FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

想い出の3曲

  阿蘇山4



 先日、高橋竹山さん(津軽三味線演奏家)の、
放浪の芸人時代の再現動画を見て、
なぜ、泣けてくるのだろうか?と考えてしまいました。


 それは、おそらく似たような経験が少なからずあって、
それに感情がふれてしまったのでしょう。
それは、もう忘れてしまうほどずいぶん昔のことで、九州時代のことでした。
そして、そこには必ず癒しの音楽の想い出がありました。
それを以前記したものがあります。

  ~想い出の3曲~ 
     (孤独な旅の空、心にしみた癒しの音楽との出会い)より~

 その昔、スーパーやデパートでの販売・催事業という仕事で、
九州各地を回っていました。
しかし、なかなか思うように売れるものではなく、
苦戦で落ち込む日々を過ごしていました。

 そんなある日、入った喫茶店で優しく哀しいメロディーが流れてきました。
初めて聞いたその曲に、なぜか涙が浮かびました。
その曲は、浜田省吾さんの「もう一つの土曜日」という曲でした。
それ以降ファンになり、そのほかの曲を集めることになります。

 ある日、阿蘇の火口の上まで登っていきました。
そして、その阿蘇山のすそ野で、ある場所を探しました。
それは、尊敬する禅僧の澤木興道老師が、
旧制高校の学生さん達と一緒に座って記念写真に写っていた場所です。
山の斜面のこのあたりかと思い、私もその場でしばらく座禅をしてみました。

 17歳の頃、本であの写真を見て、
それに憧れて私も座禅を始めることになったものです。


八女茶で有名な八女のスーパーで販売していた日、昭和の日が終わりました。
それからしばらくして、長渕剛さんが「昭和」を発表しました。
昭和の時代を生きた私達にとっては、堪らなく切なく心に響く歌でした。

 スーパーでの催事の仕事の終わった後、この「昭和」を聞きながら、
真っ暗な湾岸道路を車でよく走っていました。
今夜、泊まる宿のあてもなく、心細く本当に泣きたい心境で、心にしみた歌でした。
それ以降ファンになりほかの曲を集めることになりました。

 3曲目は、「中国物産展」を手伝っていた時期、
毎日エンドレスで流していた曲、喜多郎さんの「シルクロード」。
心が疲れた時、癒してくれます。

 たくさんの曲の中で最も心にしみる曲は、
喜多郎さんの「亜洲茶館 asian cofe 」。
喜多郎さんの曲に出合って以降、
癒し系の曲を集めることになりました。


                  KC3U0226.jpg

    訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     



     








スポンサーサイト



  1. 2018/07/30(月) 10:11:07|
  2. 日々是好日日誌

大地に根ざしたような人

  野口英世24



 ユーチューブで津軽三味線演奏家の
高橋竹山(ちくざん・1910年ー1998年)さんを見ました。

その大地に根差したようなどっしりした姿からの語りと、
三味線の演奏の迫力に圧倒されました。

 若い頃の三味線と唄での門付け芸人時代の、
苦労の再現映像と共に流れる津軽三味線の音色を聞いて、
涙が止まりませんでした。
フト、我が身をふり返って、深く考えることになりました。
     (門付け・・・・家の門口で芸を見せてお金や物をもらい受けること)

 1986年、高橋竹山76歳の時、アメリカ公演。(7都市10回)
世界に津軽三味線の名を知らしめるものとなりました。


 「ニューヨークタイムズ紙に最高の賛辞記事」
   「高橋竹山の三味線は、
    あたかも魂の探知機のように聴衆の共鳴音を手繰り寄せてしまった。
    彼こそ、真の名匠と呼ぶにふさわしい。」

 
 1950年(40歳)、津軽民謡の成田雲竹の伴奏者として各地を興行。
 1963年(53歳)、キングレコードより「源流・高橋竹山の世界~津軽三味線」を発売。

 1973年(63歳)、東京、小劇場渋谷ジアン・ジアンに初出演。
             定期的にライブをおこない、多くの若者の心を捉える。
             津軽三味線ブームの先駆けに。

               語り 「立って三味線聴くっていうのも、
                   こりゃ、聴くより立ってるほうが疲れるから、
                   私のそばでよかったら、こちらさおいでなさい、皆さん」

 ”晩年の語り”
   「まだ年は、いったわけでねぇしよお
    はあ、まぁ、まぁ、まぁ、まぁ、・・・・・
    85ですからねぇ まだまだですよ
    ハ、ハ、ハ、ハ、ハー」

