FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

風邪予防

      風邪予防


 「腸の改善法と風邪予防
        ”免疫力8倍UP快腸食材”」

(動画より~)

「風邪をこじらせるのは”疲れた腸”が原因」 

 体の免疫細胞・・・・60~70%が腸にある!

  ”風邪予防の最大のポイント”   
 腸は食べ物のような必要なものは吸収。
    病原体のような毒となるものが入ってきた場合、
    それを判別して、はねのける働きが免疫細胞。

      例えると(免疫細胞は)病原菌と戦ってくれるガードマン。
        免疫細胞=ガードマン
      免疫細胞が正常に働く場合➡病原菌が入ってくると
                ➡ガードマンが見つけて倒す➡風邪をひかない

「腸内環境に関係する病気」   
   ・肝臓がん  ・大腸がん  ・肝臓がん  ・心臓病
   ・花粉症  ・アトピー性皮膚炎  ・風邪

「どうすれば免疫細胞が働いてくれるのか?」  
   ・腸内環境をよくするには、善玉菌を増やすことが大事。
    善玉菌は免疫細胞のガードマンをしっかり働かせてくれます。

 ”腸内環境をよくする善玉菌の増やし方とは?”      
    ➡ヨーグルトを食べる。・・・・いつが効果的?➡食後
           食前・・・・胃酸で多くの乳酸菌、ビフィズス菌が死ぬ。
           食後・・・・多くの乳酸菌やビフィズス菌が生きたまま腸へ。

    ”風邪の予防”・・・・ヨーグルト+キウイ
             (キウイ・・・・善玉菌を増やす・キウイの食物繊維は高品質で腸に最適)
    ”風の治りかけ”・・・・ヨーグルト+バナナ
             (バナナ・・・・カリウムの利尿作用で毒素を排除)

「ヨーグルトに匹敵する腸内環境をよくするデザートは?」
   ナタデココ・・・・酢酸菌(ビフィズス菌を増やす)
「腸にいいお酒とは?」・・・・マッコリ(乳酸菌が豊富➡善玉菌が増える)

「腸の免疫力を最大限にアップ」  
   ”玉ねぎ”・・・・アリシンが豊富➡ビフィズス菌をがんばらせる。
            オリゴ糖が豊富➡善玉菌のエサになってくれる。
            食物繊維

         ”マリネ”・・・・玉ねぎのアリシンは、切ると出てくる。
                  オリーブオイル(オレイン酸➡快腸)
                  魚➡DHA・EPA(血圧やコレステロール値を正常にする。







 ~私の「元気回復道具箱」~

                     ”元気回復本棚”・・・・キラーストレス 心と体をどう守るか (NHK出版新書)

「キラーストレス」(NHKスペシャル)
(6月18日放送より)
数万年前、狩猟時代、人間の祖先たちは、
天敵の動物と戦ったり逃げたりしていた。
この時、ストレス反応によって、
瞬時に体が戦闘態勢がとれるようにするための、機能が出来上がった。

こうしてストレス反応で起こる体の機能は、生き延びるためのものであった。
天敵のいなくなった今も、ストレス反応の仕組みが残った。

複数のストレスが重なった時、キラーストレスとなる。

「ストレス反応の暴走」

複数のストレスの為・・・・ストレスホルモンの蓄積(心拍数も上がり、血圧も高くなる)
・ 大動脈の破裂    ・ 脳血管の破裂
・ 心臓 (自律神経の異常・・・・あやまって、心臓の筋肉の血管を締め上げる。心不全)

がん・・・・ATF3遺伝子が、ストレスホルモンでスイッチがONになり、
免疫細胞が働かなくなる。

血管の壁に細菌があり、ストレスホルモンにより作用して、
血管が破れる・・・・突然死

ストレス対策

① ストレスを避ける   ② 笑う  ③ サポートを得る   
④ 運動する・・自律神経の調整になる。脳の構造まで変える
⑤ マインドフルネス
                       (「キラーストレス対策・マインドフルネス」より~)

「遠路よりご来訪
ありがとうございます」
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村






スポンサーサイト



  1. 2017/01/30(月) 12:26:27|
  2. 健康法

冬の雨

       冬の雨


昼前から、冷たい小雨が降ってきました。
今日は、街中では、「ひきこもり大学」と「支援団体の合同説明会」が
開催されるのですが、私のほうは神経痛の為欠席となります。

