FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

人工知能で変わる職業

   一輪挿し9




 お盆最後の日にラジオを聴いていると、
人工知能(AI)の話をしていました。

20~30年後、人工知能の進歩によって、子ども達の職業は、
現在とは違うものになるだろうといわれていました。

 そのために、欧米などの先進国では、
それに合わせた教育を行っているとのことでした。
日本は、少し遅れているとのことで、気になりました。
大学教育では、お金のかかる理科系が少なく、
日本の将来の科学系の進歩が心配とのことのようです。

 将来を担うのは子ども・若者なので、
そこの教育への支援制度の充実が重要ではとのことでした。
将来、いったいどんな職業の変化があるのか、
大変気になったので、テレビ放送の録画を見てみました。

  ”2030年までになくなる仕事は?”
     (人工知能やロボット等による代替可能確率)

     ・タクシー運転手 95.4%    ・バスガイド 0.4% 
     ・内科医 0.6%          ・稲作農業者 82.6%
     ・豆腐職人 83.8%       ・公認会計士 85.9%
     ・保育士 0.3%          ・一般事務員 99.7%
     ・テレビタレント            ・アナウンサー 0.7%
           「野村総合研究所・英オックスフォード大学 共同研究から」

  ・今の仕事の半分くらいは、なくなるというより変わっていく。
    (昔、馬車が自動車になった時に、御車(馬車を操る人)がいらなくなったが、
     自動車製造工場で働く人が必要となった。)

  ”人工知能に代替されにくい仕事の3つの特徴”
     ・非定型的・・・・(例)営業職、アナウンサー
     ・創造性・・・・(例)デザイナー、美容師
     ・コミニュケーション能力・・・・(例)教員、カウンセラー

  ”どのような教育が必要?”
     ・ゼネラリスト(幅広い知識を持つ人)
     ・AIを使いこなせる人
     ・社会の仕組みを考えられる人

  ”人工知能が進出しそうな職業”
   ・秘書→電子秘書
   ・保険の査定員→保険の給付金の査定
   ・旅行代理店→スマホなどの検索システムの発展により。
   ・郵便配達員→ドローン配達

   ・工場作業員→工程の一部をロボットが
             人間はロボットのプログラミングやメンテナンスの仕事。
   ・外科医→手術ロボット
   ・小売店の従業員→レジ打ち、品出し
   ・鉄道作業員→電車や線路のメンテナンス
   ・運転手→AIへの自動運転へのシフト  ほか。


               KC3U0027_convert_20170627223843.jpg

  訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     








スポンサーサイト



  1. 2018/08/18(土) 00:03:52|
  2. 「人工知能」

時代の流れ

   ヨグマタ74
 



  「これからの時代」
      白坂慎太郎氏 講義 (動画より~)

  ”時代の流れ”
 その仕事が儲かる仕事なのか、儲からない仕事なのかは、
簡単で、たった一つの視点でいい。・・・「時代の流れ」
時代の流れに合っているかどうかが、儲かるか儲からないかになる。
  (ほかのいろいろな事例に当てはまること、「時代の流れ」を見る)

 一般的な傾向・・・・「時代の流れ」ではなく、「気合・根性・才能」とか精神論で、
             儲かるか儲からないかを判断する傾向がある。
             「気合・根性・才能」も大事ですが、
             儲かるかどうかには、あまり大きな影響はなく、
             大きなのは「時代の流れ」

 ”60年前の「時代の流れ」”
    ・家電製造販売は成功したが、現在同じようなメーカーを立ち上げても、
     「時代の流れ」に合っていないので、成功は難しい。
    ・必要なものを小さい順に並べると、「才能」努力」「時代の流れ」
        (タイミングが一番大事。「時代の流れ」にあっているかどうか)

             ヨグマタ65

 ”現代・・・・コンピューターの時代(情報産業の時代)”
    コンピューターの「時代の流れ」
     ①オフィスコンピューター(オフコン)
        ↓
     ②パーソナルコンピューター(パソコン)
         ↓
     ③スマートフォン(スマホ)
        スマートフォンはパソコンの改良版(高性能のコンピューター)

    コンピューターの「時代の流れ」→小型化(持ち運びが便利)

 ”スマートフォンの時代”
    2016年成熟期。欲しいと思った人は手に入れ、今後は新機種の買い替えなど。
    6年前の2011年頃であれば、スマートフォンの代理店などの開業はよかったが、
    2017年では「時代の流れ」で言うとおそい。

 ”これからの時代は?”
    「スマートフォン」の次にくるもの。キーワードは「小型化」
    世界の最先端アメリカでは、「スマートフォン」の次のものとして流行し始めている。
    アメリカで流行したものは、(時間差で)日本で流行する可能性が高い。

 ヨグマタ67

 「人工知能が進出しそうな職業」
   ・秘書→電子秘書
   ・保険の査定員→保険の給付金の査定
   ・旅行代理店→スマホなどの検索システムの発展により。
   ・郵便配達員→ドローン配達