  ”弟子への教え”
     「人間、本当に困った時は、どうにかするもんだべ」
     「ええふりこくな(いい格好をするな)」

 ”晩年の言葉”
     眼の見えない人は、眼の見える人よりも、
     見えるものがあるんですよ。

     おれたちは眼で見えないから、耳で読むんだ。
     三味線だって、眼で覚えるもんでねぇ、
     耳で覚えるんだ。

     眼が見えないのは、そりゃ不便だけど、
     しかし見える人がなんでも、
     眼にたよるのはどんなもんかな

     人の気持ちってものは、
     眼が見えるからって、見えるもんでねぇ



                KC3U0141.jpg

    訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     

    
    











  1. 2018/07/28(土) 13:26:40|
  2. 日々是好日日誌

図書館は心のよりどころ

  自然7



 わたしにとっての市立中央図書館は長い間、
心のよりどころでした。

特に心身がしんどい時などは、
まずは図書館へ行ってみようがモットー。
休みの日などには、よく出かけていきました。

 又、健康上の都合などで時々、失業。
そのつど、自転車でハローワークに日参。
その行き帰りの途中にある市立中央図書館は、
ちょうど、船の航海中の港のようなものであり、又、
砂漠の中のオアシスのような存在でした。

 遠方から自転車でたどり着いて一服。
そして、ハローワークで仕事の検索。
そして、帰りに立ち寄り、安らぐ。
市立中央図書館は、いつも私を暖かく迎い入れてくれます。

 市立中央図書館の位置は、市のおよそ中央から北方寄り。
原爆ドームや平和公園から北方に位置し、そのやや北方に広島城。
市立中央図書館の敷地内は、
広い公園のようであり、木が茂っています。

 春、満開の桜の下を進み、夏には、ひぐらしの鳴く中を歩き、
秋はもみじ葉を踏み、冬はフワリフワリと落ちてくる粉雪を見上げます。


 3階の郷土館コーナーの窓際のカウンター席からは、
遠くに広島城が位置していて特等席。
そこからながめる春の桜、冬の舞う雪の景色は格別なものです。

 1階の広い食堂室は、庭に面して一面ガラス張りなので、
外の景色がよく眺められます。

桜の花びらや雪などが降りそそいできて、いやしの空間です。
又、ここで食べる卵どんぶりは絶品です。

 広い館内では、図書のコーナーがズラリと並んでいます。
よりどりみどり、好きな本を選べる至福の時です。
好みの、仏教・禅・宗教・哲学コーナー。
健康・スポーツ・武道・医学書コーナー。社会実学コーナー。
じっくり選んで5冊を借りて帰ります。


   KC3U0009.jpg

   ~「白隠禅師気功健康法
         医学博士帯津良一先生DVDで自修」~(2015年10月26日記)


  最近「腹式呼吸法」の練習を初めてみて、昔のことを思い出しました。

 それは半世紀ほど前17歳の頃、三原の仏通寺で初めて座禅の指導をしていただいたとき、最初に教わったのが数息観という呼吸法でした。

 調身、調息、調心といわれる教えの中の調息になります。

 私が教わった数息観は、心の中で「ひとーー」と言いらがらゆっくり息を吐き(お腹をへこませながら)、吐ききったら、「つーー」

 と心の中で言いながら、ゆっくりと力まず息を鼻で吸っていきます。(腹をふくらませながら)

 息を吸い終わったら「ふたーー」「つーー」と10まで続け、10から又1にもどり繰り返します。


 しばらくして、わたしは自然なゆったりした呼吸に戻していきます。

 そして、最近はその「腹式呼吸」を時々、日常の合間や足のしびれがひどい時に行うことにしました。

 さて、帯津先生のお名前を知ったのは、もうずいぶん昔のことになります。

 私が中年フリーターの頃、ハローワークの帰りに毎回立ち寄った市営中央図書館で、読んでいた中に帯津先生の本がありました。

 帯津先生は、帯津三敬病院名誉院長で、西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れ、がん患者などの治療にあたる人間をまるごと捉えるホリスティック医学の第一人者で、日本ホリスティック医学協会会長などを務められる。

