FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

人生の選択

      
        縺ゅ@・狙convert_20170429224143
       


     ”人間は考える葦である”


 「100分で名著 パスカル・パンセ
           ”人生は選択の連続だ”」
              (動画より~)


 ”ブレーズ・パスカル”(1623~62)
      17世紀フランスを代表する哲学者
      代表作「パンセ」(1670)
       (私は、人間のあらゆる不幸の原因を発見してしまった。)

      「パンセ」・・・・全部で924の断章からできている。
               長くて数ページ、短いものなら一行。
               どこでもいいから開いて読む。
                          
            あし30

               「もしクレオパトラの鼻がもう少し低ければ、世界の歴史は変わっていただろう。」
               (世界の、むなしさについて。
               世界は、ほんの小さな原因で、ものすごく大きな結果が生まれてしまうこともある。)


 ”仕事ってどうやって選んだらいいの?”

     パスカルの言葉~「パンセ」(断章97より~
   「一生のうちで一番大事なのは、
    どんな職業を選ぶか?これに尽きる。
    ところが、それは偶然によって左右される。
    習慣が、石工を、兵士を、屋根葺き職人を作るのだ。」
 
       (状況によって逆に決められる。)

         「習慣がいろんな職業を作る」
           ・習慣・・・・広い意味での環境。置かれた環境に左右される。
           ・偶然や習慣によって、必然的に職業は決まっていく。

 ~「パンセ」断章138より~
    「人は、屋根葺き職人であろうとなんだろうと、
     生まれつき、あらゆる職業に向いている」
       (忙しく働いていれば、自然に職業になじんでくる。
        向いているかどうか考える時点で忙しくない。)


 ~「パンセ」断章129より~
    「われわれの本性は、運動のうちにある。
     完全な静止は死である。}

 ”科学の目で人間を見つめる”
あし10

    ~パスカル・ヒストリー~
        ・17世紀フランス、上流階級の家に生まれる。
        ・数学・物理の道へ。(科学者)・・・・「パスカルの定理」
                              「パスカルの原理」
                            (気圧の単位:ヘクトパスカル)

 ”「科学から人間へ」・(父との死別)
     「人間とは何か?」
   ・パスカルは数学者なので、「論理を徹底する」
   ・人間を分析することは、自分を分析すること。

 ”人間の願望にはキリがない!?” 
    ~「パンセ」断章109より~
   「私たちがどんな状態にいても、
    自然は私たちを不幸にするものである。
    私たちの願望が、幸福な状態というものを、
    私たちの心に、描き出して見せるからだ。」

   (私たちが幸せにたどり着いたとき、願望は、もう一歩先の
    よりパーフェクトな幸せを作ります。その結果いつも不幸。)
 

”選択する苦悩”

    自由を与えられた人間の究極の悩み

   「自我をどのように使ったらいいか?」
      自我パイ・・・・(自我を一つのパイに例える)
              ・飢えのある社会では、自我パイを配分する必要がある。
                 (親、兄弟、その他・・・・自我の使い方も、自動的に決まってしまう。)

               しかし、飢えのない社会では、自我パイを1人じめできる。
               自我の使い方も自由。
               どのように食べたらよいか悩みが生まれます。
               豊かになればなるほど、選択肢が増え続けてしまう。




   ~活用できる社会資源~                    花28
          

 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


  
  
訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



 


     
   








スポンサーサイト



  1. 2017/04/29(土) 11:03:01|
  2. 哲学者パスカル

遥かな轍(わだち)・田原坂

    西郷70




   雨は降る降る
   人馬は濡れる

     越すに越されぬ
       田原坂



 「その時歴史は動いた
      ”さらばサムライ西南戦争”」
             (動画より~)


 ”明治10年”(1877年)
   九州の地で一大反乱が起ります。
   政府に異をとなえて決起したのは薩摩武士1万3千。
   リーダーは明治最大の功労者・西郷隆盛。
     (サムライの意地対、物量にまさる政府軍)

 ~西南戦争の真実~
  ”西南戦争はなぜ起きた?”


   「山県有朋」・・・・長州藩士(最下級の武士)   山県有朋1

             明治政府で、西郷隆盛(上司)と山県有朋(部下)の関係。
             西郷が山形を陸軍卿に引き上げる。

   「徴兵制施行」・・・・明治6年1月。
   「廃刀令」・・・・明治9年3月。
            武士のシンボル日本刀を取り上げられ、士族の誇りが傷つく。
   「秩禄処分」・・・・明治9年8月。
              士族の生活を支えていた禄の支払いを、段階的に打ち切り。

 ”武士の誇りと暮らしを奪われ、各地の士族は反乱を起こす。”
   ・佐賀の乱   ・神風連の乱
   ・秋月の乱   ・萩の乱

 ”明治政府を去った西郷隆盛は鹿児島で私学校設立。”               西郷隆盛2

    800人近い薩摩藩士達が集まり、文武両道の鍛錬。

    明治10年2月5日・・・・西郷隆盛
                    「もう何も言うことはなか
                    おはんたちがその気なら
                    おいの身体は差し上げもうそう」
       (2月14日、薩摩士族1万3千人鹿児島を出発)

