FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

いろいろな支援事業

  KIMG1330.jpg



 これまで、いろいろな障害者就労支援事業所さんへ
訪問見学させていただきましたが、
就労継続支援A型事業所」さんには訪問したことがなく、
またあまり内容も知りませんでした。
そこで今回少し調べてみることにしました。

 就労継続A型支援事業所さんは、
障害や難病のある方が、雇用契約を結んで、
働くことのできる福祉サービス事業所。
  (障害者総合支援法に基づく福祉サービスのひとつ)

 ・基本的に最低賃金以上の給料。
   (A型事業所は2016年時点で3455事業所。
    利用者は6万7070人)
 ・勤務は一般就労と変わらない。
 ・勤務時間(4~8時間)   ・各種保険なども適応

 「勤務形態」
   ・パソコンによるデータ入力、ウエブ作業
   ・掃除、配達
   ・部品加工などの工場作業
   ・農作業
   ・カフェやレストランのホールスタッフ
   ・お店の接客、販売、品出し   など
      (農業系、製造系、オフィス系、店舗系、軽作業系  ほか
       2015年度の月額平均給料:6万7795円)


 「就労支援事業のちがい」
           ①就労移行支援     ②就労継続A型   ③就労継続B型
 雇用契約       なし             あり           なし
 月額平均収入                  平均67795円    平均15033円 
 (2015年度)
 対象者      18歳~65歳未満     18歳~65歳未満   年齢制限なし
 利用期間     2年(延長アリ)       定めなし         定めなし

 
      「一般就労への移行率(2015年)」
  ・「就労継続支援A型事業所」から全国平均4.3%
  ・「就労移行支援事業所」から全国平均22.4%



               KIMG1311.jpg

    訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   










  




スポンサーサイト



  1. 2020/03/16(月) 15:55:12|
  2. 福祉就労支援事業所

障害者就労支援からの学び

   KIMG1086.jpg




 いろいろな障害者就労支援事業所さんなどの、
支援のあり方などを、
参考にさせていただければと思います。


 ① 主な疾患の特性などの障害に対する知識のほか、
     本人の状況を整理するアセスメントスキルを学ぶ。

 ② 研修は座学だけでなく、ロールプレイを通して、
     実践的な理解を促進するなど、
      支援に求められる知識とスキルが着実に身に付く内容を。

 ③ 支援の基本的な考え方やアプローチ方法などを、
     ロールプレイングやOJTで学ぶ。
 ④ 福祉制度と、障害者雇用に関する企業の制度の両方を学ぶ。


   KIMG1102.jpg

 ⑤ 一人ひとりを理解し、専門的な視点を持って、
     その人にあった支援の模索。
 ⑥ そのひとりに最適な支援を提供するために、
     専門的なアセスメントと具体的な計画。


 ⑦ 職業リハビリテーションや臨床心理学の実践と理論に基づいて、
      障害やその支援方法、アセスメント、支援計画作成に関する研修。
 ⑧ スタッフの研修では、
     障害と就労に関する両方の知識を学び、
       実践を踏まえながら継続的なフォローアップ研修で、スキールアップ。


 ⑨ 勘や経験だけに頼るのではなく、
     実践から得た科学的根拠に照らし合わせ、
      ひとりひとりのニーズに応えていく。





        ~広島情報~
          「大人の発達障害改善の情報交流会」のご案内
          ・11月9日(土)13:30~16:00 ・広島市西区地域福祉センター4階
          ・参加費・・・・無料 ・申し込み不要
                KIMG0999.jpg
訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   










  1. 2019/11/02(土) 12:30:33|
  2. 福祉就労支援事業所

就労移行支援事業所さん訪問記

   KIMG1060.jpg





 はじめて「就労移行支援事業所」さんを訪問したのは、
たしか7~8年前頃だったと思います。

 その頃「KHJひきこもり親の会」に参加していろいろと学んでいましたが、
インターネットも使っていないこともあり、情報が少ない状態でした。

 情報の収集手段が少ないということは、
情報収集のための時間がかかってしまい、
なかなか前へ進むのが難しくなるのを感じています。
  (現在は、インターネットで大量の情報収集ができ助かっています。)

 7~8年前頃は、近辺には支援施設などはほとんどない状態でした。
そんな中「就労移行支援事業所」さんが、
市内北部に開設されるというニュースが入ってきました。

 これは見学に行かなければと、当時家族会さんとは別に参加していた、
「ひきこもり相談会・太光寺」さんのメンバー数名で、訪問することにしました。
全国展開中の「就労移行支援事業所」さんは、
市内北部のJR大町駅のすぐそばにあり、
通りから見ると、ちょうど「パソコン教室」のような感じでした。

 ドアを開けて入ると、オフィスのように机が並び、
机の上にはパソコンが並んでいました。
それまでの「居場所」のイメージと全く違った事業所の雰囲気と、
事業所案内を受けて、新しい時代の流れというようなものを感じました。

 そのうち事業所は、広島駅「新幹線口(北口)」近くに移転しました。
偶然数年前「若葉会」さんの集まりが、その事業所さんであり出席しました。
その時には名称が、
「障害者就労移行支援事業所  りたりこワークス」さんになっていました。

