FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

人類の歴史

 KC3U00170001.jpg


       「NHKスペシャル人類誕生
           第1集 ”こうしてヒトが生まれた”」

               2018年4月8日 (動画より~)

  ”人類誕生”
    「驚きと謎に満ちたヒトの進化・700万年の旅」

      アフリカ大陸・・・・私たちの先祖、ホモサピエンスはここで生まれました。
                 かつて人類は20種に枝分かれし、生存競争。
                 可弱い存在。度重なる危機の中、逆転に次ぐ逆転で、からくも生き残った。

  ”第1集 「こうしてヒトが生まれた」”
     「最古の人類・・・アルディピテクス・ラミダス」
                 (450万年前に生息・アフリカ大陸)
               森で暮らし、多数派は四足歩行。(ラミダスは二足歩行。)

               身長・120㎝(頭は小さく手足が長い。
               木の上で暮らし、森で二足歩行。遠くからエサを運ぶことができる。)
                   (進化は偶然で起きる。)

  ”家族を持つ人”に
     一夫一妻・・・・危機的な状況。協力して子育てにエネルギーを使う。
              そのおかげで、ラミダスは生存競争を勝ち残る。
                 (生物学的には一夫一妻)

  ”仲間を持つ人”に
     アファレンシス (370万~300万年前)に生息。
               身長150㎝。草原で暮らす。(食料・・・虫や草)
               草原で弱者・・・・肉食獣から身を守るために集団化。

  ”道具を持つヒト”に
     ホモ・ハビリス (240万年前)
               ライバルとの生存競争。ひ弱な祖先の逆転劇。
               ご先祖様・・・・ハイエナのように、生き延びた。
               石器の発明・・・・「必要は発明の母」

  ”心を持つヒト”に
     ホモ・エレクトス (180万~5万年前)に生息。
                身長180㎝。足がすらりと伸び体毛が薄い。
                狩りで肉食・・・・優れた長距離ランナー。
                           (足跡をたどり、追跡し続ける)

                「心の進化」・・・・人類に連帯感や思いやりの心が芽生えていた。(介護)
                「人類の脳の大きさの変化」
                  (栄養豊富な肉を食べたことで脳が大きくなり、知能が高くなった。
                   そして、「思いやりの心」が生まれた。)

                「ホモ・エレクトスは、アフリカを出て、アジア各地に広がる。
                  ・北京原人  ・ジャワ原人

  ”ホモ・ハイデルベルケンシス→ヨーロッパへ進出・ネアンデルタール人”

   空手道10

  ”ホモ・ハイデルベルケンシス→新しい人類誕生ホモサピエンス”

  ”同時期の人類”
     ・ホモ・エレクトス (180万~5万年前)
     ・ネアンデルタール人 (30万~4万年前)
     ・ホモ・サピエンス (20万年前~現在)

  ”好奇心溢れるヒト”に
     ホモ・サピエンス (20万年~現在)
                 誕生の時期に絶滅の危機。
                 19万年前から始まった「氷期」・・・乾燥化・アフリカ→砂漠に
                                        (絶滅の危機)

                 サピエンス、1万人以下にまで激減。→南アフリカの海岸に移動。
                 逆転・・・・人類が口にした事がない食料:”貝”を食料にして生き延びる。
                          (未知の食べ物に挑戦する好奇心)

  ”ホモ・サピエンス”
     現在、70億人がいるのに遺伝子の違いが少ない。
       (ボトルネック現象・・・・人口の激減で遺伝子の多様性が失われること)

  ”人類(ホモ・サピエンス)の進化・まとめ”
        ①森の中で二足歩行を始めた変わり者。
        ②偶然の地殻変動で”家族を持つヒト”に
        ③猛獣の攻撃から身を守るため”仲間を持つヒト”に

        ④飢えと空腹の中であがいた結果、たまたま”道具を持つヒト”に
        ⑤肉を食べ脳が大きくなると”心を持つヒト”に飛躍
        ⑥好奇心で絶滅の危機を生き延びた

  ”命をつないだのは、偶然のめぐりあわせの「奇跡」”

                        「関連記事」・・・・「人類進化と生命本能」 
 

                春の花15

  訪問いただき             
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     

                  
   
       
             
               

          






スポンサーサイト



  1. 2018/04/16(月) 00:03:11|
  2. 歴史の教訓

人類進化と生命本能

 
  秋13
 



      ”NHKスペシャル「地球大進化」”
         ~46億年・人類への旅~

(動画より~)

  ”第1集” 「生命の星、大衝突からの始まり」
      ・40億年ほど前、生命は海から生まれた。
  ”第2週” 「全球凍結」
      ・6億年前→地球全球凍結
      ・海中→大型生物の誕生