昨年は、まだ何とか参加できたのですが、
残念ながら年々、自然に任せるしかありません。
なので、私のほうは家でボツボツとパソコンに向かうことにましょう。
1月下旬から2月上旬が寒さの厳しい時期になりますので、
健康にお気を付けください。



「冬の雨」

今日は朝からしとしとと一日雨。

高倉健さん主演の映画「冬の華」ならぬ「冬の雨」。
これも情緒があっていいのかもしれない。
今はもう夜も更けてきて、外も静かになってきました。

明日は祝日の「成人の日」。

半世紀前の私の「成人式の日」はどうしていたのでしょうか。

出席することなく部屋でジッとくすぶっていたような記憶も、
消えてしまいました。

高校1年1学期で中退して以来、少しずつ始めた新聞配達と,
その後に続く牛乳配達で,細々と一人暮らしをしていた
アパートの部屋の記憶がかすかに残っています。

20歳頃はちょうど通信制高校を1年過ごした後、
夜学の定時制高校に2年編入したころでした。

夜学に通いながら、昼間は生活費を稼ぐため、様々なアルバイトを転々。
その後夜学の短大を卒業するまで、
定職に就くことなくフリーターで過ごすことになりました。
                                          
                                       (「ニート脱出セルフプランを考える」より)


「坐禅でお世話になった仏通寺さん」





  ~私の「元気回復道具箱」~
                   私の尊敬する禅僧:澤木興道老師   沢木興道聞き書き (講談社学術文庫)

「澤木興道老師」語録

意気地なしで人からバカにされる?
自己をつかめばよい。
めいめいの特長のあるところを、しっかりつかめばよい。
自己は自己という処ににゅうっと立つ。
ここに安住するのである。


   自分はもう一生、ものを欲しがらぬ。
   頭を下げて人にものをくれとは言わぬ。
   あるいはまた人の欲しがるものは欲しがらぬ。
   食わしてくれれば食う、食えねば食わぬ。

   生きられるだけ生きる、死なんならん時は死ぬと、
   心がハッキリ決まった。
   このとき広々とした天空を仰いだような、
   何の引っ掛かりもない人生がそこに展開した。
   これほどの喜びはなかった。



この世の中は、いずれにしても大したことはない。
金持ちと貧乏、高官と下級官吏、
どちらにしても飯を食って糞をするだけである。

ここで一番、思い切って人生という川に自分からパッと飛び込む。
無目的に追い込んでアップアップやって息を切らすか、
ウワーと一番、飛び込むか、これだけの違いである。
これが人生を遊ぶのである。


         私はこの歳になっても座禅はいつも初心である。
         坐禅になれてしまったらそれはウソの坐禅になってしまう。
         慣れた坐禅はクソの役にも立たん。
         いつでも真新しい坐禅をしなければならぬ。
         だから初発心の時が一番良い。
         慣れっこになったのを熟練したと思ってはならぬ。


人生も仏法も夢の中の夢物語である。
人に知らそうと思ったときは、それはもう間違いである。
無言の行者が「もの言わぬのはオレ一人じゃ」と、言うたと同じことである。


         何にもならぬことが一生できることは、まことに気楽なことだ。
         つまり何にもしようと思わないで坐ることから、
         何にもならぬ坐禅ができるわけである。
         何にもしようと思わず、とうとう今日まで来てしまった。

                               
                           「関連記事」・・・・「座禅体験 禅昌寺編18歳」



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村訪問いただき
ありがとうございます          







  1. 2017/01/29(日) 15:57:58|
  2. 「日誌」  一期一会

インフルエンザ予防

      インフルエンザ予防


 「インフルエンザ一問一答
     みんなで知って、みんなで注意!」

(動画より~)

「インフルエンザの感染力は非常に強く、
      日本では毎年約1千万人、約10人に1人が感染」


①風邪とインフルエンザの違いって?   
  病原体が違います。
     風邪(感冒)・・・・ライノウイルス、アデノウイルスなど様々~
     インフルエンザ・・・・インフルエンザウイルス

   症状   風邪(感冒)・・・・主に鼻水やのどの痛みなど局所症状。 (1年をとうして)
         インフルエンザ・・・38℃以上の発熱、せき、のどの痛み、全身の倦怠感、
                     関節の痛みなどの全身症状。 (1月~2月がピーク)