 図書館で見つけた本の中に、帯津先生の「白隠禅師の気功健康法」 新しい呼吸法「時空」というDVD付きの本がありました。

 さっそく、DVDを見ながら実修してみました。

 最初に、「時空」についての説明がありました。 

 「気功は中国古来の養生法ですが、私はがん治療の現場で20年の医療気功の経験の中で、気功の本来の目的は、心身と虚空との一体にあると気がつき、この功法を考えました。

  これまで経験してきた様々な功法の中から動作を集めたものです。

 ① 予備功
 ② 気となじむ
 ③ 4億年前を想い出
 ④ 虚空と気の交流をする
 ⑤ 虚空と一体となる
 ⑥ 収功
        
○ むつかしい動作は一つもなく、楽にできるものでした。。


                 喫茶店41

   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     






 










  1. 2018/07/26(木) 00:03:37|
  2. 日々是好日日誌

今ココの実感

一輪挿し1


 ”今ココ”に意識を集中する
「マインドフルネス」という考え方に大変関心があり、
いろいろ資料を集めたりしました。

教本を見ながら「マインドフルネス瞑想」をしてみたりしていますが、
今一つ、実感がわきませんでした。

 しかし、最近ひょんなことから、
「今ココ」の体験をせざるを得ない状況となりました。

1週間余りほど前、水を飲んだとき誤嚥を起こしました。
   (誤嚥:食べ物や水が誤って気管に入る。
        誤嚥性肺炎や窒息のリスクあり。)
        
 病院で診察。
   摂食・嚥下障害・・・・食べる・飲むがうまくできなくなってしまう障害。
                原因は「器質的原因」「機能的原因」「精神心理的原因」
                加えて、加齢による機能の低下。誤嚥性肺炎のリスク。

 最初の数日は、食事はもちろん、水が飲みにくい状態です。
気分が落ち込むので、プチ断食をしているのだと発想を転換。
そのうち、プチ断食の効果が楽しみ。
水は飲み込みにくいですが、野菜ジュースは結構飲みやすいことを発見。
食事は介護栄養ドリンクと野菜ジュースで、なんとかしのぐことに。

 さっそく、嚥下障害のリハビリや「嚥下体操」などをネット検索。
この「嚥下体操」と食事の時の意識の集中が、「マインドフルネス」と似ていました。
そして、「嚥下体操」と食事をとうして、「マインドフルネスの”今ココ”」を実感しました。

    ~嚥下体操~
  ① 姿勢を整えて座ります。 (喉、食道)
  ② 深呼吸を数回。お腹に手を当て、
     お腹が膨らむことを意識しながら鼻から吸って、
     お腹がへこむことを意識してゆっくり口からはく。(腹式呼吸) 
       (大量の酸素の吸入)


  ③ 首をゆっくり回したり、首の体操。 (力を抜きリラックス)
  ④ 肩の体操。 (力を抜きリラックス)
  ⑤ 口の体操。
  ⑥ 舌の体操。
  ⑦ 呼吸の練習。
  ⑧ 発音の練習。「パ・ピ・プ・ぺ・ポ」

  ”嚥下機能が低下している時に気を付けるポイント”
      ①食べやすく工夫する。
          硬い、パサパサしている、バラバラになる、粘りが強い物は嚥下しにくい。
      ②姿勢を意識する。
          首の角度は、少し前に傾いた状態。

      ③食事に集中できる環境を整える。
          テレビを消す、周囲の騒音を少なくするなど。

      ④少量ずつ、ゆっくり食べる。
      ⑤食べる順番を工夫する。


   風景24

       マインドフルネス瞑想とは?


「マインドフルネスとは?
       {精神科医・樺沢紫苑}」

(動画より~)

   
   「マインドフルネスの教科書」藤井英雄著 (参考)~

「マインドフルネスの定義」  
  ・”今ここ”の現実にリアルタイムか
  ・客観的に気づいていること
  ・あるがままの現実をあるがままに感じること

  ・”今ここ”という感覚・・・・今感じている・考えていることに、
                  注意を向けるのがマインドフルネス。
     マインドフルネス的でないこと・・・・今じゃないことに注意を向ける

「不安」  
  ・過去にフォーカスしてしまう
  ・人間の不安というのは、将来を考えることによって起きる。
  ・”今ここに”が不安から解消してくれる。・・・”今ここに”いる自分こそすべて

  ・将来未来は予想に過ぎない。・・・・考えた不安の90%以上は実現しない。
  ・不安は「取り越し苦労」・・・・私たちは不安を勝手に作り出し、
                    勝手に悩んで落ち込んでいる現実。

