FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

孫子(後編)

        孫子(後編)


 「100分で名著 孫子」
(動画より~)

「第3回 勝つための知略」  

  戦略➡詭道(だます)・・・・詭道こそが勝敗を決める。
                  消耗戦にしない、これが理想の戦い。
                  そのためには様々な戦略が必要。知恵が勝敗を決める。

  ”情報”・・・・「彼を知り己を知れば 百戦して殆からず」
           (情報収集+自己分析)
          ・スパイ・間者・・・・スパイ(捨て駒のような存在) スパイの重要性。
          ・「情報」を大事に。「情報」にお金をかけなさい。

「利をちらつかせよ」・・・・「利」で動く人間
                   人間は利害で動く。
                   相手にとって何が利なのか。

「三十六計」・・・・明の時代に書かれた、
           中国兵法のエッセンスをまとめたもの。
           三十六計目・・・・「走る(逃走)を上と為す」(三十六計逃げるが勝ち)
                      (兵力を温存して、いったん撤退する。必ず反撃リベンジの機会がある)


「第4回 勢いを作り出せ!」
   
   武田信玄・ナポレオン・本田宗一郎・松下幸之助も、
   「孫子」の読者だったと、言われています。
   彼らが目指したのは、部下のやる気を引き出す組織を目指すことでした。

 ”組織”・・・・チームでどう勝つか。チームに火をつける。

 「勢いのある軍隊とは」  
   ”集団のエネルギーをどう保つ?”
      ・共通の「利」があるから協力する。
      ・当時の兵はプロではない。基本的に、やる気はない、逃げて帰りたい。
      ・「理想の軍隊とは」・・・・風林火山➡臨機応変の機動性

「孫子」の思想とは・・・・   
  「夫れ兵の形は水に象る」
    ・理想は”水”・・・・自分を取り巻く環境、職業によって言動や思考が固まってしまう。
                それを打破するのが”水”の思想。

 ”哲学”の書・・・・戦争の経験を思想のレベルに昇華
             (経営論・スポーツ・処世訓など、さまざまに応用)
                孫子は”哲学者”



「リラックス音楽」




  ~私の「元気回復道具箱」~       
              趣味:リラックス法「気功・太極拳」より~

「太極拳・気功の先生」

先日、太極拳の先生から、お電話がありました。

以前、先生の教室で、太極拳と気功を習っていたのですが、
脊柱管狭窄症の神経痛の治療のため、長い休みを取らせていただいています。

最近は、陳式心意混元24式太極拳も,教えておられるとのことでした。

以前習っていたのは、簡化24式という公認太極拳のようです。
最近は練習をしていないので、ほとんど忘れてしまっています。
気功の法は、大変興味があったので、今も大変役立っています。

入門時はよくわからなかったのですが、先生のプロフィールには、一番最初に、
陳式心意混元24式太極拳普及指導員とあります。

最近、時々、動画を見ながら見様見真似で練習をしています。
気功の要素が大きいので、柔らかな動きとなっていて、気持ちよさそうです。
                                 (「太極拳・気功の先生」より~)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
「寒い中、訪問いただき
ありがとうございます。励みとなります」











スポンサーサイト



  1. 2017/01/27(金) 13:03:29|
  2. 孫子

孫子(前編)

        孫子(前編)    


 「100分で名著 孫子」
(動画より~)


「第1回 戦わずして勝つ!」   
    「孫子」の魅力・・・・即効性

    「孫子」とは13篇からなる書物。
            ・・・・著者は孫武(紀元前500年代に呉の王に仕えて活躍した。)
               当時は、「戦争の形が大きく変わった」時代。
               それまでの戦争はプロフェッショナルによる戦争。(美学・ルールに基づいた戦争)
                    ↓
               国家総動員体制の戦争になっていく。
               「孫子」の戦争感・・・・戦争は割に合わないもの
     
      ・事前の計画を重視     
      ・「五事とは何か」・・・・道・天・地・将・法
        客観的・合理的にポイント計算をする。
        「孫子」・・・「負けない」兵法

”戦わずして勝つ方法”    
    1 謀略戦   
    2 外交戦
    3 軍事力を使った戦争
    4 城攻め

 「孫子」の神髄・・・・「百戦百勝は善なるものに非ざるなり、
              戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」 (謀攻篇)
            
              「主観・怒り、恨みで戦争を始めてはいけない」


第2回「心をつかむリーダーとは?」       
      (リーダー論・・・上司との付き合い方・部下操縦法)

  「将軍(リーダー)に求められる資質とは?」
      ① 軍令(=ルール)の厳しさ
      ② 将軍(リーダー)の威厳・・・・将軍:王から全権を任されて軍を動かす。
      (「現代・・・・中間管理職:現場の最高責任者」)

      ・将(リーダー)とは・・・・智(知性)、信(信頼)、仁(思いやり)、勇(勇気)、厳(厳しさ)なり
                                                          (形篇)
                    ・最も大事・・・・智 (一番大事なのは冷静な判断力)                      そして大事なのは全体的なバランス。

  「孫子」の部下操縦法・・・・道徳論ではない
                   どういう手順をとるべきか                 
                   冷徹な目が必要

 「将軍(リーダー)のあるべき姿」・・・・現場のことは現場の人間が一番よく知っている。
                                 最終的な判断は将軍(リーダー)に任せよ。
                       ・進んで名を求めず。(地形篇)
                       ・悲哀に満ちた存在。                        

   
  
「リラックス音楽」




   ~私の「元気回復道具箱」~
           私のブログの原点・「元気回復行動プランWRAP(ラップ)」


   私の元気回復行動プランWRAP

 念願であった、元気回復行動プランWRAP(ラップ)の、
2日間集中講座を受講することができました。

元気回復行動プランWRAP(ラップ)は、
アメリカのメアリー エレン コープランドさんの発案です。

それぞれの人が、自分が元気になるための、
自分用の生活の知恵や工夫を考えたものを集めておき(道具箱)、
いろいろな場合に使っていくことになります。

私は、WPAPの思想の影響を受け、一年余り前ブログを書き始めるとき、
ブログ名をいろいろ考えましたが、なぜか回復道具箱になりました。


そして今回、集中講座でWRAPの全体の内容を学びながら、
自分自身のWRAPを作る作業をしてみて、改めて気が付いたこと。

それは、私のブログ自体が、自分自身の自分の為の、
元気回復行動プランWRAP(ラップ)なのだということ。


私はこれからも、自分の想いのまま、気の向くまま、ボチボチと、
自分自身のための自分用の、元気回復行動プランWRAP(ラップ)の道具箱(ブログ)を、
作っていくことになるのでしょうか・・・・・・

                
 「関連記事」・・・・「元気回復行動プラン(ラップ)」(7記事)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。
励みになります。














  1. 2017/01/26(木) 11:58:55|
  2. 孫子