   ・工場作業員→工程の一部をロボットが
             人間はロボットのプログラミングやメンテナンスの仕事。
   ・外科医→手術ロボット
   ・小売店の従業員→レジ打ち、品出し
   ・鉄道作業員→電車や線路のメンテナンス
   ・運転手→AIへの自動運転へのシフト  ほか。

                       「関連記事」・・・・「人工知能」(4記事) 

 訪問いただき   秋23

ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 












  1. 2017/12/01(金) 00:03:09|
  2. 「人工知能」

人工知能と生きる未来

  喫茶店2



    ”「AI(人工知能)と生きる未来」
        TBS「報道特集」2017・6・24”

             (動画より~)

  ”組織ストレス予測サービス”
     メンタルケアを必要とする従業員を
     人工知能で発見するシステム。

       「人工知能リシテア分析」
     入力データ          
      ・残業時間  ・年休取得日数   ・遅刻日数  ・休出日数  (他、約120種類)
                         ↓  (分析)
                       人工知能
                         ↓  (予測)
                 2か月後に休職の可能性・大
                          ↓  (ケア)
                      産業医・ケア担当者

            (約1万人の従業員を人工知能で分析
                      →休職者の53%を2か月前に予測)

            (早く予兆を捕まえて従業員を守るもの)

  ”自分で学習して成長していく人工知能”  秋14

     ・・・・「ディープラーニング」
          人工知能の精度を飛躍的に向上させたのが
          「ディープラーニング」と呼ばれる最新技術。

    「従来の人工知能」・・・・ルール・特徴を人間が定義・設定
            ↓
    「ディープラーニング」・・・・大量のデータ→人工知能(学習)→(抽出)ルール・特徴パターン
             (与えられたデータを元に、人工知能が自らルールを見つけ出していく。
               人間の脳を模倣した技術。)

    「ディープラーニング」・・・・今や人工知能の基幹技術になっている。

  ”医療への活用”
     ・東京大学医科学研究所(去年8月発表)
       ・・・・「人工知能が特殊な血液のがんを発見。」
            患者→スーパーコンピューター(解析)→遺伝子情報
                  →変異・根拠データ、提示(約10分)→二次性白血病
               (治療法を変更→回復)

  ”自動運転”
     ・最終目標・・・・完全自動運転(すべての運転操作を人工知能が行う。)
               現在約8割程度まで達成しているが、
               雨や雪といった天候への対応など残りの2割が大きなカベ。

  ”人工知能ロボット”
     ・2016年、模試・合格判定(7割)・・・全国756大学

     ・人工知能の弱点・・・・統計的に正しそうな答えを出す。→意味は理解していない。
                    読解力が求められる国語・英語で得点伸びず。
              
        (「全国で2万人対象・2015年」・・・中・高校生に読解力テスト実施
                                →意味が理解できない生徒・・・「多」)

 家族会6

    (2016・8・16 記)
     「人工知能・ワトソン」


昨日、お盆の15日朝ラジオを聴いていると、
IBMの「人工知能・ワトソン」の話をしていました。

東京大学医科学研究所が導入した、「人工知能・ワトソン」が、
医者が見抜けなかった病名と処方を診断し、
患者の命を救ったという話でした。

「人工知能・ワトソン」に、2000万件以上のデータを入れているので、
「ワトソン」1台で医者の1万人分の知識が入っていて、
1万人のセカンドオピニオンがいるようなものです、という話でした。


早速、ネットで少し調べてみました。
「人工知能、病名突き止め患者の命救う 国内初か」(動画より)

東京大学医科学研究所が導入した、2000万件もの医学論文を学習した人工知能が、
専門の医師でも診断が難しい特殊な白血病をわずか10分で、
別の病気「二次性白血病」と指摘、抗がん剤の種類変えるよう提案。

(この「人工知能・ワトソン」は、2500万件を超える論文、
1500万件を超える薬の特許、生命のメカニズムの情報を持っている。)

「人知を超えた医療の世界が、”ワトソン”のような技術で開けていく」


AI 人工知能 no1



   「ご案内」

  “2017年 第12回 KHJ全国大会in東京
    ~KHJ全国ひきこもり家族会連合会・実践交流研修会~


   大会テーマ「つながろう~生き方の多様性を    
             認められる明日(地域社会)をめざして~」


      日程 1日目:10月28日(土) 12:00~17:00
                  大田区産業プラザ小展示ホール
           2日目:10月29日(日) 9:00~18:00
                  明治大学アカデミーコモン

      参加費(資料代)
          両日通し:一般3000円 当事者2000円
          1日目・2日目各回:一般2000円 当事者1000円

      参加対象者 : 本人・家族・支援者・関心のある方

         ~お問合せ・連絡先~
             NPO法人KHJ全国ひきこもり家族会連合会
                電話 03-5944-5250
                HP : http://khj-h.com/


~活用できる社会資源~     高慢と偏見37
      
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)




  訪問いただき        高知県16
       
ありがとうございます。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ















        
             





  1. 2017/10/26(木) 12:08:33|
  2. 「人工知能」

人工知能・コンピューター将棋

   片岡鶴太郎34
 





 「世界最強!?人間を超えた人工知能」
    サイエンス ZERO (2013年放送・2017年公開)