 ”「政府に尋問の筋これあり」・・・・政府に事前に通告。
                      西郷は鹿児島士族の決起を、大義名分のあるものにしたかった。
                      盟友・大久保利通と士族の将来を話し合いたかった。
 
 ”陸軍卿・山縣有朋”
      「西郷の性格を考えれば、薩摩士族を見捨てることはできないだろう。
       であれば、こちらも戦うしかない。」
          (明治政府、そして山県自身の存亡をかけた戦い。)

 ”田原坂の戦い”           最後79

     田原坂は熊本城の北20km。
     3月4日午前6時・・・・田原坂の戦い始まる。政府軍1万5千、薩摩7千。
     政府軍・苦戦。
     3月11日・・・・山形総攻撃を命じる、敗走。・・・4度の総攻撃失敗。
              「越すに越されぬ田原坂」
     3月20日・・・・政府軍・田原坂突破。

 ”西郷隆盛・9月
    鹿児島・城山に立てこもる。
    9月24日・・・・政府軍・城山を総攻撃。
    9月24日・・・・西郷「もうここでよか」


 ”明治22年”・・・・西郷隆盛・名誉を回復する。

 ”明治31年”・・・・東京上野に西郷像建立。
             山縣有朋の祝辞・・・・「私はかつて、あなたに政府で仕え、
                           国事に関する教えを請いました。
                           ながく、熱い友情をかわしました。
                           私は悲しんでいます。
                           あなたとの交わりを、全うできなかったことを。」



西郷72

        「遥かな轍(わだち)」 (作詞・小椋佳、作曲・堀内孝雄)

     こうとしか生きようのない 人生がある 
     いつかお前が したのまぶたに
     涙浮かべて 熱く語った 
     あの日二人の にぎりこぶしも
     思い映して 汗ばんでいた


     心の中に それぞれの
     聞き分けの悪い わらべ心さわぎ
     重なり合わぬ 虹飛んでいた

     男の中の 蒼くさい
     狂おしい夢が 激しく駆け抜けて
     遥かな轍 描き込んでいる

     こうとしか生きようのない 人生がある
     せめて消せない 轍を残そうか
                           

    

   ~活用できる社会資源~            風景57
                
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


  
  
訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



 


 





  1. 2017/04/28(金) 12:53:23|
  2. 歴史の教訓

江戸城無血開城

     勝海舟2    江戸城1



 「その時歴史が動いた
      勝海舟 江戸城無血開城」
 
            (動画より~)

 ”幕末” 
  「禁門の変」・・・・幕府と長州藩が武力衝突・・・元治元(1864)年7月
              (幕府側は薩摩藩の活躍で長州軍に勝利)

 ”勝海舟と西郷隆盛の運命の出会いとは” 
     西郷隆盛(薩摩藩士は、)元治元(1864)年9月、
     幕府の方針を聞くため、幕府軍艦奉行・勝海舟を訪れた。

     その時の勝海舟の言葉・・・・「今の幕府は私利私欲に走る役人が、
                        威張りかえっているありさま。
                        政権を担う力はもはや幕府にはない。」
                             (諸藩連合の国家構想を説く)

                       勝海舟の国家構想は、4年前渡米した経験から生まれた。
                         (咸臨丸・艦長)
                       勝は民衆が政治に参加する共和制こそ、国を強くすると実感した。
                       勝の新しい国家構想は、西郷を諸藩連合・反幕府へと動かした。
                         (勝と西郷の出会いが明治維新の第一歩)
                         (意気投合した勝と西郷はやがて対立する)


 ”薩長同盟”・・・・勝の弟子、坂本龍馬の尽力で、薩長同盟が成立。(慶応2年・1866年1月)   坂本龍馬2


 ”第二次長州征討”・・・・慶応2年・1866年、幕府は長州藩に出兵。(15万)
                薩長同盟で薩摩藩の武器援助を受けた長州藩は幕府軍に勝利。

 ”大政奉還”・・・幕府が政権を朝廷に返上。(慶応3年・1867年)10月
            (政治は幕府を含む諸大名の会議で決める)

 ”新政府樹立”・・・・西郷隆盛ら討幕派は大政奉還を否定、新政府を樹立した。・・・・「王政復古」
 ”鳥羽・伏見の戦い”・・・・旧幕府軍と新政府軍が武力衝突。(慶応4年1月3日)
                  (旧幕府軍は敗北・江戸城へ。
                   西郷は旧幕府勢力一掃のため進撃を決める)
 
