FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

「いのち」

     「いのち」


「いのち 瀬戸内寂聴 密着500日」
NHKスペシャル (動画内容案内)

作家・僧侶 (93歳)
90歳をこえ、「腰椎骨折」「がん手術」で入院。
「手術が終わって、知らない経験をしたら、
小説を書きたくなるかもしれない。ちょっとワクワクしてきた。」

がん手術退院後、自宅で週2回の、理学療法士さんの指導によるリハビリ。
目標は自分の足で立つことと、長時間机に向かうこと。
もう一度小説を書きたいという思い。

「私にとって一番大事なことは文学。しかし、
やっぱり仏の世界に入った以上は、知らないうちに仏様の力が私を組織してね、
違う世界に私を導いてくれているのかもしれない。」

昨年5月、長編エッセイに取りかかる。「闘病記」
「痛みの記憶」
「その時、あの世観が変わったのね、それまでは、
極楽なんてもう退屈だから私は地獄へ行きたい」と言っていた。
だけど痛いのはもうイヤ。」
「闘病記」(長編エッセイ)から・・・・→「いのち」(長編小説)に変更



(感想記)
なぜ、ご自分の苦しい闘病生活の、
普通は人に見せたくないであろう自分の弱さを、記録に残されるのでしょうか?
「小説家」としての、あるいは「宗教家」としての何かが、
そうさせているのでしょうか?

「生・病・老・死」を、「小説」でもなく、「言葉」でもなく、
自分自身のありのままの、生きる姿で、伝えようとしているように見えます。
そして、それは確かに伝わってくるのです。

ちょうど亡くなった母親と同じくらいの年齢で、病床の姿は、母親とダブって見えます。
そして、その病床から、「あなたは、自分の生き方を見つめていますか?」と、
無言のメッセージを感じるのです。
人間の寿命は順送りのようです。
私たちも同じメッセージを、息子たちに伝えていくことになるのでしょうか?


「関連記事」・・・・「仏教の本質」



















スポンサーサイト



  1. 2016/06/30(木) 13:36:34|
  2. 瀬戸内寂聴

「生活・若者支援情報マップ・広島」

   「生活・若者支援情報マップ・広島」


① 生活困窮者自立支援制度

(支援内容)
・自立相談支援事業   ・住居確保給付金の支給  
・就労準備支援事業   ・家計相談支援事業   
・就労訓練事業      ・一時生活支援事業
・生活困窮世帯の子どもの学習支援

広島市くらしサポートセンター本部
管轄  中区・南区
広島市中区千田町一丁目9-43   082-546-9820
(広島市社会福祉センタ―2階 広島市社会福祉協議会内)

東部サブセンター
管轄 東区・安芸区
広島市東区東蟹屋町9-34   082-568-7873
(東区総合福祉センター4階 東区社会福祉協議会内)

西部サブセンター
管轄  西区・佐伯区
広島市佐伯区海老園一丁目4-5  082-943-8797
(佐伯区区役所別館5階 佐伯区社会福祉協議会内)

北部サブセンター
管轄  安佐南区・安佐北区
広島市安佐南区中須一丁目38-13  082-831-1209
(安佐南区総合福祉センター5階 安佐南区社会福祉協議会内)

 ひきこもり相談支援センター

西部センター
運営  NPO法人青少年・自立・支援センタークロス
広島市西区楠木町一丁目8-11  (月・水・木・金・土)
082-942-3161

中部・北部センター
運営  社団法人広島県精神保健福祉協会
広島市安芸区中野東4丁目5-25 2階 (月・水・木・金・土)
082-893-5242

東部センター ・ サテライト
運営  特定医療法人仁康会小泉病院
三原市小泉町4245  (火・金)
0848-66-0367

③ 広島地域若者サポートステーション
「若者交流館」
広島市中区八丁堀16-14 第二広電ビル5階
082-511-2029

「ひろしま北部若者サポートステーション」
広島市安佐北区可部南5丁目13-21(安佐市民病院そば)
082-516-6557



「関連記事」・・・・① 「生活困窮者自立支援法」について(行政説明)          
           ② 「サポステ」の支援とは



ランキングに参加しています
応援よろしくお願いします

にほんブログ村













  1. 2016/06/29(水) 11:48:49|
  2. 「広島」支援情報マップ入門

「私の元気回復セルフプラン」

   「私の元気回復セルフプラン」


「元気回復行動プラン(ラップ)」と「コーピング」

最近、子供の頃からのあこがれのスターやスポーツ選手の方の、
闘病後のリハビリで頑張っている様子などが、テレビなどに映り、私も励ましをもらっています。
同じように回復のために頑張ろうという勇気をいただいています。
そこで、自分自身の元気回復プランを作って、実行することにしました。