②インフルエンザA型B型の違い   
   ・A型・・・・H1N1 1977年(ソ連型)~、2009年(新型)~
         H3N2 1968年(香港型)~
    B型・・・・A型に比べてひろがりにくい、重症度もやや低い。

③感染・・・・飛沫感染、接触感染
④感染しない方法・・・・感染経路を断つことが大切です。
              ・感染しやすい場所は人が多く集まる場所・・・・学校・職場・満員電車
              ・手洗い・・・・手の甲・爪先・指の間・手首 アルコールを含んだ消毒液
              ・栄養と睡眠を十分とり、抵抗力を高める。

⑤症状が重くなりやすい人・・・・お年寄り・お子さん・妊婦さん
                    ・持病のある方・・・・慢性閉塞性疾患・喘息・糖尿病など
⑥症状・・・・38℃以上の発熱・せき・のどの痛み・全身の倦怠感
⑦医療機関・・・・内科・小児科・かかりつけ医

⑧どうやって治すの?・・・・抗インフルエンザウイルス薬 
                    (経口薬・吸入薬・点滴薬)
                 ・水分の摂取
⑨インフルエンザにかかった時、特に気をつけること  
   ・他の人にうつさないことが大事です。
   ・1時間に1回程度換気する。
   ・せきが出るときは、患者さんはマスクをつけましょう。
   ・熱が下がった後も、2日程度は他の人にうつす可能性がある。
      症状が治まっても、2日ほど学校には行かず自宅療養することが望ましい。

⑩せきエチケットとは?   
   せきやくしゃみをする時は、飛沫が跳ばないように。(顔をそらせ、袖で覆う)
   ティッシュなどで口や鼻を覆う。マスク着用が推奨されている。




リラックス音楽






 ~私の「元気回復道具箱」~ 
                     私の尊敬する人:澤木興道老師(禅僧) 禅に聞け―澤木興道老師の言葉


「澤木興道老師」  
    ・各地の道場を転々とし、「移動僧堂」・「宿無し興道」と称された。
    「何にもならんもののためにただ坐る」という只管打坐を貫き、
    その一生を通じて実践して見せた。 「無所得・無所物」の思想と実践。

 「語録」  
   屁ひとつだって、人と貸し借りできんやないか。
              人人みな「自己」を生きねばならない。
   お前とわしとどちらが器量がいいか悪いか
              そんなこと比べてみんかてええ。

   三昧とは、自分ぎりの自分であり、自性清浄心である。
              坐禅だけが、自分ぎりの自分であることができる。
   坐禅以外のときは、いつでも他人より勝れたい、
              他人より楽しみたい根性が出てくる

   何にも後悔することはない、自分が負ければ向こうが勝つ
               神様からみれば同じことだ

   目の代わりを鼻ではできぬ、耳の代わりを口ではできぬ。
               みな天上天下唯我独尊である。

   人間はいつの間にか「私」が入ってしまう。「ああよかった」
               何が良かったのかといえば「私が良かった」というだけの話じゃ。

   われわれには、ユガミがホンモノのような顔してひっついておる。

   「なんにもならないこと」を自信を持ってしておるところが、おもしろいではないか。


                                   「関連記事」・・・・「17歳 初心者仏通寺編」

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
お立ち寄りいただき、
ありがとうございます。
               
   
   






  1. 2017/01/28(土) 16:30:57|
  2. 健康法

孫子(後編)

        孫子(後編)


 「100分で名著 孫子」
(動画より~)

「第3回 勝つための知略」  

  戦略➡詭道(だます)・・・・詭道こそが勝敗を決める。
                  消耗戦にしない、これが理想の戦い。
                  そのためには様々な戦略が必要。知恵が勝敗を決める。

  ”情報”・・・・「彼を知り己を知れば 百戦して殆からず」
           (情報収集+自己分析)
          ・スパイ・間者・・・・スパイ(捨て駒のような存在) スパイの重要性。
          ・「情報」を大事に。「情報」にお金をかけなさい。

「利をちらつかせよ」・・・・「利」で動く人間
                   人間は利害で動く。
                   相手にとって何が利なのか。

