FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

孤独な旅の空、心にしみた癒しの音楽との出会い

就労訓練、就労体験等、いろいろな支援事業所では行われています。 その中で、喫茶店、お好み焼き屋、饅頭、クッキー、食堂など、製造販売などの種類も多くあります。

 店舗など資金の掛かるものではなく、無店舗で行う販売形式もあります。

 ある事業所の方は、道の駅で若者達とたこ焼きの実演販売をおこない、ある支援者の方は焼き芋の移動販売をされています。

 無店舗販売は、資金も少なくてすみ、良い方法ではないかと思います。食品の場合は、保健所の許可等慎重さが必要ですが、物品の販売もいいのではないかと思います。

 フリーマーケットの出店などはいいのではないかと思います。

    (私が有望と思う種類)
 
 ①フリーマーケットの物品出店販売

  ②焼き栗の販売(出来上がり品を販売)

③ワッフルの製造販売

   ④焼き芋の販売

 「想い出の3曲」

 実は私も以前、無店舗移動販売の「催事業」の仕事をを10年余りやっていました。「催事業」はスーパー、デパートの店内、店頭を借りて、食品製造販売とか物品販売を行うものです。

 私も、食品、物品合わせて10種類ほどの販売をしました。

 

この仕事で成功を夢見て、荷物と布団をボンゴ車に積み込み九州福岡の会社へ向かいました。その会社の商品は菓子類で、博多周辺のスーパー、デパートでの販売でした。


 しかし、なかなか思うように売れるものではなく、苦戦で落ち込む日々を過ごしていました。

 そんなある日、入った喫茶店で優しく哀しいメロディーが流れてきました。初めて聞いたその曲に、なぜか涙が浮かびました。その曲は、浜田省吾さんの「もう一つの土曜日」という曲でした。それ以降ファンになり全曲を集めることになります。

 その後、会社全体も売れなくなり、拠点を熊本に移しました。

 熊本から阿蘇山を越えて行ったり来たりしました。ある日、その途中で阿蘇の火口の上まで登っていきました。

 そして、その阿蘇山のすそ野で、ある場所を探しました。それは、尊敬する禅僧の澤木興道老師が、旧制高校の学生さん達と一緒に座って記念写真に写っていた場所です。山の斜面のこのあたりかと思い、私もその場でしばらく座禅をしてみました。

 17歳の頃、本であの写真を見て、それに憧れて私も座禅を始めることになったものです。

 時は移り、百円均一の商品を販売するようになっていました。八女茶で有名な八女のスーパーの店頭で販売していた日、昭和の日が終わりました。

 それからしばらくして、長渕剛さんが「昭和」を発表しました。昭和の時代を生きた私達にとっては、堪らなく切なく心に響く歌でした。

 スーパーでの催事の仕事の終わった後、この「昭和」を聞きながら、真っ暗な湾岸道路を車で走っていました。今夜、泊まる宿もなく、心細く本当に泣きたい心境で、心にしみた歌でした。それ以降ファンになり全曲を集めることになりました。

 3曲目は、「中国物産展」の催事を手伝っていた時期、毎日エンドレスで流していた曲喜多郎さんの「シルクロード」。心が疲れた時、癒してくれます。
 たくさんの曲の中で最も心にしみる曲は、喜多郎さんの「亜洲茶館 asian cofe 」。喜多郎さんの曲に出合って以降、癒し系の曲を集めることになりました。

   

人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村







    

     
  

 
スポンサーサイト



  1. 2015/08/28(金) 11:03:22|
  2. 「想い出の3曲」癒しとの出会い