      「新政府軍が江戸に向けて進軍(慶応4年2月15日)」
      「新政府軍迫るの噂に、江戸は大混乱に陥る。」

 ”勝海舟は新政府との交渉の全権を担う”
    「山岡鉄舟」・・・・1868年(慶応4年3月)戊辰戦争の際、     山岡鉄舟5

               勝海舟の使者として駿府に行き、西郷隆盛と会見して、
               江戸開城についての勝・西郷会談の道を開いた。
               西郷の江戸総攻撃中止の条件は、厳しいものだった。

       「新政府軍の江戸総攻撃は3月15日だという情報が流れる」

 ”勝海舟・西郷隆盛の会談”(慶応4年3月14日)         勝海舟20

        西郷隆盛「明日の江戸総攻撃は中止する」

 ”江戸城無血開城”・・・・慶応4(1868)年4月11日


    ”その後”
 明治に西郷は政府の要職に就いた後、野に下ります。
 明治10年・西南戦争。朝敵として散っていく。

 勝は、西郷の名誉回復に奔走した。
 名誉を回復した西郷の銅像が東京上のに建てられた。(明治31年)
 その一ヶ月後、勝海舟・死去。

    ”勝が西郷の為に建てた碑” 
       「・・・・・・・・・・・・・・
        ああ君        よく我を知れり
        而(しこう)して    君を知る
        亦(また)       我に若(し)くは莫(な)し」
 
                (君ほど私をよく理解してくれたものはいない。
                 そして、私以上に君をよく理解するものは、この世にはいない。)

             西郷隆盛20




    ~活用できる社会資源~            風景57
                
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


  
訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 





                        

     






  1. 2017/04/26(水) 11:55:41|
  2. 歴史の教訓

長州奇兵隊


       奇兵隊1
     



 山口県下関市
今から約150年前、幕末最強軍団が生まれます。
その名は「奇兵隊」


身分をこえた軍隊。
「能力」と「志」のあるものなら誰でも入隊。
高い戦闘意欲、近代戦術に習熟。

欧米の四国艦隊、下関砲撃事件に立ちむかい、
第二次長州征討で幕府軍を打ちまかし、

新政府軍の最新鋭部隊として(戊辰戦争)活躍。
明治の国民軍の先駆け。


 「高杉晋作・山縣有朋 奇兵隊・幕末最強軍団」   奇兵隊8

                  (動画より~)


 ”奇兵隊”・・・創設者「高杉晋作」・隊を率いたのは3か月。
          後を継いだのは「赤禰武人(あかねたけと)」(吉田松陰門下)

          最後のリーダーは、明治の陸軍を創設した「山県有朋」
          奇兵隊は倒幕戦争を勝ち抜き維新のヒーローに。

 ”奇兵隊 誕生・・・・高杉晋作のアイデア” 
            攘夷の名のもとに、長州藩外国船砲撃事件。
             「外国艦隊」からの反撃。
                ↓
             新たな軍隊の創設・・
               「有志をつのり一隊を創立し、名づけて奇兵隊といわん」
               「奇兵隊とは攘夷のための特別な軍隊」(強い自衛意識)
                  (農民、町民を募集約50%、武士50%)

    「各地で軍隊ブーム」・・・・朝市隊、遊撃隊、力士隊、ほかのべ400余り・・・「諸隊」
    「四国連合艦隊(英・仏・米・蘭)の攻撃
           ↓
     (長州藩がつぶれるか、無くなってしまうかもしれないという危機意識。)
  奇兵隊6   奇兵隊9



 ”禁門の変”・・・・元治元(1864年)7月
            長州藩は幕府軍(薩摩・会津)と京都御所で武力衝突し敗北。
            
 ”第一次長州征討”(幕府軍15万)

   長州藩は内部分裂・・・・正義派(尊王攘夷派) 対 俗論派(幕府に謝罪派)
                  奇兵隊リーダー赤禰は、俗論派との和平交渉・・・11月萩へ

   高杉晋作・・・・12月・諸隊に挙兵を説く。
               (武力蜂起が最大の危機を突破する手段)

            ・高杉晋作の挙兵に賛同したのは、遊撃隊と力士隊のわずか80人。  奇兵隊10

                (無謀な決起でした。)
                   ↓
            ・結果的に高杉的な一点突破が成功した。・・・・奇兵隊や諸隊も高杉の後に続いた。
            ・内戦勃発・・・・正義派が政権を取り戻す。

 ”幕府は第二次長州征討を決定”(慶応2年)
     ・奇兵隊新リーダーは山県狂介(有朋)
     ・幕府軍10万  対  長州軍3500 (正規軍・奇兵隊・諸隊、あわせて)
                     ↓
       長州軍は幕府軍に勝利。(幕府軍の統率のなさ、士気の低さが原因といわれている)

 ”戊辰戦争”・・・・慶応4年(1868)年1月
           山県有朋ひきいる奇兵隊は倒幕の主力部隊に変貌。
                 ↓
               故郷に凱旋
                  ↓
           山県有朋は、明治新政府に新たな軍隊創設を託され外遊。
                   ↓
              奇兵隊・諸隊兵士のリストラ
                    ↓
              明治2年12月諸隊反乱  





