FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

IPS「意図的なピアサポート」を学ぶ。(つながり・相互性)

 IPSの意味 「意図的なピアサポート」
  
 アメリカのシェリー・ミードさんが考案。
・ 「意図的」とは
    「その先を目指すこと」
    「ともに成長すること」
    「物事を新しい見方で見ること」

・ 「援助(助け) : 学び」 「個人 : 関係」
  「恐れ : 希望を基にしている」 という3つの特徴がある


・ 4つの原理 : 「つながり→世界観→相互性→向かうこと」

    「ピアサポートの価値基準」
・ 医学的な枠組みを用いない
・ 対処や現状維持ではなく進化
・ パワーの共有・責任の共有
・ 助けは双方向に行き来する

  
 ○  シェリー・ミード 「意図的なピアサポート」 (動画より)
・ 90年代の初めに使われ始めたころから、
  リカバリーの言葉はあまり好きではありません
  私は何かに戻りたいと思ったことはないし、
  戻りたい場所はありません。
  私は進化や成長という言葉の方が好きです。

  こどものときの(入院)は、16歳で高校生の時
  統合失調症だと言われました。


・ 一般的にピアサポートは、共通の体験を持つ人に出合った瞬間に
  感じられる絆、「わかってもらえた」という感じから始まるのだと思います。

・ 「ピアサポートを使って、意識的にお互いにチャレンジし、
  そこから抜け出すような関わりを始めました。
  つまり信頼,敬意、偽りのないことに基づいた強力な関係を作って、
  それを通して、お互いが前へ進み成長するように
  意図的に関わることです。
  共通していることをお互いに慰めあっているのじゃなくて。」


・ 「私が思うピアサポートは、協力で健康的な関係を誰かと作り、
  あなたの心をその人が少し開いてくれることを許し、
  それによって成長することです。
   
  そして、それが双方向であること。
  双方向でなければピアサポートとは言えません。
  ピアサポートを効果的に行うためには相互性が欠かせません。」


・ 「他の人が前向きに動き出し、
  元気になることにかかわると、とても刺激を受けます。
  この仕事を通して、私にとっても、ピアサポートとなる
  関係をたくさん作ってきました。

 




にほんブログ村


人気ブログランキングへ








スポンサーサイト



  1. 2015/12/30(水) 12:50:49|
  2. 「意図的なピアサポート」