
    ・西洋式軍艦「昇平丸」

    ・薩摩切子(ガラス工芸品)          島津斉彬38





~活用できる社会資源~       島津斉彬34
      
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)



訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     






            









  1. 2017/05/22(月) 10:27:21|
  2. 歴史の教訓

好きなことを仕事にするコツ

     アズ尚子6




 「アスペルガー・アズ直子の仕事術
         ”好きなことを仕事にするコツ”」
               (動画より~)


 ”アズ直子”さん
    ・アスペルガー経営者
    ・著書4冊 (「アスペルガーですが、妻で母で社長です」ほか)     アズ直子3

    ・フラワーエッセンスの問屋業

    ・「アスペルガー症候群」・・・・知的障害は伴わない、発達障害の一種。
                      ・コミニュケーション障害など「空気が読めない」
                      ・対人関係が苦手
                      
 ”雑貨問屋(ネットショップ)始める。(18年前)”
    ・アスペルガーの診断を受けたのは大人になってから。
    ・会社はどこにつとめても、務まらなくてクビになり、
     いたしかたなく、ネットショップ(雑貨問屋)を始める。
         (対人関係性の少ない仕事として)
       
   「取り扱っている商品は、リラクゼーショングッズ・タッチフラワー」 
     もともと私はこの商品が大好きで、
     イヤな気持ちになった時などに使ってきた、
     伝統的なハーブ療法です。

     最初自分が使っていいと思うもの、大好きに思う気持ちは、
     それを仕事にしていくのには大切だと思います。
     しかし、気を付けてほしいことがあります。
 

     自分が好きな商品を扱いたいと思ったとき、
     扱い方によっては、自分の好きではないことが
     仕事のほとんどになってしまうことがあります。

     たとえば、私がこの植物、ハーブ療法のようなものを
     仕事として扱い始めた時には、ネットショップという方法を選びました。
        (仕事内容は、パソコンと段ボールと、ガムテープ)

              アズ尚子7


     テーマはハーブ療法ですが、
     実際やっている仕事は、ダンボールの中にそれらの商品を詰めて、
     ガムテープを張り、全国に発送するという仕事になります。
 

     なので、きれいなお花と触れ合うことはほとんどなくて、
     八百屋さんとか、スーパーマーケットのバックヤードのように、
     ダンボールだらけになります。   

                                      
     私はそれがたまたま好きになりましたが、
     中には違うことがしたかった、と思う人がいるかもしれません。
     好きなことを仕事にする時は、
     その提供方法も含めて、好きになれるかどうかになります。

     チャレンジしてみないと、
     それが好きになれるかどうかはわからないので、
     まずは一生懸命やってみて、自分の向いているもの、
     提供方法も含めて好きになれるかどうかということを、
     考えてみてください。


                         アズ尚子23



   ~私の「元気回復道具箱」より~      
「カテゴリー」・・・・健康法(28記事より~)

       癒しホルモン


 「ガッテン2016年6月 痛み&認知用に効く!
       癒しホルモンの驚きパワー」

(動画より~)

 「あなたの体」に眠る不思議なチカラ
        ・・・・「病気ストレスを軽くする物質」

「触れる」と体内からスゴイ物質が出る!  
  ・”触れる”の驚きの健康パワー・・・・①高血圧&ストレスに効く
                         ②認知症に効く
                         ③痛みに効く

  ・”触れる”と出る!スゴイ物質とは?
     今世界各国で研究を行っているホルモン・・・・「オキシトシン」

「スウェーデン」・・・・スウェーデンはオキシトシンの力にいち早く注目。
             オキシトシンを医療に応用できないか?

   ・世界最先端の医療・・・・カロリンスカ大学病院・・・タッチケア(触れるケア) 
   ・「オキシトシン研究」・・・・オキシトシンは体の中で、様々なすばらしい効果を見せてくれます。
                   タッチケアは老人から子どもまで幅広く使われ、
                   病院では「がんの痛みのある患者への治療」も行われています。
                   
                   スウェーデンの学校・保育園でのタッチケア・・・問題行動や乱暴な行動が減る。

「オキシトシンに期待される効果」      アズ尚子25

  タッチケア・・・・不安やストレスを抑えてくれる
            
     扁桃体・・・・痛みやストレスがかかった時不安や恐怖を感じる。
             慢性の痛み、認知症など症状の悪化に深く関わる。
             (前頭前野は偏桃体の興奮を静める) 

     オキシトシン・・・・扁桃体に直接働きかけて興奮をしずめる。  

「触れると出るオキシトシンパワー」  
   物理療法、マッサージが科学的に証明できる段階になってきた。
   触覚が脳に伝わって、脳の視床下部からオキシトシンが出る。
   面積が広く当たったときに安心感がある。                         
                            