              (動画より~)

  ”将棋”
    GPS将棋・・・・コンピューターがプロ棋士を超えた!?
             定跡→プロ棋士が長年かけて編み出した戦術。
             コンピューターが新定跡を。

  ”電王戦”
       世界大会を勝ち抜いたコンピューター 対 現役トップクラスのプロ棋士

     頂上決戦(トップ同士)・・・・プロ棋士は三浦弘行八段
                      GPS将棋は、2012年GPS将棋で優勝
                        (製作・・・東京大学 ゲーム プログラミング セミナー”GPS”
                          パソコン約680台をつなげ、1秒間で最大2億8千手を計算)

     試合開始・・・・両者守りを固める
              三浦八段・・・この将棋、私が指す将棋になりやすいのではないか。
                       そういう思いはありました。
                       どこで自分が悪い手をやって負けたのかわからなかった。
                       キツネにつままれたような気持ち。

  ”将棋の難しさは宇宙規模?”     ヨグマタ65

     (将棋の)ある局面・・・・ここで次の一手は何手くらいの選択肢が?(約80パターン)
                   1日の対戦でプロ棋士は大体115手くらい指す。
                   1局指したら10の220乗 (宇宙全体の原子の数:10の80乗)

  ”コンピューター将棋の頭脳の秘密”
     「コンピューター将棋のプログラム」
     途方もない数のすべての選択肢を比較して最善の”手”を選び出す。
     局面の評価を”数値化”して、その上で一番良い手を選ぶ。(評価関数)

  ”コンピューター将棋まさかの戦略”
     コンピューター将棋世界大会に10年前から参加、しかし初戦敗退ばかり。
     2006年、コンピューター将棋「ボナンザ」初出場で初優勝。
      (江戸時代からの将棋の対戦記録50万局分をコンピューターに覚えこませる。
       勝利の図形を見つける。)
     新しい手法を「ボナンザ」は公開した。

  ”人工知能の活用”
     勝利の図形とか、いろんなアイデアが、
     人間が無意識の上にやっている、直感を知るヒントになる可能性がある。

     「コンピューター将棋の研究の応用」
       たとえば医療・・・・お医者さんのカルテは、棋譜(プロ棋士の対戦記録)に相当する。
                  コンピューターが医療情報を学習すれば、
                  薬選びや治療法が見つかる可能性がある。

           (コツとかノウハウなど専門家がやっていることを、人工知能が代わりにやると、
            役立ついろんなことに結び付くのではないかと期待できる。)


     ヨグマタ74

     「人工知能・ワトソン」

お盆の15日(2016年)朝ラジオを聴いていると、
IBMの「人工知能・ワトソン」の話をしていました。

東京大学医科学研究所が導入した、「人工知能・ワトソン」が、
医者が見抜けなかった病名と処方を診断し、
患者の命を救ったという話でした。

「人工知能・ワトソン」に、2000万件以上のデータを入れているので、
「ワトソン」1台で医者の1万人分の知識が入っていて、
1万人のセカンドオピニオンがいるようなものです、という話でした。


早速、ネットで少し調べてみました。
「人工知能、病名突き止め患者の命救う 国内初か」(動画より)

東京大学医科学研究所が導入した、2000万件もの医学論文を学習した人工知能が、
専門の医師でも診断が難しい特殊な白血病をわずか10分で、
別の病気「二次性白血病」と指摘、抗がん剤の種類変えるよう提案。

(この「人工知能・ワトソン」は、2500万件を超える論文、
1500万件を超える薬の特許、生命のメカニズムの情報を持っている。)

「人知を超えた医療の世界が、”ワトソン”のような技術で開けていく」



訪問いただき              ヨガ100

ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 






    
      

      





  1. 2017/08/17(木) 00:03:15|
  2. 「人工知能」

「人工知能・ワトソン」

     「人工知能・ワトソン」


昨日、お盆の15日朝ラジオを聴いていると、
IBMの「人工知能・ワトソン」の話をしていました。

東京大学医科学研究所が導入した、「人工知能・ワトソン」が、
医者が見抜けなかった病名と処方を診断し、
患者の命を救ったという話でした。

「人工知能・ワトソン」に、2000万件以上のデータを入れているので、
「ワトソン」1台で医者の1万人分の知識が入っていて、
1万人のセカンドオピニオンがいるようなものです、という話でした。


早速、ネットで少し調べてみました。
「人工知能、病名突き止め患者の命救う 国内初か」(動画より)

東京大学医科学研究所が導入した、2000万件もの医学論文を学習した人工知能が、
専門の医師でも診断が難しい特殊な白血病をわずか10分で、
別の病気「二次性白血病」と指摘、抗がん剤の種類変えるよう提案。

(この「人工知能・ワトソン」は、2500万件を超える論文、
1500万件を超える薬の特許、生命のメカニズムの情報を持っている。)

「人知を超えた医療の世界が、”ワトソン”のような技術で開けていく」



AI 人工知能 no1





にほんブログ村
応援いただき
ありがとうございます






  1. 2016/08/16(火) 11:06:26|
  2. 「人工知能」