「三十六計」・・・・明の時代に書かれた、
           中国兵法のエッセンスをまとめたもの。
           三十六計目・・・・「走る(逃走)を上と為す」(三十六計逃げるが勝ち)
                      (兵力を温存して、いったん撤退する。必ず反撃リベンジの機会がある)


「第4回 勢いを作り出せ!」
   
   武田信玄・ナポレオン・本田宗一郎・松下幸之助も、
   「孫子」の読者だったと、言われています。
   彼らが目指したのは、部下のやる気を引き出す組織を目指すことでした。

 ”組織”・・・・チームでどう勝つか。チームに火をつける。

 「勢いのある軍隊とは」  
   ”集団のエネルギーをどう保つ?”
      ・共通の「利」があるから協力する。
      ・当時の兵はプロではない。基本的に、やる気はない、逃げて帰りたい。
      ・「理想の軍隊とは」・・・・風林火山➡臨機応変の機動性

「孫子」の思想とは・・・・   
  「夫れ兵の形は水に象る」
    ・理想は”水”・・・・自分を取り巻く環境、職業によって言動や思考が固まってしまう。
                それを打破するのが”水”の思想。

 ”哲学”の書・・・・戦争の経験を思想のレベルに昇華
             (経営論・スポーツ・処世訓など、さまざまに応用)
                孫子は”哲学者”



「リラックス音楽」




  ~私の「元気回復道具箱」~       
              趣味:リラックス法「気功・太極拳」より~

「太極拳・気功の先生」

先日、太極拳の先生から、お電話がありました。

以前、先生の教室で、太極拳と気功を習っていたのですが、
脊柱管狭窄症の神経痛の治療のため、長い休みを取らせていただいています。

最近は、陳式心意混元24式太極拳も,教えておられるとのことでした。

以前習っていたのは、簡化24式という公認太極拳のようです。
最近は練習をしていないので、ほとんど忘れてしまっています。
気功の法は、大変興味があったので、今も大変役立っています。

入門時はよくわからなかったのですが、先生のプロフィールには、一番最初に、
陳式心意混元24式太極拳普及指導員とあります。

最近、時々、動画を見ながら見様見真似で練習をしています。
気功の要素が大きいので、柔らかな動きとなっていて、気持ちよさそうです。
                                 (「太極拳・気功の先生」より~)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
「寒い中、訪問いただき
ありがとうございます。励みとなります」











  1. 2017/01/27(金) 13:03:29|
  2. 孫子

孫子(前編)

        孫子(前編)    


 「100分で名著 孫子」
(動画より~)


「第1回 戦わずして勝つ!」   
    「孫子」の魅力・・・・即効性

    「孫子」とは13篇からなる書物。
            ・・・・著者は孫武(紀元前500年代に呉の王に仕えて活躍した。)
               当時は、「戦争の形が大きく変わった」時代。
               それまでの戦争はプロフェッショナルによる戦争。(美学・ルールに基づいた戦争)
                    ↓
               国家総動員体制の戦争になっていく。
               「孫子」の戦争感・・・・戦争は割に合わないもの
     
      ・事前の計画を重視     
      ・「五事とは何か」・・・・道・天・地・将・法
        客観的・合理的にポイント計算をする。
        「孫子」・・・「負けない」兵法

”戦わずして勝つ方法”    
    1 謀略戦   
    2 外交戦
    3 軍事力を使った戦争
    4 城攻め

 「孫子」の神髄・・・・「百戦百勝は善なるものに非ざるなり、
              戦わずして人の兵を屈するは、善の善なるものなり」 (謀攻篇)
            
              「主観・怒り、恨みで戦争を始めてはいけない」


第2回「心をつかむリーダーとは?」       
      (リーダー論・・・上司との付き合い方・部下操縦法)

  「将軍(リーダー)に求められる資質とは?」
      ① 軍令(=ルール)の厳しさ
      ② 将軍(リーダー)の威厳・・・・将軍:王から全権を任されて軍を動かす。
      (「現代・・・・中間管理職:現場の最高責任者」)

      ・将(リーダー)とは・・・・智(知性)、信(信頼)、仁(思いやり)、勇(勇気)、厳(厳しさ)なり
                                                          (形篇)
                    ・最も大事・・・・智 (一番大事なのは冷静な判断力)                      そして大事なのは全体的なバランス。

  「孫子」の部下操縦法・・・・道徳論ではない
                   どういう手順をとるべきか                 
                   冷徹な目が必要