    ~活用できる社会資源~    さとり15

 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


   ~記事を投稿しました~・・・「統合医療と気功」(「ニート脱出」セルフプランを考える)

訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 







           


           

 
         








  1. 2017/04/24(月) 10:34:40|
  2. 歴史の教訓

英雄たちの選択

  明治維新


  140年ほど前の明治10年、
東京上野公園。
日本の近代化を象徴する大イベント。

「第1回内国勧業博覧会」開催
 ・1万4千の産品  ・入場者45万人 (102日間)

  

  「大久保利通”専制か 民主か?
           ~近代化への苦闘~」
              (動画より~)


 ”新たな国づくりの苦悩 大久保利通の選択”
   ・慶応4年(1868年)1月・・・・鳥羽・伏見の戦い
        (薩摩・長州の連合軍が旧幕府軍を倒す)

   ・明治政府を樹立・・・・ところが国づくりは困難を極めた  
   ・明治新政府の課題・・・・木戸孝允との確執
                   農民一揆
                   内乱勃発の危機

       「一大転機」・・・・欧米視察➡日本の進むべき道➡「殖産興業」(富国策)
                         (そのために作り出したのが巨大官庁「内務省」 設置
                          近代化を急ぎ、官僚主導の専制政治を行う)

 ”大久保利通”・・・・官僚政治を作った。 スーパー開発官僚。
             近代産業の生みの親。 統治の神様。 明治維新の立役者。

         ・慶応4年(1868年)3月・・・・新政府は五箇条の御誓文。
         ・藩や藩主、旧勢力が残っていた。
         ・新政府の財源・・・・全体の3割(旧勢力7割)

         ・明治2年6月・・・・版籍奉還
         ・明治2年(1869年)7月・・・・農民一揆(重税・大凶作)
         ・内乱の危機(薩摩藩クーデタの危機)

         ・明治4年7月・・・・廃藩クーデターを画策。
         ・明治4年7月14日・・・・「廃藩置県」・・・・(新政府)が士族に家禄(給料)を給付する。
                     
                 (261藩が3府72県に再編)
                       中央政権樹立・・・地租改正・国民皆兵制

 ”大久保利通 外遊”          明治維新14

    ・明治4年11月・・・岩倉使節団 (不平等条約の改正と近代化の調査)
    ・イギリスの産業を視察。・・・・世界の工場として発展・富の源泉を見る。
    ・確信・・・・欧米列強に対抗するには、「殖産興業」で国力を高めていくしかない。
           ・日本ではまず、国家主導で産業保護・育成する必要がある。

  「1年半後明治6年5月 外遊から帰国」       ↓
   ・新政府の内部分裂・・・・西郷隆盛「征韓論」:大久保利通「内地優先」
                   明治6年大久保との政争に敗れた西郷は辞職、新政府を離脱。
   ・明治6年11月・・・・「殖産興業」の実現へ向けて➡「内務省」設置(専制体制を確立)
                    ↓
                 批判の的に(2~3の大臣が物事を決めている)
                 「議会創設」の声が上がる。

   「殖産興業」・・・・まず最初に目を付けたのは、国際競争力のある”生糸” (富岡製糸場:拠点)          明治維新16

              イギリスのような貿易立国を目指す。
              貿易・・・・国家予算の6%を三菱汽船会社に投資。
                    貿易商・三井物産の開業を支援。

   「銀行の設立の資金」・・・・士族の給料・家禄(政府歳出)の26%以上
                    ・金禄公債(債券に切り替える)
                         ↓
                    ・大部分の士族が困窮に陥る。
                         ↓
                    ・各地で士族の反乱・・・・神風連の乱 ・秋月の乱 ・萩の乱

   「明治10年2月・・・・西南戦争勃発(西郷隆盛)」
   「明治10年8月・・・・第1回内国勧業博覧会」開催」
   「明治11年5月・・・・大久保利通 暗殺」
   「明治12年・・・・府県会・・地方議会開催」(万機公論・・・地方から実現)



    ~活用できる社会資源~    さとり15

 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


   ~記事を投稿しました~・・・「統合医療と気功」(「ニート脱出」セルフプランを考える)

訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



              
    









  1. 2017/04/22(土) 12:00:25|
  2. 歴史の教訓

命もいらず名もいらず

桜島1


   「日本を変えたリーダーたち 西郷隆盛」
             (動画より~)


 ”西郷隆盛の思想”
   ~命もいらず名もいらず~ 
        (無私の精神)

  「リーダーの流儀 ①策略なくして勝利なし。」 
    ・禁門の変・・・・長州軍VS幕府・諸藩連合軍
               (欧米の勢力を追い払う過激な攘夷で、
                京都政界から追放された長州は、軍勢を率いて上洛。
                西郷は幕府に味方した。)

