FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

さあ、才能(じぶん)に目覚めよう

  カフェ11



    「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」
               (動画より~)

  ”さあ、才能(じぶん)に目覚めよう”
      マーカス・バッキンガム著
         (イギリスの著述家、
          モチベーションスピーカー、コンサルタント)

   ~あなたの5つの強みを見出し、活かす~
      200万人の人からアンケートを取り、
      その中から34個の強み(才能)を見出す。

      「弱点や弱みに重点を置くのではなく、
       強みを最大限に生かすことが最良の結果を得る」

          という結論に至る。
    
      本の中のテスト(ウエブテストのアクセスコード付き)で、
      「5つのあなたの強み」が見いだせる。
      その強みを伸ばすことによって、自分の弱みの部分もカバーが可能になる。

   ~著者の「才能の定義」~
      無意識に繰り返される、思考、感情、行動のパターン。
         (一人一人がすでに持っていて、これからも変えられないもの。
          それを正確に把握することが大事、そして強みを伸ばす。
          知識や技術は後から身に付けることができるが、才能は変えられない。)

   ~強みの活かし方~
      34の資質について、それぞれ10項目の(行動アイデア)と、
      3項目の(人の活かし方)を解説。才能を開花させるための指針。

      資質や才能はダイヤモンドの原石。
      それを生かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、強みとなる。

   ~34の才能~
      達成感・アレンジ・信念・学習欲・活発性・共感性・競争性
      公平性・コミニュケーション・最上志向・社会性・自我・親密性
      成長促進・責任感・戦略性・着想・運命思考・信念
      達成欲・分析思考・未来志向   ほか。

        ~優れたマネージャーは、
          人の才能は一人ひとり
          違うことを知っている。

          だから彼らは、細心の注意を払って、
          一人ひとりの才能に目を配る。~

        ~何をするかではなく、何をしないか。
          継続的な成功を手に入れた人たちは、
          退屈やストレス、自分を消耗させることに気づいたら、
          それらを切り離す。~


          カフェ4

  「さあ、シンプルに生きよう」
         (マーカス・バッキンガム著)

     ・どんな自分もイエスと言って、受け入れてしまいなさい。     

     ・「自分の弱点を治せば人生が良くなる」と
         思い込んでいる人が九割もいる。
       だがそれは空高く飛べる鳥に、
         土を掘る練習をしろと要求するようなものだ。

     ・つまらないことの犠牲になるのはやめなさい。

     ・勘違いしてはならないのは、得意だといって
      それが「強み」だとは限らないこと。
      そして、苦手だからといって、
      それが「弱み」だとは限らないこと。


     ・迷ったときが運命を決める。

     ・本当に幸せな人生とは、
      心が満たされている生き方のこと。






    訪問いただき             
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     



         
      







スポンサーサイト



  1. 2018/05/08(火) 00:03:09|
  2. 「自己啓発」(動画集)

突破する力・ゾーン

 ル・マンシリーズ13




  ”頭と身体の能力をどのように
           最大限発揮するか?”


     感情や神経を論理的かつ科学的にコントロールし、
     ZONEという人間としての能力を,最大限発揮できる緊張体を使って、
     世界No1女性カーレーサーになった。

  「突破する力!”ZONE”
       人間としての能力を最大限に発揮する方法」

            TED:(講演・2015年)  (動画より~)

  ”3年間世界最高峰のル・マン24時間レースに出場。”
    女性は私1人しかいませんでした。

  ”なぜカーレーサーの道へ”
    学生の時、レースクイーンのモデルの仕事の時カーレースに出会い、
    自分の頭と体の能力全部を発揮してみたいという風に思った。

    4年間で1千万円をアルバイトで貯める。
       (ローソン、スーパーマーケットの惣菜屋さん、
        モデル、お中元やお歳暮の宅配)

    そしてようやく25歳の時にレースデビュー。人より10年くらい遅いスタート。
    しかし、最も人より負けていないと思うもの。・・・・
    ・・・・「覚悟」・・・(女性であること。お金を自分で貯めたこと)

    日本では優勝できて、世界戦のイタリアのレースに出場。
       (ヤフーで買った中古のフェラーリで)
    レース中、バンパーをつぶされ、
    その”怒り”から、自分が今まで感じたことがないような領域で運転できることを知って、
    この時初めて”ZONE”(ゾーン)というものを知った。
    おかげで世界の120台のフェラーリの中で2位になれ、シューマッハに表彰された。

  ル・マンシリーズ3

 ”どうやったら世界一になれますか?”
    と、シューマッハに問う。
    そうしたら、「きっとこれから苦手なこととか、君が好きじゃないこととか
    弱さが壁となってボーダーとなって現れてくるよ」と、

    「それを自分で工夫して考えて、そして感情をモチベーションにして一つずつ乗り越えなさい」
    「これ以上やることがなければもうやめていい、
     そうじゃないんだったら、どんなに不利な環境、
     どんなに不条理な環境でも自分から順応していけ。」
       というアドバイスをもらいイギリスへ。