 「将軍(リーダー)のあるべき姿」・・・・現場のことは現場の人間が一番よく知っている。
                                 最終的な判断は将軍(リーダー)に任せよ。
                       ・進んで名を求めず。(地形篇)
                       ・悲哀に満ちた存在。                        

   
  
「リラックス音楽」




   ~私の「元気回復道具箱」~
           私のブログの原点・「元気回復行動プランWRAP(ラップ)」


   私の元気回復行動プランWRAP

 念願であった、元気回復行動プランWRAP(ラップ)の、
2日間集中講座を受講することができました。

元気回復行動プランWRAP(ラップ)は、
アメリカのメアリー エレン コープランドさんの発案です。

それぞれの人が、自分が元気になるための、
自分用の生活の知恵や工夫を考えたものを集めておき(道具箱)、
いろいろな場合に使っていくことになります。

私は、WPAPの思想の影響を受け、一年余り前ブログを書き始めるとき、
ブログ名をいろいろ考えましたが、なぜか回復道具箱になりました。


そして今回、集中講座でWRAPの全体の内容を学びながら、
自分自身のWRAPを作る作業をしてみて、改めて気が付いたこと。

それは、私のブログ自体が、自分自身の自分の為の、
元気回復行動プランWRAP(ラップ)なのだということ。


私はこれからも、自分の想いのまま、気の向くまま、ボチボチと、
自分自身のための自分用の、元気回復行動プランWRAP(ラップ)の道具箱(ブログ)を、
作っていくことになるのでしょうか・・・・・・

                
 「関連記事」・・・・「元気回復行動プラン(ラップ)」(7記事)






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 元ひきこもりへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。
励みになります。














  1. 2017/01/26(木) 11:58:55|
  2. 孫子

驚異のネギパワー

        驚異のネギパワー


 「ガッテン!インフル・肺炎・がんに効く
        世界で発見!驚異のネギパワーSP」

(動画より~)

”最新研究 ある野菜からとんでもない健康成分が!” 
 インフルエンザ・肺炎・肝炎・がん予防に
        効果がある成分が入っている野菜➡ネギ

 ◦ 「ネギのパワーが記された書物」・・・・農学書「大和本草」(貝原益軒著・1709年)
                                 (植物の薬効が書いてある)
 
 ・香りパワー・・・・風邪を寄せ付けない秘密!
             (実験) ネギの香りをかぐ➡体の体温が1度以上アップ
                   ネギの香り成分(アリシン)➡鼻に入ると血管が拡張して血流がアップ。
                                         ➡体の抵抗力を高める効果。

「風邪の予防!(ひきはじめに)」   
   ・ネギの首巻き・・・・昔からの知恵➡香りが血流アップさせていた
   ・ネギの首巻の作り方・・・・白ネギに切り込みを入れる
                     (細かく刻めば、アリシンもたくさん生まれます)
                    タオルで肌がかぶれないようにしっかり包む
                    (表面を加熱すれば香りが和らぐ)

「2003年・中国・・・・SARS(サーズ)・重症急性呼吸器症候群(新型肺炎)」               
     その時、サーズの影響を受けなかった地域
                 ➡「ネギの里」・山東省章丘・・・・中国有数のネギの産地
                                     ・習慣・・ネギの丸かじり・洗剤として使うなど。

「ある食べ方をすると免疫力UP効果」  
   ・IgA抗体‥1.5倍  ・マクロファージ5倍  ・ナチュラルキラー細胞3~4倍
   ・ネギの粘液(ヌル)に、免疫系を活性化する作用があることを見出しました。
   ・ネギの”ヌル”に免疫力アップパワー・・・白ネギの青い部分も捨てるべからず。

 ”青い部分の料理”・・・・ウエールズの料理・・・カウル(ネギ・カボチャ・ポテト入り伝統スープ)
                              ・ネギパイ 
                              ・ウェルシュレアビット(ネギトースト)
                          (ネギを細かくスライス・バターでいため・牛乳、チーズ加え。
                                          パンにぬってトースターでやく)
                 
   「ネギの保存法・・・・冷凍保存(半分に切って新聞紙に包む)甘みもアップ」



 

  ~私の「元気回復道具箱」~
       
山頭火句集 (ちくま文庫)