  ”第3週” 「大海からの離脱」
      ・4億5千万年前、我々のご先祖様は、
        ”アランダスピス”と呼ばれる魚でした。(体長約20センチ)
      ・3億6千万年前→海から陸へ
         地球変動の時、魚類の一部は陸に打ち上げられ、肺呼吸に進化。
  ”第4週” 「大量絶滅」
      ・2億5千万年前、史上最大の火山噴火、生物の95%が絶滅。
      ・巨大噴火が哺乳類を生んだ。
        巨大噴火後→低酸素時代→哺乳類(誕生)

  ”第5週” 「大陸分裂に秘められた物語」   秋32
 
      ・6500万年前、地上を支配していたのは巨大な恐竜でした。
        (私たち哺乳類は、その陰でひっそりと暮らしていた。)

      ・しかし、巨大な隕石の衝突により恐竜が絶滅。
        (我々の先祖の哺乳類は運よく生き延びた。哺乳類繁栄のチャンス)
      ・大陸の大分裂・・・・気候変動

      ・この時期、霊長類の誕生。
       数々の苦難の中、先祖が進化させたもの→「目」
         (「目」・・・・高い視力、立体的に見る力。(立体視))


   「霊長類の祖先・・・カルポレステス」
      ・恐竜絶滅からおよそ900万年後に出現
      ・全長・15センチ

      ・5600万年前・・・・天敵を避けて夜、こそこそと動く。
                  エサは果実。(暗闇でも見えるように大きな目)

  ”巨大な鳥”(ディアトリマ)
       体長約2メートル。当時最大級の動物。(肉食動物)
           ↓
        (我々の祖先・・・・木の上で隠れるように暮らす。)

   秋風景1

  ”第6週” 
     「ヒト 果てしなき冒険者」
   ・地球46億年の歴史
   ・生命の始まり・・・・大きさ1ミリにも満たない微生物でした。
   ・長い進化・・・・現在3000万種をこえる多様な生命。
              (その数百倍、数千倍の生命が絶滅している。
               地球生命の歴史→絶滅の歴史)

   ・絶滅の原因・・・・地球の大変動   ・巨大隕石の衝突
               ・全球凍結   ・大陸の移動

   「人類」・・・・多くの絶滅を繰り返してきました。
           700万年前、アフリカではじまった人類。
           20種もの人類が、生まれては消えていった。
           最後に残ったのが、現代の我々ホモサピエンス。

      「アフリカ大陸」(熱帯雨林)
         およそ700万年前、アフリカの地で人類は、
         チンパンジーの祖先と別れ、二本足で歩き始めた。
         300万年後、以前と変わらない森の暮らし。

         深刻な問題→主食の果実の不足。
                    (気候変動で熱帯雨林減少。草原・サバンナに)

      「200万年前」・・・・2種類の人類

                  ①ホモ・エルガステル・身長約170センチ
                      (食料:肉食獣の食べ残し)
                  ②パラントロプス・ロブストス:身長約150センチ
                      (食料:木の根・・・・100万年後絶滅)

      「進化」・・・・広大な草原・サバンナ(草食獣と肉食獣の進化)
              人類は、肉食獣に狙われる弱い存在。

              人類の進化・・・脳の巨大化(肉食が有利に働いた可能性)
                        初期の人類・・・アウストラロピテクス(脳:500㎖)
                        肉食を始めた・・・ホモ・エルガステル(脳:900㎖)
                             (エネルギー源としての高カロリーの肉)
                        人類→狩りの始まり
                        ホモ・エレクトス (脳:1000㎖)→アフリカをでてアジアへ。
                            (その子孫→ジャワ原人。北京原人)

     「ホモサピエンス」・・・・アフリカ中央部で誕生 (およそ20万年前・脳1400㎖)

     (「ネアンデルタール人」・・・・あよそ30万年前に誕生
                       ホモサピエンスと同じような大きさの脳を持つ。
                       石器の製造技術を持つ。
                       氷河期の真っただ中であったヨーロッパに進出し、
                       寒さの中を生き抜いた偉大なハンター。
                          (大型の動物「バイソン」などを狩猟)
                       およそ3万年前に絶滅。
   秋15

  ”2つの人類の違い”
       (「ホモサピエンス」&「ネアンデルタール人」)

     「喉仏」・・・・ネアンデルタール人:高い位置
             ホモサピエンス:下の方にある
                (喉の長さが、私たちの話す能力に大きく関係している。)