  ”あと2回クラッシュしたら君は解雇だ”
    その後、フランスのレーシングチームに所属。
    体力不足を指摘され、体力トレーニングを開始。
    毎朝20K走って、100Kサイクリング、2時間半筋力トレーニング、
    最後25メートルプールを100回泳ぐ。
    そこから、ゾーンに意識的に入ることを覚えた。

  ル・マンシリーズ4

   「ゾーンの入り方」
       ”まず食事で感情をコントロールする。”
       レース前日、緊張で眠れなかった翌朝、レース2時間半前の食事。
       ・・・赤飯を柔らかくしたもの
           (お米は、長く集中が続いて、感情をコントロールしやすい。)

       ”レース前音楽を聴く”・・・・音楽で副交感神経と交感神経のバランスを
                        両方とも増幅させるとゾーンに入りやすいと分かった。

       ”筋肉で血流を操る”・・・・大きな筋肉(お腹、背中、太ももなど)
                       を動かすと、血流が頭に行く。
                   (頭に血流が回っている時、やる気が出てきてモチベーションが出てくる。)

       ”香りで脳を操る”・・・・体力の回復が間に合わない時、
                     鼻は脳に一番近いので、ものすごくダイレクトに
                     感情をコントロールできる。

  ル・マンシリーズ9

  ”世界最高峰ル・マン24時間レース・総合優勝”
     その後、健康をそこね、日本に帰国しレーサーをやめることに。
     4年で健康回復。
     「こんどは世界最高峰でやろう」と、目標を決める。  

     転戦費用のサポート企業探し。
     企画書を書いて数百社にも渡し、交渉し、トレーニングをし、毎日睡眠3時間。
     やっと到達した世界最高峰ル・マン24時間レース。

     「3年目3度目の正直」・・・・アジア人初、女性初で完走し、
                      ル・マンシリーズで世界の女性で初めて総合優勝する。

  ”なぜレースをしている?”
     「ものすごく自分がやりたいと思って、本気で臨んだことに対しては、
      結果がもし成功しても、もし失敗しても、
      それは大きな感情となって跳ね返ってきます。」

      「ものすごく悔しいと思ったり、すごくうれしいと思ったり、
      その感情こそが人生の生きる原動力だと思っています。
      それをみんなで共有できることは、
      お金に変えられない価値があるという風に感じています。」


      「自分の心の中に、自分で作ったボーダーや、もしくは
       たくさんの人達の正義がぶつかり合ってできたボーダーというものを、
       ひとつづつ私自身も工夫して乗り越えていきたいと思いますし、
       皆さんと一緒に乗り越えていきたいと思っています。」

   ”一度きりの人生、思いっきり生きたいと思います。”

                        「関連記事」・・・・「自己啓発」(9記事)


              KC3U0081.jpg

訪問いただき        
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     





                    
                     
    

   








  1. 2018/01/08(月) 00:03:33|
  2. 「自己啓発」(動画集)

人生を変えた3つの方法

   図書館7
 


   「3年で億万長者になる方法
         ”ダニエル・アリー” : TED  講演」

              (講演動画より~)

  「世界において、
   成功にはたくさんの意味があります。

   しかし、本日私がお話しする成功の最大の定義は、
   ”成功とは自己表現力”ということです。」

         「成功のカギは他人の期待に従うのではなく、
          あなた自身の期待することを行うことなのです。」

  「幸運にも長い間私は自分が信じられませんでした。
   私は悪い評判ばかりでした。
   高校はビリから2番目で、21歳までに40もの仕事を転々としました。
   身を滅ぼし、文無しで、うんざりしていました。

   ずっと変わりたいと思っていましたが、問題はやり方が分からなかったのです。
    そして、近くの図書館で、本と出合いました。
    ”私は人生を変えるために、たった3つの方法を見出しました。”
    そして、24歳までに私は自力で大富豪になりました。」

  図書館2

        「1つ目の基本原理」 
          ”まず最初はたくさん本を読むことです。”
           自分自身の問題を解決するための本は、読むべきなのです。
            図書館は宝の山であって、それでいて図書カードは無料なんです。
            ”リーダー(指導者)はリーダー(読書家)です。”

       「2つ目の基本原理」
           ”最良の友人を得ることです。”
            あなたの考えや能力を超える目標まで、
            自分を高めてくれる人が必要です。

            自分の目標を実現しなくてはなりません。
             それは適切な人と付き合うことでできることなのです。

            助けてくれる人の近くにいてください。
            あなたより賢くあなたよりずっと先へ行くような人、
            次のレベルに行くにはどうすればよいかを知っている人。」

               あなたが見つけなければいけません。

    「どうやってその人たちを探せば?」  図書館4

       私がしたことは、本の著者に直接連絡を取ったのです。
       SNSやウエブが使える時代なので、著者と会話ができるのです。

       彼らが書いていることを実際に理解できれば、私たちは変われるのです。
       そして、沢山の質問をすれば、
       自分の人生に大きな成果が得られるのです。