「不安に対する処方箋」 
   ・マインドフルネスの考え方が有効
  
    ~マインドフルネスのやり方~
 ”呼吸瞑想”・・・・腹式呼吸でお腹を膨らます・へこます
            ふくらむ・へこむ・ふくらむ・へこむ (頭の中で唱え続ける)

 ”歩行瞑想”・・・・歩いているとき、右・左・右・左
            いま右足(左足)を出している・・・・頭の中でつぶやく

「”今ここ”に注目して未来を考えない」  
  お腹のふくらみ・へこみに注目。
  簡単なトレーニングから始める。
  未来に対する不安を考えなくなる。


「関連記事」・・・・「マインドフルネス瞑想」(15記事)
            (坐る瞑想  ・歩く瞑想  ・自分への帰郷  ほか) 


               091027_1541~01

   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     






  
          



  



 


        







  1. 2018/07/24(火) 11:11:29|
  2. 日々是好日日誌

明確な目標設定

   KC3U0009.jpg


 先月「発達障害講演会」にうかがったおり、
主催の家族会さんの理念・モットーに感銘を受けました。

それまで、なんとなく感じていたけれど、
言葉にできなかったモヤモヤが表現されていたからでした。

 理念「親を子供のスペシャリストに。
     本人を自分のスペシャリストに」


 ”スペシャリスト”なんというゾクゾクと
感情がわきたつ言葉ではないでしょうか。
ホームページを見させていただくと、
それに沿った内容になっていました。
「スペシャリストに」という目標は、
結構厳しく感じられるかもしれませんが、
この方向性がベストのように思えます。

 ”スペシャリストに”という目標と意識を持つことで、
日々の自分のすべきことが見えてきて、おのずとそれに進んでいくでしょう。

本を読んだり、講演会に出かけたり、ペアレントトレーニング講座、
スーパーバイザー講座などを受講したりという、「行動」に繋がっていくと考えられます。

 そして、その「行動」を促す学習内容を提供しているのが、
この「スペシャリストに」の理念を掲げた家族会だということになります。
今後も、学ばせていただければと考えています。
「一人一人がスペシャリストに」

 支援内容としては、アウトリーチの取り組み、
ピアサポート・パソコン教室の取り組み、
国語・英語・絵画等の教室、不登校・ひきこもりサポート教室、
受験サポート教室、ペアレントトレーニング講座、
スーパーバイザー講座、講演会、 等が実施されているようです。


   仏通寺9

   カーネギー レクチャー1
               「明確な目標を設定する」
                    (動画内容案内)

資金も有力なコネもなく、
学歴もほとんどない状態から、自分の力で巨富を築き上げてきました。
これほどの成功を、成し遂げるための法則を、
段階的に説明していただけないでしょうか?

最も重要な法則
「明確な目標の法則」 
「目標を実現させるための計画を立て」
「目標を実現させるために、思考と努力のほとんどを注ぎ込む」

「私自身の目標は、鉄鋼の製造と販売」
労働者の時に描いた目標。
「それが、私の頭を離れなくなった」

「私の明確な目標は、もはや単なる望みではなかった。
燃えるような願望になったのです」
「こうした種類の明確な目標だけが、願ったとうりの成果をもたらす」

「そして、計画を実行するには、ほかの人々を誘って協力を得ることも必要。
他人の心の助けなしには、大きな目標は達成できない。」

「明確な目標は、自然の法則によって、それ自体が目標達成への力を持つ」

「大きな成功は、積極的な心構えというものを知り、それを実行することによって成し遂げられる」

「与えることなく、何かを得ようとしても自然の法則は味方しない」
「自然やその法則と結びついた、あらゆる事柄の基礎には、原因と結果がある」

「目標を完全な文章にして書き出し、それを少なくとも毎日大きな声で読み上げる習慣をつける」


「マスターマインドグループとディスカッションし、目標達成の計画を練った」

「2人以上で心を合わせ、明確な目的に向かって強調しながら働くと、1人でやるより大きな力が出る」

「個人の能力は、その資質と習慣の組み合わせをとうして、習得することができる。」


(自己能力の10の法則)