    ・その後・・・・薩長同盟

  「リーダーの流儀 ②非情なまでの決断」
    ・徳川家が支配する世を終わらせた。
    ・「王政復古のクーデター」 (天皇を頂点とする新政府樹立)
          ↓
    ・鳥羽伏見の戦い
           ↓
    ・江戸総攻撃を宣言➡江戸城無血開城
        
  「策略というのは、平生はやるべきではない
   ただし事にのぞんでは、策略がなくてはならない」 
    (正義を貫く時には、非常なこともしなければならない場合もある。)

 ”西郷隆盛”・・・・1827年薩摩藩に生まれる。  西郷隆盛9

            18歳・・・・年貢徴収の役人になる
            28歳・・・・藩主・島津斉彬の庭方役に抜擢。

 ”薩摩の教育が西郷を生んだ?” 
    ・薩摩では勇気のあるやつが偉い。
      「飛ぼかい 泣こかい
          泣こよか ひっ飛べ」
        (子供の遊び・・・・高いところから飛び下りる時、
                   おりようかどうしようかと泣くぐらいなら、さっさと飛べ)

    ・詮議・・・・「薩摩藩で用いられた問答形式の教育法」
             (みんなが納得していく会話のシステム)

 ”島津斉彬・死去”
     ↓
 ”安政の大獄”
      ↓
 ”同志・月照とともに入水自殺。・・・・西郷だけが生き残った
       ↓                 (死に損なったのはサムライの恥)

 ”沖奈良部島へ遠島処分”(36歳)・・・・1年半の島流しで、生まれ変わった西郷 西郷隆盛9

                          「大きく成長」
                           ・深謀遠慮の人   ・自分自身を高める。
                           ・時局から離れる。 ・私利私欲を捨てる。
                           ・国のために、人のために生きていく

 ”いったいなぜ? 西郷の反乱「西南戦争」”
    ・明治政府を牽引した維新の三傑
       「大久保利通」  「西郷隆盛」  「木戸孝允」
          (廃藩置県・徴兵制などの実施)

  「明治6年(47歳)・・・・明治政府から脱退」
  「明治7年(48歳)・・・・鹿児島で私学校 設立」

  「士族(元武士達)の明治政府への不満が充満」
       ↓
   不満を抱く士族たちが期待した男
          ↓
     西郷隆盛 : 「おはんらにやった命、 
                  おいの体はさし上げもうそう」
              
             (西郷は若者たちに担ぎ上げられる形で、1万3千の挙兵)

  「明治10年(1877年)2月17日・・・・西郷軍 進発  西郷70

     ・安正期(幕末の初期)から生き残った自分が日本を一つにする
     ・半年、九州各地で政府軍との転戦の後、
      明治10年9月、ふるさと鹿児島の城山に立てこもります。
      「もう ここらでよか・・・・」 城山にて自決。

     ・「自分の運命(さだめ)」
     ・「幕末・明治の矛盾を自分の命で精算した」




    ~活用できる社会資源~    さとり15

 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



   
                          
         
  


   
            
 





  1. 2017/04/20(木) 07:08:55|
  2. 100分で名著

無私の精神

  
         西郷隆盛11
        

 「100分で名著 内村鑑三
       ~無私は天に通じる~」
            (動画より~)


  ”代表的日本人”(内村鑑三 著) 
     (世界に日本を紹介するために、英語で書かれた)

    「内村鑑三」(1861~1930)
      ・近代日本を代表する思想家。
      ・日本の心を、歴史に立ち戻って語りなおしたい。
      ・日本という小さな場所にも、世界に通じる人がいると書きたかった。

      ・自分の文化に深く根ざすことと、世界に開かれることは同じ。
      ・自分を愛するほど、自分と同じく他人にも愛するものがあると知る。

      ・1903年「戦争廃止論」発表。
      ・日本には平和を作り出す役割があると、内村は書いている。
      ・内村にとって「平和」とは、世界中が平和であること。


 ”内村が選んだ5人の「代表的日本人」”
    ・西郷隆盛(1828-1877)  ・上杉鷹山(1751-1822)
    ・二宮尊徳(1787-1856)  ・中江藤樹(1608-1648)  ・日蓮(1222-1282)

      ~読書のポイント~ 
    ①偉人伝として読まない。
    ②意中の「ひとり」を探せ。
    ③ライフステージが変わるたびに読む。
       (5人と対話するように読める。読者と一緒に育っていくのが名著。)

 ”西郷隆盛”・・・・「命もいらず 名もいらず」  西郷隆盛5

               (無私の精神。)
            「西郷が大切にした事”待つ”」
              やるべきことをやる時に、”待つ”ことが重要だと西郷は気付いた。

 ”無欲で控えめ、常に何かを「待つ」西郷の姿”
     「西郷は人の平穏な暮らしを、
     決してかき乱そうとはしませんでした。

     人の家を訪問することはよくありましたが、
     中の方へ声をかけようとはせず、
     その入り口に立ったままで、誰かが偶然出てきて、
     自分を見つけてくれるまで待っているのでした。」
     