   触れることの安心の効果は人間だけじゃないんです。
   チンパンジー、ニホンザルなど、仲間と寄り添うことが生き残るための手段。

「触れなくてもオキシトシンが出せる?」
  
   自分が信じられる好きな人の声を聞くだけで、オキシトシンが出る。
      (家族からの電話など)



 ~活用できる社会資源~        アズ尚子21
      
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


コーチング17

(ブログ「ひきこもり・ニート」回復道具箱)
(ブログ「ニート脱出」セルフプランを考える)
(Twitter「元気回復道具箱」)



訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     
















  1. 2017/05/20(土) 10:15:58|
  2. 「大人の発達障害」

たった一人での決起・功山寺決起

      高杉12




 江戸時代の末・幕末動乱の時代
幕府軍15万の敵

高杉晋作・一人で決起(功山寺決起)
    (元治元年・1864年12月15日夜・山口県下関市)


  奇兵隊に決起を促すが、奇兵隊は決起せず。
  高杉は他の隊に決起を呼び掛ける。
  呼びかけに応じ集まったのは、わずか80名。
    (伊藤博文が率いる力士隊十数名、遊撃隊60名)

   ”これよりは、長州男児の腕前をお目にかける” 
     「奇抜な発想・大胆な行動力・天才的な戦略の数々」
         (高杉の功山寺決起は、明治維新の扉を押し開けた)

 
 「その時歴史は動いた
    ”奇兵隊決起せよ 高杉晋作挙兵の時」
            (動画より~)


  ”高杉晋作”     高杉10
   
     長州藩士の家に生まれる。(萩)
     19歳の時吉田松陰の塾に入る。
        (塾生・・・伊藤博文:初代総理大臣、山県有朋:第3代総理大臣・ほか)

     「吉田松陰」・・・・松陰の塾には、身分にかかわらず誰でも入ることができた。
                人間は、どんな人でも何かの才能を持っている。
                   (天才高杉を生んだ個性重視の教育)

               塾の講義の柱は・・・・日本を取り巻く国際情勢。
               日本は、アメリカの圧力で開国させられたばかりであった。
               松陰は幕府の外交政策を批判した。 安政6年(1859)吉田松陰・処刑される。  吉田松陰7


 ”奇兵隊”
    文久2年(1862)。高杉24歳の時、藩より上海視察に出発。
       (上海は英仏のなかば植民地)
    このままでは日本も中国と同じ運命をたどる。
    帰国した高杉は、幕府打倒を主張。


    文久3年(1863)・・・・長州藩、外国船を砲撃。
                  一か月後、外国艦隊が、報復に来襲。

    藩主は高杉晋作を呼び出し、対策を指示。
    高杉晋作・・・・奇兵隊創立。   奇兵隊6

               「有志の士を募り、一隊を創立し、
                          名付けて奇兵隊といわん」
 
                   (奇兵隊の最大の特徴:やる気のあるものが集まった(有志)

             奇兵隊総督に就任。
             奇兵隊参加者の半数以上が農民や町人。
                (朝市隊:商人、遊撃隊:猟師、力士隊 ほか
                      隊の数は200、兵の数は2000人に達した)
             事件が起き、高杉晋作・奇兵隊総督を解任される。

   「高杉晋作、脱藩の罪で入牢」   

   「元治元年(1864)、長州藩は京都に進攻。幕府連合軍に惨敗」
   「四か国艦隊長州藩を攻撃」
   「第一次長州征伐・・・・幕府軍15万、長州藩四千」

 ”功山寺決起”
    元治元年(1864)12月15日夜
    高杉晋作 功山寺で決起。


    その後の呼びかけに応じ、商人や農民が次々に協力を申し出た。
    その後、奇兵隊も決起に呼応。 
    高杉の軍は3000人となる。
    奇兵隊と藩保守派が戦闘開始。藩保守派を圧倒した。
    藩は、幕府との対決に一本化。

 ”慶応2年(1866)第二次長州征討始まる。
  長州軍は幕府軍を次々と打ち破った。


  慶応2年(1866)9月・・・高杉晋作、病に倒れる。
  慶応3年(1867)4月14日
       (新暦5月17日)高杉晋作死去(享年29)
         「ここまでやったのだから
                  しっかりやってくれろ)

       「辞世の句」
          ”おもしろきこともなき世を 
                       おもしろく・・・・・”


     ”三千世界の烏(からす)を殺し          高杉18

               ぬしと朝寝がしてみたい” 
           (高杉の作ったといわれる都々逸の一節。 
            370首あまりの歌を残した)

  高杉晋作の死の半年後、大政奉還。
  高杉晋作の死の翌年、明治時代始まる。



~活用できる社会資源~        しずく3
      
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


コーチング17

(ブログ「ひきこもり・ニート」回復道具箱)
(ブログ「ニート脱出」セルフプランを考える)
(Twitter「元気回復道具箱」)



訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     












  1. 2017/05/18(木) 12:47:16|
  2. その時歴史は動いた
次のページ