① 明確な目標を持つ習慣    ② 決断の早さ
③ 健全な性格(誠実さ)      ④ 感情の厳しい自制

⑤ 有益な仕事への強い願望
⑥ 仕事についての十分な知識
⑦ あらゆることに対する寛容さ

⑧ 個人的な仲間への忠誠心
⑨ 知識への持続的な渇望
⑩ 活発な想像力


               KC3U0128.jpg

   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     









  1. 2018/07/22(日) 00:03:51|
  2. ピア(仲間)サポート

私のメンター・師匠

仏通寺7


 17歳の頃、三原の仏通寺さんで、
年末年始の3日間の禅修行に初参加。

禅の専門道場でのお坊さんの修行にまじって、
一般の私たちも参加させていただきました。

 その時にお世話になった直日さん(座禅堂での指導僧)に、
18歳の頃に手紙を出したことがありました。

いろいろと愚痴や不満や、その他もろもろを書いていたのでしょう。

 和尚さんからの返信では、
老婆心からの辛辣な叱責の言葉をいただき、泪しました。
その中の言葉に、いつまでも心に残る「熟慮断行」がありました。
あまりに厳しい言葉に、もう二度と仏通寺へは行くまいと思いながらも、
しばらくすると又、通うこととなりました。

 ある時、行き詰った時に、フラりと仏通寺へ行ってみました。
ちょうどその時、お坊さんは、玄関前の庭で花を植えておられました。
そして、一緒に記念に植えましょうということになり、
いっしょに、淡々と花を植えて、帰りました。

 その後、何年か経ちお坊さんは仏通寺を離れられましたが、
自宅での座禅会などには参加させていただきました。
その庭には、詩人・坂村真民さんの、
”念ずれば花ひらく”の石碑がありました。


   仏通寺6

      師匠 


 私は、これまで多くの「師匠」に恵まれてきました。

その時代その時代に出合った人や、
本や、情報などで、
自分の「師匠」となる人にお世話になりました。

最初頃に出合った私の「師匠」は、一冊の薄くて小さな本でした。
(そして、それはその後の、
いろいろな自主トレーニングのスタートになったようです)

それは、大きな影響力を与えてくれた小さな本、「空手の教本」でした。


高校1年の9月初めに、自主退学した後に最初に手にした本でした。
「強い心で生きていきたい」という心の叫びだったのでしょう。

まず部屋で、第一歩の「手のにぎり方」や「立ち方」から練習を始めました。
ゆっくりゆっくりですが、少しずつ覚えていき、
次は、自転車で、遠方の河原の竹やぶ、山の中などに出かけ、
人目を避けて練習します。

くる日も、くる日も、ただひたすら基本練習を繰り返し、
知らず知らずのうちに身についていきます。

その後、時がたち、町道場でお世話になり、また「師匠」に出合います。

町道場を離れた後は、又、新たな教本が「師匠」になります。
長い長い時間、ゆっくりゆっくり学び、
「師匠」の教えは、身に染みていきます。

そして、もし、昔のあの時代に、ネット(ユーチューブ)があれば、
動画が「師匠」となっていたことでしょう。


                「関連記事」・・・・「17歳 初心者仏通寺編」


              仏通寺5

   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     










 
  1. 2018/07/20(金) 11:32:28|
  2. 人生訓

自己啓発とコーチング

 ヨガ95


    「アンソニー・ロビンズ」
           (動画より~)

  ”世界ナンバー1コーチ:アンソニー・ロビンズ”
     米国の自己啓発作家・コーチ・講演家

   アンソニー・ロビンズは、貧困生活のため、大学進学を断念。
   ビル掃除のアルバイトをしながら、17歳から2年間で、
   約700冊の成功哲学や心理学に関する本を読破。
   また、自己啓発の大家や、NLPの創始者などに学ぶ。

   人生の変革、恋愛・夫婦関係、健康、経営・投資、
   など人生のあらゆる世界最先端の知恵を提供。
   アンソニー・ロビンズのコーチングを受けたリーダーや著名人は多数。

   アンソニー・ロビンズのコーチングは、
   一般的なコーチングとは、スタイルが違っている。
   かなりの量の情報提供をしている。


   それは”成功は手掛かりを残す”という信念から。
   うまくいく最先端の情報を、必要に応じて提供する。
   変化を起こすために、セラピーのスキルを多用するのも特徴。


    ~名言~
      「運命が決まるのは、あなたが決断する瞬間なのだ」
      「失敗などというものはない。あるのは結果だけだ」
    
      「自分が怖いと思っているところに、焦点を当ててはいけない。
       自分が行きたいところに、焦点を当てるんだ」

      「ほとんどの人は、自分が何をすべきなのかを、実は知っている。
       でも、実際に為すべきことを行う人は、ほとんどいない。
       知っているだけでは駄目なのだ。
       あなたは、行動を起こさなければならない。」