元気回復行動プランの道具箱(ブログ内メニュー)より

・マインドフルネス   ・呼吸法   ・ヨガ   ・ストレッチ
・座禅   ・気功   ・太極拳   ・新体道   ・太氣拳   ・心身統一合気道
・白隠禅師の「軟酥の法」  ・ワカメ・コンニャク体操  ほか

できるだけ多くのメニューを集めた中から、
今現在の状態に見合ったものを取り出し、実践することにしました。

私の場合は、加齢により脊柱管が狭くなり神経を圧迫し、
足腰に障害が起きるというものなので、それからの回復を目指すことになります。

身体的には、
・マッサージ   ・指圧   ・温熱パック   ・ストレッチ
・気功   ・太極拳   ・自転車での散歩  ほかをおこないます。

心理的には、
落ち込みますので、以前は睡眠薬や抗精神薬を処方していただいていましたが、それを取りやめ、
・マインドフルネス   ・呼吸法   ・気功   
・イス禅   ・白隠禅師の「軟酥の法」、などをおこないます。

そして、新たの挑戦。
先日、以前ご指導していただいていた太極拳の先生から電話があり、
「陳式心意混元24式太極拳」のことを伺いました。
私が教わっていたのは公式太極拳でしたが、先生は、陳式太極拳の先生でもありました。
気功の要素をより多く取り入れ、ゆったりと移動動作も少ないので今の私には向いていそうです。
早速、ユーチューブを見ながら、練習を始めることにしました。

太極拳は、「動く禅」と言われているように、
マインドフルネスや禅の要素を含み、呼吸法やゆるやかな動きで、
心身両面にいいようなので、これをメインにやってみようと思っています。
まずは、24式のうち、6式までの動きを覚えることから始めるとしましょう。

そのほか、
・会合に出席   ・ボランティア   ・飲み会   ・事業所・施設、見学訪問   ・行事参加
・近所のワンちゃん「ポンちゃん」と遊ぶ   ・近所のノラ猫たちに遊んでもらう













ランキングに参加しています
応援よろしくお願いします

にほんブログ村








  1. 2016/06/28(火) 11:25:04|
  2. 「私の元気回復セルフプラン」

「会報だより」

    「会報だより」


本日「会報」が届きました、ありがとうございました。
いつも封筒に会報を入れ、発送するのが役目の役員を、
体調の都合で変わってもらい、受け取る側になりました。

来月の定例会のプログラムは、「ストレス低減について」となっています。
先日のNHKスペシャルの「キラーストレス」を見られて、
「日常生活の中で簡単に取り組めるストレス対策
(特にコーピングとマインドフルネスについて)、


ポイントについて説明しますので、体験して日常生活の中で実践してみましょう。」
とありました。

ちょうど、このブログでも取り上げたところでしたので、大変関心のあるものです。
体調を整えて出席できればいいのですが。

ちょうど、前日が「おやじの家族会」があり、
神経痛対策(冷え対策)で、ホカロン8個と冬山装備で、出席することに決めたばかりで、
2日連続が危ぶまれるところです。(冷えで、ケイレンを起こし歩行困難)

運が良ければ、「おやじの家族会」にも一度出席してみたいというメンバーがいるので、
誘い合って行くことにしましょう。

グループは違えど、ほぼ同じような課題を抱えているグループ同士。
お互いに交流して、同じ課題に取り組むときなど連携を取れればいいのではと思われます。
一緒に取り組めば、人数も増え、馬力アップとなりそうです。

情報交換では、就労支援事業所の情報をお伝えし、事業所への訪問活動が活発化し、
また、利用も始まっていて、今後も増えていきそうです。




自然音






ランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします

にほんブログ村









  1. 2016/06/27(月) 17:58:19|
  2. 家族会

「元気回復行動プラン」と、「コーピング」

   「元気回復行動プラン(ラップ)」と、「コーピング」


 「元気回復行動プランWRAP(ラップ)」
(著者 メアリー・エレン・コープランド)、より抜粋。

WRAP(ラップ)は、誰のために役立つか?
WRAP(ラップ)は、現在の状態を自分なりに改善したい、
あるいは、もっと人生を楽しみたいと思っている人なら、
だれでも用いることができます。

元気回復のプランづくりは、まず「元気に役立つ道具箱」を作ります。
この道具箱に入るのは、元気を保ち、又調子が悪くなってきたと感じた時に、
元気回復するのに役立つ技法や方法のリストです。