     「ネアンデルタール人は、のどの構造の違いから
      私たちほど、複雑な言葉が操られなかった。
      ネアンデルタール人との違いは、話す能力にあった。」

    「私たちホモサピエンスが手に入れた言葉。
     言葉によって連携し、効率よく狩りを行う。
     言葉によって経験や知識を仲間に伝へ、共有。」

  ”4万年前→氷河期の最後のピーク”
     この時、ホモサピエンスは言葉を操ることによって、大きな助けになった。
     動物の移動時期などの情報交換を行い、計画を立てることができた。
     言葉が、未来を予測する力になった。

     「言葉は、進化を飛躍的に、はやめた。」 

  ”1万年前”
     厳しい氷河期が終わり、温暖な気候が訪れました。
     その後、最後の人類ホモサピエンスは繁栄することになり、現在に。 


     (2016年・6月・21日 記)   喫茶店40

    「ストレス対処法・コーピング」 より~  

 「キラーストレス」(NHKスペシャル)
(6月18日放送より)

数万年前、狩猟時代、人間の祖先たちは、
天敵の動物と戦ったり逃げたりしていた。
この時、ストレス反応によって、
瞬時に体が戦闘態勢がとれるようにするための、機能が出来上がった。

こうしてストレス反応で起こる体の機能は、生き延びるためのものであった。
天敵のいなくなった今も、ストレス反応の仕組みが残った。

複数のストレスが重なった時、キラーストレスとなる。


  訪問いただき     秋31
                  
ありがとうございます。

にほんブログ村


人気ブログランキングへ










  
                    
                      
                      

        
      

        

  








  1. 2017/10/15(日) 13:15:24|
  2. 歴史の教訓

忍者と情報収集

    伊賀7



   「ここまでわかった忍者の真実
           乱世の影に忍びあり」歴史館
 
              (動画より~)

  ”忍者”
    音もなく、匂いもなく、知名なく、
               有名もなし、天地造化の如し。

   「表舞台に出ない”忍び”の役割」
     忍者・・・・スパイであると同時に超人的な能力を持っている。
           城を乗り越える力。・・・堀を超え、石垣を超えて、城に入り込む能力。
                           (身体能力)

 ”萩野家「奉公書」”
    伊賀出身で岡山藩に仕えた忍者一家の履歴書。
        (劇的な生涯を送った忍者の記録)

    守田三之丞・・・・伊賀の忍者(頭分) (三重県伊賀市)
               忍者・・・豪族たちが群雄割拠・主を持たない戦闘集団
                    ”忍び”の起源は地侍。

                                                  伊賀13

      「第一次天正伊賀の乱」・・・・天下統一を目指す織田信長が、
                        忍びの里・伊賀の制圧に向かう。(信長の次男・信雄:1万の兵)
                        伊賀→特異なゲリラ戦術→織田軍・撤退
                          (伊賀の強さの秘密は「山城」。
                           山城内の仕掛け、変幻自在な戦術こそ強さの秘密。
                           「山城」が600以上。)
                        守田三之丞も頭分で走り回り活躍。

      「第二次天正伊賀の乱」・・・・信長、自ら4万5千の軍勢で伊賀に攻め込む。
                        伊賀は全面降伏。
                        生き残った伊賀者たちは全国に散らばる。

  ”伊賀の乱が生み出した意外な結果とは?”
      戦国大名からオファーがあった。(”特殊部隊”として活躍。)
      忍者を全国へ広げた戦いが伊賀の乱。
      全国に名を轟かせた伊賀の忍び。
     
      伊賀・甲賀は忍者のブランド。
      日本各地に地元の忍術流派がある。・・・風魔(箱根)、根来衆・雑賀衆(紀伊)

  ”なぜ「忍び」は生まれたか?”     伊賀9
 
      伊賀盆地・・・・山林が生活の場。
               山林の仕事・・・木登りが超人的能力の基礎。
                          (枝打ち作業などで培った身体能力)

  ”忍びが徳川家康を救う”
      「本能寺の変」の時、大阪にいた信長の同盟者、徳川家康は窮地に。
      手勢わずか30名が、甲賀・伊賀を抜ける山越えルートで
      領国・三河へ逃げ帰る。(神君伊賀越え)
      家康決死の逃避行をサポートしたのが伊賀の忍び。
      山賊などから家康を守り抜いた。(警護に当たった伊賀者の名前190名)

  ”大坂冬の陣”
      徳川軍・・・・約19万4千   豊臣軍・・・約9万6千
    
      守田三之丞はこの時、岡山藩に仕えていた。
      そして、徳川方の忍びとして、大阪冬の陣に参加。
      豊臣方の徹底した籠城作戦。
      三之丞に任された特殊任務・・・・「瀬踏」(せぶみ)
                       (城を囲む、堀や川を渡るのに最も良いコースを調べる。
                        体力+情報収集力)

