FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

手 (Tee)

       手 (Tee)


 「NHK 手(Tee) 沖縄空手 本当の強さ」
(動画内容案内)

「空手」・・・・それは、人間が生まれ持った能力を最大限に研ぎすませた武術。
        沖縄で誕生し、その歴史は数百年。
        かつて「手」と呼ばれ沖縄で受け継がれてきた。

        今、世界中から愛好者が沖縄を訪れています。
        (空手の愛好者は世界で6千万人以上いるといわれている。)
        空手に宿る精神・・・・この地のたどった歴史と深くかかわっている。
        沖縄空手は相手に勝つことが目的ではない、敵は自分自身だという。

            
            沖縄は19世紀まで、およそ450年の間、琉球という独立した王国だった。
            独自の文化をはぐくみ、「手」と呼ばれた武術もその一つ。
            その後、本土や海外に広がり、
            「手」が「空手」と呼ばれるようになったのは、20世紀に入ってから。


「型」(KATA)・・・・沖縄空手では、「型」を繰り返しおこなわれる。
            「受け」・・攻撃に対する防御。「受け」を重視するのは沖縄空手の特徴。
                「受け」は沖縄文化そのもので、自分からは攻めない、
                受ける力が次への出発点。

  「受け」(UKE)・・・・を重視するのは、「沖縄の歴史」が深く関わっているといわれている。
             沖縄は、琉球王国の時代から、常に中国、日本、アメリカといった
             外からの力にさらされてきた。 
             「耐える力」の武器になったのが「受け」の強さ。


「三戦」(SANCHIN)・・・・基本の「型」
  鋼のように体を鍛えることで、衝撃に耐えうる体を作る。
  相手が攻撃をする意欲をなくすほどの体を作り、戦いを避ける。
  
  鍛えるのは肉体ばかりではない。
  痛みの我慢は、冷静さを保つ心の我慢でもある。

  「恐れない心」・・・・それは積極的に「受ける」姿勢。そして、しっかり受け止める強さのこと。
              勝つことを目標にしてやる練習と、受けて負けないという練習とは、極端に違います。

「どんな敵や困難に遭遇しても、決して負けない心。
 そして、戦いを避けられないいかなる時にも、相手を傷つけずに平和を望む。
 それが、沖縄の空手に込められた本当の強さ」 





「NHK 手 Tee 沖縄空手 本当の強さ」







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
応援いただき
ありがとうございます
           








スポンサーサイト



  1. 2016/12/03(土) 16:57:20|
  2. 手 (Tee)