その時の状態に見合ったものを、リストの中から取り出して実践します。

「リスト 一例」
・ リラクゼーション   ・雑記帳をつける   ・運動・散歩・読書
・ 創作、娯楽、励みになる活動   ・栄養と食事に配慮
・ 光を浴びる   ・深呼吸のエクササイズをする   ・温パック、冷パック

・ サポートグループに参加   ・いい気分になるものを身に付ける
・ 自分が達成したことのリスト作り   ・何か笑える面白いことをする
・ 今現在、起きていることに集中し、感謝すること

・ 音楽を聴く、楽器を演奏、歌を歌う
・ 祈りや瞑想など、何らかの別の精神性のコミニュケーションをとる


「コーピング」(ストレス解消法)
(NHKスペシャル2016年6月19日「キラーストレス第2回」より)
ストレスに向かう最前線の対策
究極のストレス職場 : 宇宙でのストレス対策法

① ストレスがかかった時、どんな気晴らしをすれば気分が上がるのか、
あらかじめリストアップしておく。

② 些細なことでも、できるだけリストアップする。(書き出す)

③ いろいろなストレスがかかるたびに、そのストレスに見合った気晴らしを行います。

④ その結果、ストレスが減ったかどうかを自分で判断。
結果を点数化してみる。10点満点で点数をつける。
「気分と行動の関係に気付く、
その行動がよかったら、その行動を繰り返して習慣化することが重要。」

⑤ 自分用のストレス対策を、できるだけたくさん書きだす。
質より量。(100個くらい)



「関連記事」・・・ ・「元気回復行動プラン(ラップ)」学習会参加
           ・ 「元気回復行動プランWRAP(ラップ)」           
           ・ 「ストレス対処法・コーピング」



癒しの風景と音楽





ランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします

にほんブログ村






  1. 2016/06/26(日) 12:52:01|
  2. 「元気回復行動プラン(ラップ)(動画)

おやじの家族会・雑感

   おやじの家族会・雑感


これまで、いろいろな家族会に参加させてもらってきました。

また自分でも小さな会をやってみました。
その中で、いろいろと気づくことがありました。

会の内容としては、グループミーティングが主にになりますが、
回数を重ねると、だんだん参加者も減り、衰退していくという現象でした。
内容の充実のほかに何が原因なのか、よく考えることがありました。

まずニーズの問題。それが求められているのかいないのか?広報の問題。
どれだけの人に知らせ、参加者に呼び掛けているのか?そして協力者の人数。
協力者はたくさんいるのか、単独なのか?そして、具体的な支援活動は?

これらの条件を、ほとんどクリアしないままやっていることが多く、
衰退も仕方ないのかもしれません。しかし当時は、あまり気が付かず、
その対策をほとんど取らずに、やっていたものでした。

わずかながらの商売の経験から言っても基本的なことなのですが、つい見過ごされ気味です。
又、商売ではないのだから、そういったものを持ちだされても、という空気感があるのかもしれません。
広報の問題は、少々気が引けるものかもしれません。

最近縁あって、「おやじの家族会」というグループに参加させていただきました。
1年余りで6回ほど会合をしていて、今回6回目に、初参加しました。

今後、親睦会にするのか、活動団体にするのか?活動内容は?情報発信は?
などみんなで話し合い決めていくようです。みんなの合議制というのが、楽しみです。
何か活動目標が決まれば、参加していくつもりです。
個人的には、ぜひ活動団体になってほしいのですが・・・・・

広報活動に関しては、できれば開かれた広報活動で、広く門戸を広げ、
多くの仲間の参加を呼び掛ける形になればと期待しています。

このグループには、まず社会的ニーズがあり、熱心な協力メンバーが多くいて、
広報活動をオープンにして参加者を増やし、より多くの協力者を増やしてていくならば、
必ず、役に立つ活動が広がるのではないかと期待しています。
次回の話し合いの結果を、待つことにしましょう。







ランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします。

にほんブログ村





  1. 2016/06/25(土) 19:36:33|
  2. おやじの家族会

家族会・雑感

    家族会・雑感


この10年ほどあまりで、いろいろな家族会に参加させてもらい、
いろいろな学習や、いろいろな経験をしてきました。
良かった面、まずかった面。これまで、まずかった面の反省をあまりしなかったのでは?
という疑問が残っています。

失敗面からの方が、学ぶものが多いように感じるので、
最近それを考えてみることにしました。
今後、その失敗の経験が生かせるとしたら、幸いだと思われます。

その時は、あまり気が付くことのないことも、あとでゆっくり考えてみると、
そこには今後に生かせる大きな教訓があったりします。

最近、これまでと違う土俵に参加し、
全く「無」の状態から活動を始めようというグループに参加することになりました。
これまでのもろもろの失敗点を見つめつつ、今後に生かしてみようかと考えています。