     「関連記事」・・・・「山頭火」


秋風が吹くころ、いつも想い出す句。
この時期になると、16の頃秋、山を分け入り、
河原の竹やぶに入り込み、
孤独な自主トレをしていた日々の、
わびしい心情を思い出します。

毎日、自転車で家を出て、
今日は東、明日は西と、行くあてもなくさまよっていた日々でした。


「種田山頭火 俳句集」より

分け入っても分け入っても青い空

うしろすがたのしぐれてゆくか

だまって今日のわらじ履く


どうしようもない私が歩いている
しぐるるやしぐるる山へ歩み入る



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます。










  1. 2017/01/25(水) 00:03:15|
  2. 健康法

おなかスッキリ

       おなかスッキリ


 「ガッテン おなかスッキリ
         頑固な便秘を解消」
(動画より~)


”大腸の大ぜん動とは?”  
   ・夜寝ているときに、大腸は「起きている」、昼間は大腸は寝ています。
   ・大腸が「起きている」時に行っているのが「大ぜん動」
      (「ぜん動」・・・・ミミズやヘビなどが身をくねらせてうごめくような動き)

   ・「大腸の、ぜん動運動」・・・・食べたものを、腸のカベから栄養や水分を吸収しようと動かす運動。
    「大腸の、大ぜん動」・・・・食べ物を直腸まで運ぶために特化した動き。

   ・副交感神経が優位➡大ぜん動が起きる。
    交感神経が優位 ➡大ぜん動が起きない。

   ・大ぜん動が起きなくなる原因・・・・①寝る前に食事をする。
                         ②熟睡できていない。

”大ぜん動を止める真犯人”  
  ・大腸のガス・・・・腸内細菌が、食物を分解する際に出す、
              水素ガスやメタンには大腸の働きを遅くさせる働きがある。
              腸内細菌がガスを発生➡おなかがはる➡大ぜん動が起きない➡便秘

  ・「腸のガスを出す対策編」      
       「うつぶせゴロゴロ寝ポーズ」・・・・①うつぶせになり、お腹の下にクッションを置く(10分)
                            ②左右に5往復転がる。
                          (食後2~3時間は避けた方が良い。2週間くらい続けると・・・)

”便秘の真犯人は大腸にたまったガス
           :うつぶせポーズでガスを抜くこと!”




   ~私の「元気回復道具箱」~      
          (私の趣味 : リラックス法・自習用DVDのご紹介)
              矢山式気功法 小周天 [DVD]


「氣功・矢山式 プロフィール・クリニック紹介(小周天気功法01)
          (02以降はユーチューブにて)



   「関連記事」・・・・「小周天気功法(矢山式気功)DVDで自習」              
              「気功・矢山式(小周天気功法)」

矢山クリニック院長:矢山利彦先生
プロフィール
九州大学医学部第2外科。
佐賀県立病院好生館外科医長、東洋医学診療部長。
2001年矢山クリニック開院・西洋医学と東洋医学を融合させ、
「気」という生命エネルギーを生かす、総合的な医療を実践


”気とは何でしょうか?”
古い時代、東洋ではその存在をだれでも知っていました。
「気が付く」「気にする」「気になる」または、「天気」「病気」「勇気」など
気の状態を表す言葉は、現在も普通に使われています。

気は、人間が生まれつき持っている根源的なエネルギーであり、
トレーニングすれば、その力を生かしたりすることができるようになります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
ご訪問頂き
ありがとうございます。

   
  1. 2017/01/23(月) 15:21:04|
  2. 健康法

長生きホルモン

        長生きホルモン


 「ためしてガッテン 2015年10月28日
        長寿ホルモン放出!
  動脈硬化・メタボ・糖尿病 一挙解決SP!」

(動画より~)

”長生きホルモン”=アディポネクチン   
  長寿・・・・遺伝は3割、7割は生活習慣

   糖尿病や動脈硬化が改善!
   ”長生きホルモン”のパワー・・・・インスリンの働きを高め・糖尿病を改善することが分かった。
   長生きホルモンと同じ働きを持つ物質・・・・アディポロン(薬としての精度を上げるため研究中)