   伊賀5

          ”徳川は諜報大国” 
     徳川家に欠かせない「忍び」の特殊能力。
     家康は”忍び”の力で天下を取れた?戦国時代は人材確保がキモ。
     家康の人脈形成には”諜者”が必要。(情報収集) 

  ”忍びの生きがいプライドとは・・・・”
     身分は低い。収入は少ない。
     時代を動かしているのは自分達。自分の情報で歴史が変わる。 
     路上観察から政治の本質を知る。・・・・「ジャーナリズム」に通ずる。
     ジャーナリストと忍者の役割は現代と戦国をつなぐ。
     無名の新聞記者でも、権力者の生殺与奪権を握れる。

  ”守田三之丞を継いだのが孫の萩野市右衛門(岡山藩)”
     元禄赤穂事件勃発。
     隣の岡山藩・萩野市右衛門は、赤穂城下で徹底した情報収集。

  ”「忍者」が人気があるわけ?”
     特定の主を持たない個別の契約で任務を遂行。
     忍者は独立の自営業。・・・・自由さ
     「武士の形式美」+「忍者の秘する美」

     忍者のように自由になりたい。
     「忍」・・・・大衆は忍んでいるので、忍者のスーパープレイを見ると、
           忍んでいる日常から気分は脱出できる。


~活用できる社会資源~     高慢と偏見37
      
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)




 伊賀17
           

訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

 

    
      
   
                                      
              






  1. 2017/09/01(金) 00:03:17|
  2. 歴史の教訓

交渉術・清須会議

  
   清須会議8



  「歴史ミステリー 
     清須会議 主導権の握り方」

             (動画より~)

  ”清須会議”
     本能寺の変で倒れた信長の後継者を決めるべく、
     織田氏の重臣たちが参加。

     織田家重臣筆頭の柴田勝家が呼びかけ人。
     羽柴秀吉(新勢力)と柴田勝家(旧世代)の、戦い。
     羽柴秀吉が、天下取りの足掛かりを築いた会議として知られている。
     
     場所・・・・清洲城
     参加者・・・・丹羽長秀 羽柴秀吉 池田恒興 柴田勝家
              
  「天正10年(1582)6月2日 本能寺の変」 
       織田信長、明智光秀に討たれる。
       当時、織田信長の家臣たちは、各地でそれぞれの敵と戦っていた。(各方面軍)

       毛利勢と戦っていた羽柴秀吉は、信長の死を知ると、ただちに毛利と講和を結び、
       明智討伐に向かった。(中国大返し)
       11日後に、決戦の地・山崎に到着、明智光秀を討伐。
        (この時、丹羽長秀は秀吉の軍に加わり、秀吉の器量を見抜く。)

       その時、北陸方面軍の柴田勝家は動かず。

「清須会議」・・・・秀吉、天下取りへの挑戦   清須会議9

       柴田勝家(旧勢力)・・・・後継者に信長の三男信孝を担ぐ。
                       (能力と信望の厚さを理由に)
       羽柴秀吉(新勢力)・・・・信長の長男(戦死)の子「三法師」を担ぐ。
                       (筋目を主張) (三法師以外だと秀吉の出る幕はない)

       丹羽長秀・・・・秀吉の話は、筋目の通った正論である。

         ”秀吉・・・・「持病の痛風が出た」と、会議を中座。”

       秀吉中座の中、丹羽長秀は語る。
         「本能寺の変の直後、秀吉はただちに京都に入り、光秀を討った。
          勝家様は、油断なされたな。」

       会議の結論は、「三法師」を盛り立てていくことに決定。
       秀吉の天下取りの道が開けた。

  清須会議3

        ”さまざまな分野の専門家の解説”

   「歴史家・作家」・・・・秀吉の印象・・会議を運営する非常にうまい人。

   「心理学者」・・・・人心掌握術。報酬を使うのが上手。
              ”中国大返し”・・5万人の兵を走らせた。
              途中、休憩場所の姫路城で秀吉は、全財産をはたいて
              兵に報酬を与え、やる気を引き出す。
               (突如ニンジンをぶら下げるのが有効。
                アメ、無視、無視、無視、アメ、無視。)

              ・”マジック3”・・・・Aですか、Bですか、Cですかの場合、
                         ほとんどの人はCを選択するという現象がある。
                         営業の場合、売りたいものを最後に出す傾向がある。
                           (三法師もマジック3だったかもしれない。)