 ”西郷の言葉” 
    「機会には二種類ある。
    求めずに訪れる機会と、我々の作る機会とである。
    世間でふつうにいう機会は前者である。

    しかし真の機会は時勢に応じ理にかなって、
    我々の行動するときに訪れるものである。
    大事な時には、機会は我々が作り出さなければならない。」
                (我々”無私”の機会)

 ”南洲翁遺訓” ・・・・「命もいらず 名もいらず
               官位も金もいらぬ人は
               始末に困るものなり

               しかし この始末に困る人ならでは
               艱難をともにして
               国家の大業はなしえられぬなり」


               花3



     ~活用できる社会資源~
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 




  

          

    






  1. 2017/04/18(火) 17:23:33|
  2. 100分で名著

心の護身術

     脳2



 「心の護身術 武田鉄矢・今朝の三枚おろし
           (ラジオ番組より~)」


   ”脳科学は人格を変えられるか?”
            (エレーヌ・フォックス 著)


 「恐怖」・・・・・の中核にあるのは脳の偏桃体。(アーモンドの形の部位)
         ヘビのようなものに出合った時に、
         危険のシグナルを出す。
         危機に敏感。

         人の表情を見ても、危機をスキャンできる。
         偏桃体から大脳皮質への回路(危機を伝える)

         人間の脳は、危機に関する情報を何よりも優先する。
           (人間は、悪いほうへ悪いほうへ考えやすい”構造”になっている)

 ”今までは、脳は一度形成されると変わらないといわれてきた。
          ↓
   最新科学では、脳は変わる。(MRIなどによって解明)
   風景54


 ”恐怖や、不安を解消する術”
     ・暴露療法(アメリカ)・・・・戦場帰還兵への心理療法。
                     「クローゼットのドクロ」

  「心理療法」・・・・”ラベル付け” 
              (イヤな思い出の中で、楽しかったことや美しかった
              その時の別の側面を思い出して、嫌な思い出に足していく。
              イヤな思い出が、別の色の想い出になっていく。)

 ”内村鑑三の言葉”
   「あなたにトラブルが襲ってくるのは、 あなたに解決策があるからです。」
     (トラブルが起こった時に、パニックになるのではなくて、
      自分に解決する力があるからだと、まず、うぬぼれること)

 ”自分の人生のカジは、自分で握る。
  自分で自分の人生のカギを握っていることが
  生きる力を左右している。”

 ”たくさん興味を持ったり、積極的に好きなものに接するという
  そういうイキイキさが、老人たちの命を励まし、
  健康面でも大いにプラスがあった。”






     ~私の「元気回復道具箱」より~ 

                   風景27


  「キラーストレス対策・マインドフルネス」

 「キラーストレス」(NHKスペシャル)
(6月18日放送より)

数万年前、狩猟時代、人間の祖先たちは、
天敵の動物と戦ったり逃げたりしていた。
この時、ストレス反応によって、
瞬時に体が戦闘態勢がとれるようにするための、機能が出来上がった。

こうしてストレス反応で起こる体の機能は、生き延びるためのものであった。
天敵のいなくなった今も、ストレス反応の仕組みが残った。

複数のストレスが重なった時、キラーストレスとなる。

「ストレス反応の暴走」

複数のストレスの為・・・・ストレスホルモンの蓄積(心拍数も上がり、血圧も高くなる)
・ 大動脈の破裂    ・ 脳血管の破裂
・ 心臓 (自律神経の異常・・・・あやまって、心臓の筋肉の血管を締め上げる。心不全)

がん・・・・ATF3遺伝子が、ストレスホルモンでスイッチがONになり、
免疫細胞が働かなくなる。

血管の壁に細菌があり、ストレスホルモンにより作用して、
血管が破れる・・・・突然死

ストレス対策

① ストレスを避ける   ② 笑う  ③ サポートを得る   
④ 運動する・・自律神経の調整になる。脳の構造まで変える
⑤ マインドフルネス


「ストレスから脳を守れ」(NHKスペシャル)
(6月19日放送より)

マインドフルネス
アメリカ心理学会も、ストレス対処法として推奨。
新しい心理療法。

マサチューセッツ大学医学部
8週間のマインドフルネスプログラムを実施後、
体の状態・・35%軽減   心の状態・・・・・40%軽減

脳に嬉しい変化
海馬・・・・5%増加
偏桃体・・・・5%減少 (ストレスへの過敏反応が抑えられる)



「関連記事」・・・・「マインドフルネス瞑想」(動画集・6記事)

(① 「100%今を味わう生き方」  ② 「大いなる鐘の音」
③ ティク・ナット・ハン「気づきの言葉」
④ マインドフルネス「涅槃、自由への道」・「グーグルでの取り組み」
⑤ 「グーグル社採用の瞑想法と、ソニーで研究した瞑想法の比較」
⑥ マインドフルネス瞑想とは?3名のマインドフルネス指導者が語る!)