今回の、新しいグループは各グループの、おやじさん(男たち)だけが集まったグループになっています。
みなさん各グループで長く活動してこられた人達ばかりです。
それぞれの方たちが知恵を持ちより、活動していくことになると思われます。
次回がいよいよ、具体的な話し合いの会になります。

前回、少し意見が出ていましたが、情報発信について、
ホームページの作成がありましたので、決まれば参加していきたいものです。
いろいろな案が持ち寄られ、活動内容が決まれば動ける範囲で、
参加していこうと考えています。
ブログも、広報に少しでも役立てればいいのですが。


「関連記事」・・・・「おやじグループのセルフプラン」 (「ニート脱出」セルフプランを考える、より)




ランキングに参加しています
応援をよろしくお願いします

にほんブログ村













  1. 2016/06/24(金) 17:36:51|
  2. 家族会

「包括型地域支援プログラム」アクト

   「包括型地域支援プログラム」アクト


伊藤順一郎 精神科アウトリーチ論」
(動画内容案内)

第1部 ACTと病院におけるアウトリーチの取り組み

① 精神科アウトリーチシステム
「包括型地域支援プログラム」アクト

② 精神科アウトリーチシステム
病院でのアウトリーチ活動

アウトリーチチーム、ケース検討会
担当医師を除き11名
・看護師  ・精神保健福祉士  ・臨床心理士  ・作業療法士
・保健師  ・3名のピアサポーターほか
他職種で構成されたチーム
保健所に相談した家族の要請などで訪問支援等。

第2部  訪問看護と訪問型生活訓練
精神科アウトリーチのベースは、生活支援にある。

③ 精神科アウトリーチシステム
訪問看護活動

④ 精神科アウトリーチシステム
訪問型生活訓練

精神保健における、アウトリーチサービスの大きな要素に、
ストレングスモデルにもとずく、リカバリーの促進があります。
本人の希望や、目標を実現するための支援という考え方です。

リカバリーは、普通の市民社会の中の、暮らしの中から起こってくる。


「関連記事」・・・・「訪問型サービス(制度)」について


伊藤順一郎 精神科アウトリーチ論


















  1. 2016/06/23(木) 11:10:46|
  2. 訪問型サービス・アクト

「ストレス対処法・コーピング」

   「ストレス対処法・コーピング」


NHKスペシャル2016年6月19日
「キラーストレス第2回」 ストレスから脳を守れ
(動画内容案内)

ストレスが心の病に影響を与えるメカニズムが最近、明らかになりつつあります。
ストレスを受けると、
脳の中にある恐怖や、不安を感じる偏桃体が活動を始めます。


すると、脳から体に指令が出されて副腎から、ストレスホルモンが分泌されます。
ストレスホルモンは、心拍数を増やし、
血圧を上げるなどのストレス反応を、体に起こします。

このストレスホルモンの中で、今注目されているのが、コルチゾールです。
コルチゾールは一定量を超えると、
脳の一部を破壊することが分かってきました。(海馬の損傷等)

状況を悪化させるもう一つの仕組み。
記憶力、想像力によってストレス反応を起こします。
目の前の現実に対してではなく、過去や未来について考えをめぐらす状態を、
マインド・ワンダリング(心の迷走)。


「ストレス対策」
宇宙飛行士のストレス対処法
(宇宙航空研究開発機構JAXA)


コーピング(ストレス対処法)の手法

ストレスがかかった時、どんな気晴らしをすれば気分が上がるのか、
あらかじめストレス対策をリストアップ。(例えば、音楽を聴く、本を読む)
そのリストの中から、ストレスに見合った気晴らしを行う。
ストレスの観察・対策を、意識的・徹底的に繰り返す。

自分のストレスを、しっかり認識しながら対策を繰り返すことで、
前頭葉が活性化して、偏桃体の活動を抑制、心の健康を取り戻すことにつながる。
(前頭葉のコントロールを回復させる練習がコーピング)
コーピングは、数が多ければ多いほどいい。質より量。
書き出すのが大事。


