FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

奇跡の食育物語・その2

      奇跡の食育物語・その2


  「命の大切さを実感した子供に起こった
劇的な変化とは」 大塚貢先生

(動画内容案内)

「奇跡の食育」
・ 荒れた学校・・・・先生の努力で改善はするが、まだ不十分。

・ (問題はどこに?)・・・・・昼食が、コンビニ弁当やカップ麺?菓子パンと清涼飲料。
                 これではないのかなと思った。

「生徒の食の調査」
生徒の食べたものを記録していった。
カルシウムとかマグネシウムとか、亜鉛とか鉄分
野菜の微量ビタミンはほとんど摂ってない。

「食は絆」・・・・・「食べることは、命をもらっているということを忘れている」
若いお母さんたちは、全く関心を示さなかった。


「学校の給食を改善する」
子供達が変わった・・・・・・・ 非行、犯罪・・・ゼロ
               ・ アトピー、アレルギー・・・・ほとんどなくなる
               ・ いじめ、キレる・・・・・ほとんどなくなる
                 (人間としての機能が復活)

               ・ いらいらがなくなってきた
               ・ 本を読みだす・・・・図書館のイスが満席に!
               ・ 全国小中学校作文コンクールに毎年入選するまでに。
               ・ 子供の心が完全に変わってきた
         (当然持っている人間の機能が、発揮されるようになったのでは)

「健全な食を手に入れる」
・ 青魚に含まれるEPAやDHAは、血液の浄化や脳の神経組織の発育に効果。

・ 1月に1度ずつ学級や学年で食育の勉強をする。献立も自分たちで作る。
・ 年に数回、町の人たちが一体となり、食育の勉強会を開く。

・ 子供たちが何を食べればよいか、自分の食と体と健康がわかってきている。

・ 学力が向上・・・・子供たちにやる気が出て、人間本来の機能が発揮されている。
  食の改革で学力を上げた市が他にもある。
  そういう市が今はいくつか出始めた。

  「食を摂るということは命を貰うということ」





「命の大切さを実感した子供に、起った劇的な変化とは」第3回






にほんブログ村
応援いただ
きありがとうございます





スポンサーサイト



  1. 2016/09/18(日) 00:30:10|
  2. 奇跡の食育物語

奇跡の食育物語・その1

      奇跡の食育物語・その1


  「給食で死ぬ!」
長野県真田町に奇跡を起こした大塚貢先生インタビュー
第1回「日本の現状」  (動画内容案内)


「聞きて」 : 相武台脳神経外科医院 加藤貴弘院長
「体の声を聴き続ける」をテーマに、医師を必要としない社会を目指して、
医療だけにとどまらない幅広い分野で活躍」

インタビュー : 教育・食育アドバイザー : 大塚貢さん
(教育者として玄米を使った米飯を中心とした給食改善を行い、
学校環境や学力の大幅な改善に貢献。)

・ 高校生の4割が生活習慣病予備軍。 (厚労省調査)
・ 長野県の中学生の37%が成人病予備軍。


・ 未成年の40%異常が成人病予備軍。
・ 糖尿病は1990年頃は149万人、現在300万人。

「医療費の問題 = 日本の財政問題」
・ 平成23年度の医療費=37兆8000億円  ・介護費=37兆3120億円
(毎年1兆円以上ずつ増加)

・ 平成23年度の年金納入率=53.9%
・ 医療費、介護保険、年金で財政が破綻してしまう。

「健康寿命が重要」
平均寿命と健康寿命の差はどこで補っているかというと、
介護施設や医療施設で、寿命を長らえていく。

・ 食事の内容が、ファーストフード的な輸入食材を中心にしたものに変わってきている。
・ 米の年間消費量(1人あたり)・・・1961年:117キロ  2010年:59キロ
・ 日本人の1人あたりの肉類の年間消費量・・・1960年:6.8㎏から2010年29.1㎏
・ 和食がほとんど洋食化されてきている。

・ 2013年 日本の和食(日本人の伝統的な食文化):ユネスコ無形文化遺産に登録。

・ 65歳以上で認知症になっている人462万人。予備軍400万人。
厚労省の発表では1つは糖尿病、高脂血症、高血圧いわゆる成人病から認知症になっていく。
・ 日本人の2人に1人ががんになっています。そのうち3人に1人ががんで死んでいます。

・ 大切なものと大切じゃないものが、わからなくなってきているところがある。
目先のことじゃなく、何が大切かをある程度捉えてほしい。
人間は生き物だということを、忘れているところがある気がする。





「給食で死ぬ」長野県真田町に奇跡を起こした
大塚貢先生インタビュー第1回「日本の現状」





「第2回」








にほんブログ村
応援いただき
ありがとうございます










  1. 2016/09/17(土) 12:18:35|
  2. 奇跡の食育物語