   ”長生きホルモン”・・・・
                  特徴1・・女性は長生きホルモンが多い。
                       男性ホルモンが、長生きホルモンの分泌を抑えると考えられる。
                  特徴2・・・喫煙は、長生きホルモンの分泌を抑える。
                  特徴3・・・内臓脂肪が多いと、長生きホルモンの量が少ない。

          ”長生きホルモン”は体のどこで作られているか?・・・・「内臓脂肪」              
            (内臓脂肪と長生きホルモンの間に、新たな関係が見つかりました)

            ・太る・・・脂肪細胞の数は増えない。細胞そのものが膨らむ。
                   (内臓脂肪が隙間なく膨らみ毛細血管を押しつぶす。
                      →酸素不足になりアディポネクチン(長生きホルモン)を出さなくなる)
            ・長生きホルモンは、健康な脂肪細胞から作られる。

”長生きホルモンを増やす方法”  
   ・生活習慣・食生活で長生きホルモンはアップする。
   ・「ダイエットや運動のきっかけがない、続けることができない」
             ➡できるだけ簡単で短期間で効果的な方法を考えた。

  ”壁ネクチン体操”・・・・ネクチン=くっつく
               ① 基本・・・かかとと、おしりと、背中と後頭部を壁にピタリとくっつけて立つ(3分間)
                 (内臓脂肪に刺激が入る。血流が良くなり、脂肪に養分が行くように)

               ② 壁から足ひとつ分前に出る。・・・右手で左側、左手で右側の壁をタッチ。
                  (声を出して30回・・・わき腹を効果的に使う)

               ③ 壁にくっつき手を上下に動かす。(羽ばたき3往復)
                  (声を出すとか笑い声をあげるのは、お腹に力が入ってよい刺激になる)

               ④ 羽ばたき+笑う深呼吸3回
         
”褐色脂肪組織・・・・成人の首や肩の周りにある、高い脂肪燃焼効果を持つ細胞。
                      ➡活性化➡内臓脂肪を燃焼させる。




     ~私の「元気回復道具箱」~



     「関連記事」・・・・私の趣味・リラックス法との出会い「白隠禅師の・(なんその法)」

  「軟酥」とは、その昔、牛乳を三日三晩煮詰めて作った
  クリーム状の「酥」という秘薬があり、高貴な人の薬として
  用いられていたといわれています。
  軟酥は、それを卵大に固めたバターのような秘薬です。

① 姿勢:椅子に腰かけ、膝が直角になる程度の高さで、
   足は肩幅に開いて、つま先の向きを平行、手のひらを
   上にして、太ももの上に置く。

② 光り輝く元気の源「軟酥」が頭の上にあると想像します。
   頭の上に少し重さを感じてきました。
   ゆっくりと呼吸します。
   あなたの体温で軟酥が少しずつ柔らかくなって溶けてきました。

③ あたりは何とも言えない良い香りが漂ってきました。
   溶けだした軟酥が、あなたの体をゆっくりと流れていきます。
   温かくとろ~りと、疲れやいやな思いもすべて押し流して 
   軟酥がじんわりとあなたを満たしていきます。





      ”お時間がありましたら、ふらりとお立ち寄りください”            
          管理人ブログ・・・・「ニート脱出」セルフプランを考える       

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
ご訪問いただき
ありがとうございます
                            
           

                   







  1. 2017/01/22(日) 13:23:33|
  2. 健康法

マインドフルネス瞑想とは?

       マインドフルネス瞑想とは?


「マインドフルネスとは?
       {精神科医・樺沢紫苑}」

(動画より~)

   
   「マインドフルネスの教科書」藤井英雄著 (参考)~

「マインドフルネスの定義」  
  ・”今ここ”の現実にリアルタイムか
  ・客観的に気づいていること
  ・あるがままの現実をあるがままに感じること

  ・”今ここ”という感覚・・・・今感じている・考えていることに、
                  注意を向けるのがマインドフルネス。
     マインドフルネス的でないこと・・・・今じゃないことに注意を向ける

「不安」  
  ・過去にフォーカスしてしまう
  ・人間の不安というのは、将来を考えることによって起きる。
  ・”今ここに”が不安から解消してくれる。・・・”今ここに”いる自分こそすべて

  ・将来未来は予想に過ぎない。・・・・考えた不安の90%以上は実現しない。
  ・不安は「取り越し苦労」・・・・私たちは不安を勝手に作り出し、
                    勝手に悩んで落ち込んでいる現実。