             「最後の原則は、より高い目標を立てることです。」      
                 ”何をするかというと目標を書くことです。”
                潜在意識に働きかけるためには、書くことが大事なのです。
                私はこのやり方を世界中の人達に教えています。

                それは、”20のアイデア方式”と呼ばれています。
                  ”達成したい一つの大きな目標を選びます。”
                 それに関連した20個の小さな目標を立てます。
                 毎日目標を書いたら、人生でたくさんのことを
                 成し遂げられることができるでしょう。

  「あと大きな視野で物を考えてください。
   大きい視野で考えると、大きいことを為し大きく勝つのです。」

  「本と人と目標」
     これが成功のために必要なことです。


              「関連記事」・・・・「カーネギー人を動かす」(4記事)
                         「自己啓発」(7記事)
       

 訪問いただき    坂村真民14
      
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



       

            






     
  1. 2017/11/14(火) 12:16:15|
  2. 「自己啓発」(動画集)

成功のカギは、やり抜く力

    成功のカギは、やり抜く力


アンジェラ・リー・ダックワース氏(心理学者)
ペンシルベニア大学大学院で博士号(心理学)を取り
「グリット」の研究により「マッカーサー賞」(天才賞)受賞

著書「やり抜く力 人生のあらゆる成功を決める、
「究極の能力」を身に付ける」
(動画内容案内)


成功者が共通して持つ「グリット」という能力、
本能でも、努力でもない第3の要素とは?


「グリット」とは、物事に対する情熱であり、
又何かの目的を達成するために、とてつもなく長い時間、
継続的に粘り強く努力することによって、
物事を最後までやり遂げる力のことです。

数年間、頑張って努力し続ける。
そうすることでやがて、夢や目標が現実のものとなるのです。
グリットは短距離走ではなく長距離走なのです。


グリット(やり抜く力)を持つために1番役立つと思われる
「グロースマインドセット」という考え方の引用。


内容としては「知能は生まれつき固定されたものではなく、
後天性のもの、努力を重ねることによって変えることができる」

子供達に、それを教え込んだ後に、難しい問題を解かせると、
難しい問題に対し、失敗を恐れず挑戦しようとすることが分かりました。

何をどうすれば成功するのかを知るために、
失敗を恐れずに積極的に挑戦し、
失敗をかさね次に生かして、何度でもやり直しましょう。





にほんブログ村
応援いただき
ありがとうございます










  1. 2016/09/12(月) 00:13:12|
  2. 「自己啓発」(動画集)

感謝

   釈迦の教えは「感謝」だった
                      小林正観 著 


(「釈迦の教えは感謝だった」より抜粋)
悩み・苦しみをゼロにする方法

「四苦八苦」の 「四苦」は : 生・老・病・死 (宿命)
5番目・愛別離苦、  6番目・怨憎会苦、
7番目・求不得苦   8番目・五蘊盛区苦

「苦」の本質は、
「自分が思いどおりにしたいのに、それが叶わないこと」


では、どうするか?
一般的な西洋的な価値観では、努力して自分の思いが実現するまで頑張りなさい。

もう一つの方法は「思い」そのものを持たないこと。
思いどおりにならないことが、強い悩み・苦しみになる。

お釈迦様は、「受け容れることが楽になることであり、
自分の想い道理にしようと思うから、悩んで苦しむのですよ」
「物事を自分が決めつけているある種の「思い」があるから、
論評・評価があるから、そこに悩み・苦しみが生じる」

「人間だけが持つ3つ目の本能」
人は動物の1部です。動物に与えられた2つの本能は、
① 自己保存 = 自分の命を失わないこと
② 種の保存 = 子孫を残すこと

人間が持つ3つ目の本能とは、
「喜ばれると嬉しい」という本能です。人は喜ばれると嬉しい。


「人間が本当に心の底から幸せを感じられるのは、喜ばれるときです。
喜ばれると嬉しい。喜ばれる存在になること、
実は、これが私たち人間に、生命と肉体を与えられたことの意味でした」

「すべてのことに対して、嬉しい、楽しい、幸せ、愛している、大好き、ありがとう、ついている」
というような肯定的な言葉でものをとらえることが、
宇宙を味方にする最短で最善、最良の方法のように思えます。

「釈迦の教えの究極は、実は、感謝することだった。
ありとあらゆることに感謝することが受け容れることであり、
受け容れることの最高峰が感謝なのです」


「そ・わ・か」・・・・・3つの実践
「そ」は掃除・・・・・・特に水回り、トイレ掃除

「わ」は笑い
「免疫細胞療法」
NK細胞は、生きることに対して、喜びを感じ、幸せを感じ
さらに感謝まで到達すると、ものすごく活性化するようです。

「か」は感謝
感謝することで片づくのが、対人関係です。


前記事 : 心の癒し「小林正観」さんのことば













  1. 2016/04/29(金) 00:44:30|
  2. 「自己啓発」(動画集)
次のページ