       螳ョ豐「雉「豐サ・費シ農convert_20170408115247

    (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 






       

 






 
  1. 2017/04/17(月) 17:32:12|
  2. 「武田鉄矢:今朝の三枚おろし」

困難な結婚

  風景19
    


 「武田鉄矢・今朝の三枚おろし
       困難な結婚 (動画より~)」


  ”困難な結婚” (内田樹 著 )

 「もっといい人というのは、
  結婚を願う時、
  絶対にあなたの前に現れません」

 「結婚の実相、実態について最も正確に
 伝えられる能力を持っているのは母親だ
   ”男なんてね、みんな同じよ”」


 「家に帰れば、男はみんな同じ程度」
 「能力のある男が、その能力を家庭で表現しようとするとき、
  女の人は不幸になります。」

 ”結婚は何のためにあるのか?”
    ・貧乏と病気に耐えるため。
    ・結婚は幸せを目指して歩くのでなく、
     病気と貧乏という目標に向かってするもの。(危機体制)

 ”結婚したらどうするのか?”
    ・ひたすら愛と共感にもとずいて行動してください。
    ・一番大事なことは、結婚とは契約ではありません。
    ・相手の欠点をマイナスでカウントせずに、
     逆に相手の長所をプラスとして足すだけ。

”シングルファーザーとなり” 
    赤児を懸命に育てているうちに、愛せるようになっていた。
    愛せるような技を、いつの間にか習得していた。
    愛というものは、かくのごとく、他者を経由しないと手に入らないものである。

 ”夫婦というものを完成させた夫婦に、共通しているものがあります。
  それは一体何か?
  「きげんのよさ」です。”              宮沢賢治33


 ”一緒にいる時は相手の邪魔をしない。
  それが鉄則なのである。
  それぞれに口で言えぬ秘密を持ち、
  その秘密を薄々知りながらも口に出さない。
  それで立派な家族なのだ。”


 ”コミニュケーション感度”
   他者の呼びかけに応答する能力。
   これをふさいで、自分の受け持つ仕事のみの効率を急ぐ時、
   自分の体が発信してくるシグナルを聞き逃す。

 ”女房に逆らうな”
    「彼女の主観的秩序が、我が家を支配しているのだ。
    さからわず、女房を観賞しなさい。」

   「どうすれば妻の機嫌がよくなるのか。
    そんなことを考えてはいけません。
    あなたが機嫌よく、ふるまえばよいのです。」  


     ~私の「元気回復道具箱」より~
    


三木清19
    
   武田鉄矢 今朝の三枚おろしテーマ「困難な成熟」
「困難な成熟」(内田樹 著)
(動画内容案内)

「成熟」とは?
「そんな風に今まで考えなかったが、ある瞬間から、
そんな風に考えることができるようになった。
それを成熟と言おう。
(いつの間にか身についてしまっている技術、能力)」

「学校という集団に、強弱という相対概念を持ち込まない。
クラス内に、強弱というようなものを作ってはいけない。
集団は時として弱肉強食というゲームが頻発しやすい。」

「集団の目標は、集団の中に、強い群れと弱い群れを作るのではなくて、
集団全体が、皆で一斉に強くなるという目標を持たなくてはならない。」


「取り越し苦労を禁じる」
最悪を予想した人は、最悪に陥ることになります。
なぜならば、最悪を予想したそのことを、強く願うことになるからです。
最悪ではない注意信号を無視してしまい、
最悪の事態を待つようになってしまう。               

「危機の切迫に対して、最悪をいかに最小化するか。」 はな26

(内田師範は、合気道をやっておられますが)
合気道という武道では、
「あわてないこと」
「後手に回らないこと」
「心身のパフォーマンスを最大化し、生き延びることを目指すこと。」

恐怖、不安、後悔という感情を最小化する。
そのためには、「この場を主催しているのは、私だという気構えで、その場に相対すること」
「この恐怖、この不安は俺のものだ」(逃げていかない)
このことを「自分自身の現場プロデューサーになれ」と言われる。


「現場プロデューサーのやることは何か?それは床のゴミを拾うこと」
自分の足元のゴミを拾うことのできる人は、
プロデューサーの自覚を持つことができる。
「自分の人生に責任を持って生きていこうと思うと、
目の前のゴミを拾うことです。」

「私の代わりをするものは、この世の中に誰もいません。
そうしみじみと雰囲気で伝えられる人、その人には、成熟の技が宿っている」

         螳ョ豐「雉「豐サ・費シ狙convert_20170408115331



   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 










 




  1. 2017/04/16(日) 19:30:48|
  2. 「武田鉄矢:今朝の三枚おろし」

秘すれば花

    能21


 能の家には「秘事」がなくてはならない
 秘事があることも隠しておけ
 

 秘事を見せることによって
 勝負に勝つことがある

 その時のために
 「秘すれば花」を持っていろ


  「100分で名著 世阿弥「風姿花伝」
          ”秘すれば花”」 
             (動画より~)