「マインドフルネス」
マインドフルネス・ストレス低減法(マサチューセッツ大学医学部)
瞑想の、医学的効果を研究する中から生まれた。


やり方
① 体の力を抜き、背筋を伸ばして座る。 ② 体と呼吸に意識を向けその様子を感じる。
③ 浮かんできた雑念は考えない。 ④ 毎日10分程度から始める。

「なぜ今に注意を向けることで、ストレスを減らせるのか?」

マインド・ワンダリング(心の迷走)・(過去の記憶・未来の想像)→
→ストレスが再生産→コルチゾールが増産。

マインドフルネスは、
「今」に注意を向けることで、この連鎖を止めます。



   「キラーストレス対策・マインドフルネス」


 「キラーストレス」(NHKスペシャル)
(6月18日放送より)

数万年前、狩猟時代、人間の祖先たちは、
天敵の動物と戦ったり逃げたりしていた。
この時、ストレス反応によって、
瞬時に体が戦闘態勢がとれるようにするための、機能が出来上がった。

こうしてストレス反応で起こる体の機能は、生き延びるためのものであった。
天敵のいなくなった今も、ストレス反応の仕組みが残った。

複数のストレスが重なった時、キラーストレスとなる。

「ストレス反応の暴走」

複数のストレスの為・・・・ストレスホルモンの蓄積(心拍数も上がり、血圧も高くなる)
・ 大動脈の破裂    ・ 脳血管の破裂
・ 心臓 (自律神経の異常・・・・あやまって、心臓の筋肉の血管を締め上げる。心不全)

がん・・・・ATF3遺伝子が、ストレスホルモンでスイッチがONになり、
免疫細胞が働かなくなる。

血管の壁に細菌があり、ストレスホルモンにより作用して、
血管が破れる・・・・突然死

ストレス対策

① ストレスを避ける   ② 笑う  ③ サポートを得る   
④ 運動する・・自律神経の調整になる。脳の構造まで変える
⑤ マインドフルネス


「ストレスから脳を守れ」(NHKスペシャル)
(6月19日放送より)

マインドフルネス
アメリカ心理学会も、ストレス対処法として推奨。
新しい心理療法。

マサチューセッツ大学医学部
8週間のマインドフルネスプログラムを実施後、
体の状態・・35%軽減   心の状態・・・・・40%軽減

脳に嬉しい変化
海馬・・・・5%増加
偏桃体・・・・5%減少 (ストレスへの過敏反応が抑えられる)











  1. 2016/06/21(火) 17:36:10|
  2. キラーストレス

「キラーストレス対策・マインドフルネス」

   「キラーストレス対策・マインドフルネス」


 「キラーストレス」(NHKスペシャル)
(6月18日放送より)

数万年前、狩猟時代、人間の祖先たちは、
天敵の動物と戦ったり逃げたりしていた。
この時、ストレス反応によって、
瞬時に体が戦闘態勢がとれるようにするための、機能が出来上がった。

こうしてストレス反応で起こる体の機能は、生き延びるためのものであった。
天敵のいなくなった今も、ストレス反応の仕組みが残った。

複数のストレスが重なった時、キラーストレスとなる。

「ストレス反応の暴走」

複数のストレスの為・・・・ストレスホルモンの蓄積(心拍数も上がり、血圧も高くなる)
・ 大動脈の破裂    ・ 脳血管の破裂
・ 心臓 (自律神経の異常・・・・あやまって、心臓の筋肉の血管を締め上げる。心不全)

がん・・・・ATF3遺伝子が、ストレスホルモンでスイッチがONになり、
免疫細胞が働かなくなる。

血管の壁に細菌があり、ストレスホルモンにより作用して、
血管が破れる・・・・突然死

ストレス対策

① ストレスを避ける   ② 笑う  ③ サポートを得る   
④ 運動する・・自律神経の調整になる。脳の構造まで変える
⑤ マインドフルネス


「ストレスから脳を守れ」(NHKスペシャル)
(6月19日放送より)

マインドフルネス
アメリカ心理学会も、ストレス対処法として推奨。
新しい心理療法。

マサチューセッツ大学医学部
8週間のマインドフルネスプログラムを実施後、
体の状態・・35%軽減   心の状態・・・・・40%軽減

脳に嬉しい変化
海馬・・・・5%増加
偏桃体・・・・5%減少 (ストレスへの過敏反応が抑えられる)



「関連記事」・・・・「マインドフルネス瞑想」(動画集・6記事)

(① 「100%今を味わう生き方」  ② 「大いなる鐘の音」
③ ティク・ナット・ハン「気づきの言葉」
④ マインドフルネス「涅槃、自由への道」・「グーグルでの取り組み」
⑤ 「グーグル社採用の瞑想法と、ソニーで研究した瞑想法の比較」
⑥ マインドフルネス瞑想とは?3名のマインドフルネス指導者が語る!)


















  1. 2016/06/20(月) 00:05:48|
  2. キラーストレス
次のページ