   「評論家」・・・・機を見るに敏。下準備、先の見とうし、タイミングを逃さない人。

   「国際交渉官」(国連調停官)・・・・交渉の天才、頭がいい。
               これまで接した人物で似ている人物。ジョージ・W・ブッシュ元大統領。

               ・YES BUTの法則。(交渉の法則)
                秀吉は勝家の案に反対はしていない。
                いい案だといったうえで、しかし(BUT)と言って三法師の案を出した。
                  (一度受け入れられているという点で、なかなか反対しずらい。)

               ・”アンカリング”(船の錨)・・誰がその交渉で初めに錨を下すか。
                                  (立場を明らかにする)
                                交渉では不利になる場合が多い。

  ”中座するテクニック”・・・・できる人は中座がうまい。
                   いい流れの時に中座すると、その流れになる。


訪問いただき        ミドリムシ8
            
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 













  1. 2017/08/28(月) 00:03:16|
  2. 歴史の教訓

この世界の片隅に

 この世界の片隅に」13



 「映画 ”この世界の片隅に」
       監督・片渕須直 インタビュー」

            2017年1月 (動画より~)

      ”アニメーション映画「この世界の片隅に」”
         主演 のん
         原作 こうの史代
         監督・脚本 片渕須直

    ”そして執念は結実した”
    映画公開3か月・・・・異例の大ヒット
    なぜ?・・・予想をはるかに超えたところまで届いた。

      「舞台は太平洋戦争末期の広島。
       18歳で呉に嫁いだ主人公”すず”は、戦時下でも明るくひたむきに暮らしています。
       戦争が悪化する中、”すず”の生活を丹念に描いていきます。

       70年前も今と変わらない人々の喜怒哀楽。
       映画は、戦争を全く知らない若い世代の心をとらえました。」
 

        この世界の片隅に」21
  ”映画で追及したこと”
    「”実存感”へのこだわり」 
    深く現実を再現していくことに対して執着していく。
    リアリティー・・・・徹底的な時代考証・膨大な資料集め。

    「画面に映るものは全部大事にする」
    画面の片隅に到るまで、ちゃんと生きている人。
    戦時中という言葉一つでかたずけない。自分たちで捉え直し検証しなおす。
    あの時代は異物ではない。

 ”女優 のんさん 「どうしても必要」”
    体温・肌触りがある感じが声で表現できた。   この世界の片隅に」26


 ”この手は何を生み出せるのか”・・・「苦悩の歩み」
 
   「自分は何を生み出せるのか」
    今回の映画にたどり着けるまで、自らに問い続けてきました。・・・・

   「テレビアニメ 視聴率低迷 打ち切り」。全否定されたに近い。
   何をやるにしても力を振り絞って臨んでしまう。
   それが否定された時のダメージは大きい。

   「2001年 公開作品 アニメ映画「アリーテ姫」
   自らの心の葛藤を投影した「アリ―テ姫」
   人の手には何かをする力・・・・自分にだってできるはず
   自分自身のことをあきらめない

 ”人間の内面を深く掘り下げるのがアニメ”
      遠い別世界ではなく、自分の心の中を拾い出す。
      目の前にいる人の心を思いはかる。

  ”「この世界の片隅に」は完成までに6年の歳月”  この世界の片隅に」27

         スポンサーが全く決まらず、制作できない日々。(資金難)
         「これじゃ売れませんから」
         「地味ですね」
         「もうちょっと派手にできませんか」
         「もっと泣かせをできませんか」
            (片渕作品は、客を呼べないが映画界の定説)
         貯金を取り崩し映画製作

  ”出資者集まらない中、進めた映画製作”
      客観的に見たら怖いもの知らず、ひょっとしたら、ドンキ・ホーテだったかも。
      全く展望が見いだせなかった2013年・・・短編アニメ「花は咲く」
        (「花は咲く」という言葉に当時の心境を重ねた。)


   ”製作を実現させた クラウドファンディング” 
        苦境を救ったのは、片渕作品のファンたち。

         2015年「クラウドファンディング」を呼び掛けたところ、
         3000人を超える人達から集まった、4000万円近い制作資金。
         
         「これだけ信じられているならば、きっと道は開けるだろう。」
         という根拠になった。・・・・「信頼を可視化」する。

    この世界の片隅に」30

 ”片渕須直監督を支えたのは”
     生きてきた意味が全部この上にあった。
     誰かが信じなければ、世の中の何も動かない。
     僕らが諦めた段階で、この映画は形にならなかった。




訪問いただき        KC3U0138.jpg

ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 




      
   







  1. 2017/08/15(火) 12:15:32|
  2. 歴史の教訓
次のページ