「不安に対する処方箋」 
   ・マインドフルネスの考え方が有効
  
    ~マインドフルネスのやり方~
 ”呼吸瞑想”・・・・腹式呼吸でお腹を膨らます・へこます
            ふくらむ・へこむ・ふくらむ・へこむ (頭の中で唱え続ける)

 ”歩行瞑想”・・・・歩いているとき、右・左・右・左
            いま右足(左足)を出している・・・・頭の中でつぶやく

「”今ここ”に注目して未来を考えない」  
  お腹のふくらみ・へこみに注目。
  簡単なトレーニングから始める。
  未来に対する不安を考えなくなる。


「関連記事」・・・・「マインドフルネス瞑想」(15記事)
            (坐る瞑想  ・歩く瞑想  ・自分への帰郷  ほか) 


 
      

   

     ~私の元気回復道具箱~

   マインドフルネス瞑想入門 (吉田昌生)

マインドフルネスとは?
「今という瞬間瞬間に対して、評価や判断を入れずに、
意図的に注意を払うことによって、実現される気づき」(ジョン・カバットシン)
「今、ここ」+「ジャッジしない」=「気づき」

マインドフルネス瞑想のルーツ。
・ 仏教の止観の瞑想法

・ 止 (サマタ瞑想)・・・・心の動きを止める、禅定
               一点集中型、対象を定め、ズレたら戻す。心が静かになる。
               呼吸の感覚に注意を向ける 

・ 観 (ビパッサナー瞑想)・・・・観察=気づき
                   開放的な集中、あるがままを観察する

   「関連記事」・・・・「メンタルとしての坐禅・マインドフルネス」







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村
訪問いただき
ありがとうございます




  1. 2017/01/21(土) 00:03:15|
  2. 「マインドフルネス瞑想」(動画集)

免疫力アップ技

       免疫力アップ技


 「ためしてガッテン”肺炎・糖尿病に勝つ!
            筋トレで免疫力アップ技」

(動画より~)

”筋肉は命の財産といっても良い”  
 病気と闘いやすくなる

 「筋肉が衰えると・・・・肺炎・腎臓病・心筋梗塞・
                 糖尿病・動脈硬化・敗血症」

 「筋トレするとリンパ球が増える・・・・強い体になる
      (リンパ球・・・・ウイルスや細菌と闘って体を守る)

”ピンチになると筋肉は何をするのか?” 
  ピンチ(病気)のとき、筋肉からグルタミンが供給されて、
  ”リンパ球が増える”と考えられる。
  風邪や肺炎になると筋肉を分解➡グルタミンがたくさん出てくる。
  
     グルタミン・・・・筋肉の中にたくさん含まれているアミノ酸。
             (命の源ともいえるような成分・生命を維持するのに重要)
  
  ・筋肉を増やすと・・・・病気の予防・治りやすくなることが期待。

”サルコペニア”(筋肉減少)  
  危険な筋肉の衰え(サルコペニアの見分け方)・・・・片足で靴下がはけない
                                  ビンのフタが開けにくい
                                  わたる前に赤信号に変わる

”研究続々!筋肉の役割”  
  ・糖を取込み糖尿病になりにくくなる。
  ・ホルモンを出して動脈硬化を防ぐ。

”簡単筋トレ・インターバル速歩”  
  ①ややきつい速歩3分・・・・本人が速歩きだと思えばOK。
                   3分速歩きをしたら歩いてよい(1回5セットを週4回)
  ②30分以内に牛乳・・・・筋肉の損傷を修復するため、
                  アミノ酸がどんどん取り込まれる。
                  運動後30分~1時間以内にアミノ酸を含む乳製品をとる。



  

   「関連記事」・・・・「詩集 二度とない人生だから」 坂村真民さん」

 ~私の元気回復本箱~ 
   
    (詩集「二度とない人生だから」坂村真民さん、引用)
         (最初の節です)
     二度とない人生だから
     一輪の花にも
     無限の愛を
     そそいでゆこう

     一羽の鳥の声にも
     無心の耳を
     かたむけてゆこう

     二度とない人生だから
     つゆくさのつゆにも
     めぐりあいのふしぎを思い
     足をとどめてみつめてゆこう









訪問いただき
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村








  1. 2017/01/19(木) 00:03:23|
  2. 健康法
次のページ