FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

師匠

      師匠 


 私は、これまで多くの「師匠」に恵まれてきました。

その時代その時代に出合った人や、
本や、情報などで、
自分の「師匠」となる人にお世話になりました。

最初頃に出合った私の「師匠」は、一冊の薄くて小さな本でした。
(そして、それはその後の、
いろいろな自主トレーニングのスタートになったようです)

それは、大きな影響力を与えてくれた小さな本、「空手の教本」でした。


高校1年の9月初めに、自主退学した後に最初に手にした本でした。
「強い心で生きていきたい」という心の叫びだったのでしょう。

まず部屋で、第一歩の「手のにぎり方」や「立ち方」から練習を始めました。
ゆっくりゆっくりですが、少しずつ覚えていき、
次は、自転車で、遠方の河原の竹やぶ、山の中などに出かけ、
人目を避けて練習します。

くる日も、くる日も、ただひたすら基本練習を繰り返し、
知らず知らずのうちに身についていきます。

その後、時がたち、町道場でお世話になり、また「師匠」に出合います。

町道場を離れた後は、又、新たな教本が「師匠」になります。
長い長い時間、ゆっくりゆっくり学び、
「師匠」の教えは、身に染みていきます。

そして、もし、昔のあの時代に、ネット(ユーチューブ)があれば、
動画が「師匠」となっていたことでしょう。



にほんブログ村
応援いただき
ありがとうございます







スポンサーサイト



  1. 2016/09/05(月) 10:33:38|
  2. 師匠