 「りたりこ ワークス」さんは全国展開されていて、
広島市内には現在3事業所があります。
現在私は「リタリコ ワークス」さんがネットで発信されている、
「リタリコ発達ナビ」(発達障害ポータルサイト)で、
いろいろ情報をいただいています。


  「障害者就労移行支援事業所 りたりこワークス」
             さんのホームページより~

    「就労支援実績」
      2018年は1384名就職。
      これまで累計7000名以上の就職。
      就職後定着支援・・・・就職後88%定着率。
    「職種別」
      ・事務   ・サービス   ・専門職   ・軽作業
      ・運搬・清掃   ・保安・保守   ・農林漁業




                 KIMG1107.jpg

     訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   







  1. 2019/10/31(木) 18:46:28|
  2. 福祉就労支援事業所

就労移行支援

   KIMG1100.jpg





 広島市内には、
20か所ほどの就労移行支援事業所さんがありますが、
私もそのうちの数か所に、
訪問見学をさせていただいたことがありました。
それぞれの支援内容に大変関心を持ちました。

 現在関心のあるテーマ「ホーム」と「ワーク」の中の、
「ワーク」(働く)について、
就労移行支援事業所さんのホームページでの内容と、
統計資料などを参考にさせていただくことにしました。

 こうした実績資料を知ると、
選択によって、いろいろな可能性があることに希望が持てます。


 実績参考資料として、
就職活動支援センター「ウェルビー」さんのホームページより。
    ・全国68センター、就職実績70%以上。

    ・就職者数(累計と就職先)
      累計・・・・2012年~2019年 2645名就職
      職種別就職実績・・・・事務・・56%    軽作業・・14%
                    接客・販売・営業・・7%   福祉・・5%
                    清掃・・5%   技術職・・4%   
                    その他・・9%
                     (70%以上の人が未経験職種に就職)

    ・カリキュラム・支援内容
      ・生活トータルサポート   ・パソコントレーニング
      ・コミニュケーショントレーニング   ・企業実践・職場実習
      ・就職活動支援   ・職場定着支援


 「就労移行支援」とは。
 障害のある方の社会参加をサポートする、
国の支援制度(障害者総合支援法)に基づく就労支援サービス。

 一般企業への就労を目指す障害のある方(65歳未満)を対象に、
就職に必要な知識やスキル向上のためのサポートを行う。
   (障害のある方の「働く」をサポートする福祉サービス)




                 KIMG0994.jpg

     訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   
  







  1. 2019/10/30(水) 17:40:43|
  2. 福祉就労支援事業所

若者支援とNPO

   庵5


  「すずスタ!コラボトーク・工藤啓」            
           (動画より~)2013年~

  ”NPO法人 育て上げネット
            理事長 工藤啓”

     ・4つの事業・・・・①就労支援
                ②保護者の支援
                ③高校でのキャリア教育等
                ④全国の若者支援の人達とネットワークを作り、事業活動を行う。

    ・活動事例・・・・地域に入って若者と活動。
              イベント等、啓発的経験といったものを共にする中で、
              結果として求職活動が起こっていくという活動。

              ・企業の中での体験活動等。
              ・地域(特に高齢者の方)からの要望のお手伝い等。

  ”なぜ、こうした活動を?”
      ・もともと、不登校の人などを家庭で受け入れ、
       一緒に暮らして成長を促すという家業の中で育つ。

      ・大学は2年でやめて、アメリカで会計学を勉強中(2000年頃)
       ヨーロッパの友人から、
       「日本でも若い世代の雇用とか労働の問題がクローズアップされてくるので、
        そういうサポートの仕事が社会的に必要になるので、
        起業すべきだとアドバイスを受けチャレンジ」


 秋8

  「社会起業・NPO法人」


NPO法人「育て上げ」ネット理事長・工藤啓さん
講演「見えない友人」(動画内容案内)

ユニークな家庭で育つ。
30人くらいで暮らしていた。
両親が、地域に居場所のない人のために、
「社会に家をひらこう」

「公助、共助」
以前の日本では、若い人へのサポートがなかった。

歴史的に、所得(税収)の再分配(行政)の対象としての
「若者」を支える文化がなかった。
つまり、公助がなかった。

市民活動に源流を持つ、NPOという法人格(共助)
NPO法人の申請の中の活動項目20の中に、「若者」がみえない。

「若者」の定義・・・
15歳ー39歳 (3700万人・・・失業・無業150万人)

「ある師匠からの言葉」  喫茶店3

「思い切って人生を謳歌しなさい、チャレンジしなさい、
やってみたいことはやってみようよ、その時大事なのは思い切ること」

「思い切りやりますよ」

「いや、君は思い切っていない。人は何かをやる時、いろいろ考える。
自分が行動したら、こんないいことがあるんじゃないかと。

本当に行動できる人間は、思いを切ることができる。
つまり、ある段階で考えることをストップし、一歩踏み出し、動いてみる。」

「思いきれない人は、勇気がないのではなくて、
考えることを切ることが、できない人なのでしょう。」

「今日一日考えたことを、明日の朝はもう考えず、
決めた事をやるだけ。」


関連記事・・・若者自立支援「育て上げ」ネット理事長・工藤啓さん


「「みえない友人」工藤啓氏講演



訪問いただき       秋32

ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     






       
        
     







  1. 2017/11/07(火) 12:55:50|
  2. 福祉就労支援事業所
次のページ