 ”秘すれば花” その意味は? 
   「立ち合い」・・・・いくつかの一座が集まって勝敗を決める。
              存亡をかけた戦いでの必勝法・・・・”秘すれば花”

              ”立ち合い”にのぞむ時、「秘密兵器」を隠し持っておけという意味。
              その秘密兵器を隠していることすら、さとられてはならない。
              常に新しい「花」を用意しておけ。


 ”からがると機を持ちて”(花鏡)
     「能」の基本的リズム・・・・序破急
                     序・・・・静かに入る
                     破・・・・高まる
                     急・・・・クライマックス

    「かるがると機を持ちて」・・・・場の空気を読んで、
                       相手に合わせて演じることを説いた。
          ↓
      序破急の流れを崩してもよい。

 ”時節感当”(花鏡)・・・・タイミングを計る大切さを説いた。

 ”目前心後”・・・・目は前を見ているが心は後方にあって、
            自分を客観的に見ている。

 ”離見の見”・・・・観客席からみた自分の姿を意識することにより、
            本当の自分の姿を見極める。

 ”世阿弥のブランド・・・・「幽玄」
    能は美しいものだというブランドを確立した。
    600年間有効なブランドを作り上げた。
    「幽玄」のブランド化   

      (「幽玄」・・・・「朝 咲いている梅の花」
               「桜の花」 「稚児の姿」
               「白鳥が白い花をくちばしにくわえて立っている姿」)
            

    (「能」とは?・・・・主人公が「能面」をつけて演舞する、日本独特の演劇。
              650年の伝統を持ち、ユネスコの無形文化遺産に指定されている。
              「能面」・・・・室町時代から制作。能面の材料:木曽檜
                      人間の深層心理を表現。 約250種類。)

     能17


     ~私の「元気回復道具箱」より~

 「瞑想の気持ちよい効能を説く・片岡鶴太郎 2.マインドフルネス瞑想」

  「片岡鶴太郎、瞑想の気持ちよい効能を説く」 大竹まこと 対談

・ ブログを6年間、毎日欠かさず日記のように書いています。
・ ヨガと瞑想と呼吸法をやって、どう変わっていくか
  自分自身で今、人体実験中です。

・ 瞑想ってどういうものなんだろうなーと思っていて
  瞑想がやりたくて、探していてヨガの先生に出合う。

  まわりで気になる人が瞑想を行っている、
  格闘家で言うとヒクソン・グレーシー(鶴太郎さんもボクサー)
  スチーブ・ジョブス、俳優イーストウッド
  ビートルズは瞑想によって、曲が変わっていった。


・ 瞑想中は、意識を起きている時と、寝ている時の中間に置く。
  起きていながら脳を静かに休めていく。
  
  自分の深層心理、深いところに行くテクニックとしての
  やり方を教わり、毎日毎日やっていく(20分くらい)と、
  心が落ち着いて、心地よい感じ。
   瞑想するのが楽しみで早く起きれる。(朝4時起き)

 
 (瞑想はヨガの中の1つのブロック : 3番目が体操、
  4番目が呼吸法、7番目が瞑想。
  ヨガは、空海によって、仏教と一緒に日本に渡ってきた。 東京の
  世田谷のお寺に伝えられ、瞑想、呼吸法のヨガ道場を開いている。)

 ② 「マインドフルネス瞑想」   流水13


・ 骨盤を起こすことが大事で、それさえできれば座り方は自由。
  あぐら座り、静座、イスに腰かけ
  イスの場合は、あさめに座って、骨盤を起こして座ります


・ 骨盤、肩、耳のラインがおよそ一直線にそろうように
  手は自分の置きやすい場所に 
  できれば、やわらかく目を閉じてください
  目を閉じるのが不快な人は半眼くらいで・・・・・

・ 数回深呼吸
  息を吸って、口から吐いていきます
  吐く息ごとに体をリラックスして、やわらかくして・・・・・
  吐く息ごとに、今ある心や頭の緊張も、やわらかくしていきます  
  
 

  どんな呼吸をしてもいいので、
  浅い呼吸であったら、浅いままの呼吸でいいので 
  なるべくその呼吸を見ている意識をやわらかくリラックスさせて
  息が入っていくのにただ気づく、
  出ていくのに気付くようにします。


               未来


     ~活用できる社会資源~
 ひきこもり地域支援センター
 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)


   (広島情報)
     ・広島ひきこもり相談支援センター
     ・広島地域若者サポートステーション(若者交流館)
     ・若葉会(ホーム:Facebook)・・・障害福祉支援者を育てる会(異業種交流会)


訪問いただき
ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 






               

 






  1. 2017/04/15(土) 10:38:44|
  2. 人生訓
次のページ