      「人生を決めるのは、環境などではない。
       その人が、何を決断したかである。」

  加藤諦三2

   「コーチング」 
 ”聴いて、受け入れて、質問する
 ”答は、そのひとの中にある”


  「コーチングの歴史」
 ”コーチ”の語源=「馬車」
 
         乗っている人を、目的地まで送り届ける役割。
         対象者の目的達成をサポートする、役割をもつもの。

     1880年代・・・・
スポーツの世界に「コーチ」が広がる。
     1950年代・・・・
ハーバード大学で、ビジネススキルとして研究。
     1990年代・・・・
プロコーチが登場。企業経営者などが活用。
     2000年代・・・・
日本でも企業内人材育成。個人的にコーチを雇う時代に。


           「”自分軸”コーチング
                第1回「コーチングについて」(動画より~)

 
             ”コーチングの目的・・・・目標を達成させることで、
                             クライアントの抱える問題を解決する。 
                         「課題に対する答え」をクライアント自身の中から引出す。

             ”コーチングによる効果が得られる人”・・・・状況をより良くしようとしている人。 
                                            ↓
                                        「問題と課題の明確化」
                                            ↓
                                        「傾聴と質問」・・・対話
                                         (コーチは「解決策の提示はしない)  
                                            ↓
                                          「気づき」

          

              PAP_0009.jpg
           
   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     




       








  1. 2018/07/19(木) 00:03:52|
  2. 人生訓

健康食・ニンジン

   2キョウチクトウ



 小学生の頃、学校ではよく偉人の人の話を教わりました。
その頃は「末は博士か大臣か」の言葉をよく聞いた時代でした。

 偉人の中では、シュバイツァー博士に憧れたものでした。
ヨーロッパでの地位や名誉を捨て、
未開のアフリカのジャングルでの、奉仕の医療活動。
気持ちがワクワクしたものでした。

 最近、動画などで当時の事情を詳しく知り、改めて感動しました。
最近、動画などで知ったのですが、その尊敬するシュバイツァー博士が
尊敬する人が、友人・恩人でもあるゲルソン博士とのことでした。

 ゲルソン博士のゲルソン療法(にんじんジュース)は、よく耳にし、関心の深いものでした。
そこで、ニンジンに注目。少し調べてみることに。


    「ためしてガッテン ニンジンの大誤解」
                  (動画より~)

  ”にんじん”・・・・一般の人のイメージ
      ・安くて、栄養があって、料理に欠かせない。
      ・お肌によさそう。
      ・カロテンが多いイメージ。
      ・ニンジンをとらなければ体は赤信号。
      ・健康野菜

  ”加熱だけでもカロテンの吸収UP”
      「カロテンの吸収量の実験」
         ①野菜炒め (油たっぷり、じっくり炒める)・・・・吸収量:7ポイント増
         ②ジュースとサラダ・・・・6ポイント増
         ③煮る (油は鶏肉のみ)・・・・12ポイント増

      ”煮る”・・・・カロテンの吸収増
             ニンジンに含まれている脂質が煮た時に溶けて、
             カロテンと混ざって吸収しやすくなる。

  ”皮むき不要、丸ごと使って栄養UP”
       (皮のすぐ下がカロテンの含有量が多い)
  ”おすすめ保存”・・・・ポリ袋に入れ冷蔵庫に保存。 
               ・レンジ加熱 


    ゲルソン療法(食事療法)について


予防医学セミナー、ゲルソン療法について
(動画内容案内)


ドイツの医師、マックス・ゲルソン博士(1881~1959)
が1930年代に考案した食事療法。

医学の歴史における、最も偉大な天才の一人である。
(アルバート・シュバイツァー博士)

ゲルソンは医学生時代に、重い偏頭痛に悩まされていたが、
これを塩抜きの生野菜と果物の大量摂取で、
治癒させた経験から創案した。

食事療法は偏頭痛から結核へと展開。
その後、偏頭痛の患者で皮膚結核を合併していた患者が、
皮膚結核も治ったと報告した。

その後、皮膚だけではなく、肺結核などの多臓器の結核にも、
ゲルソンの食事療法が有効であることが判明した。

シュバイツァー博士の妻が、
ゲルソンの食事で肺結核を治した逸話は有名で、
博士はゲルソンを天才であると称賛し、
生涯の親友となった。


                  「関連記事」・・・・「生命への畏敬・シュバイツァー博士」


              KC3U0004.jpg
               
   訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     


          







  1. 2018/07/17(火) 00:03:58|
  2. 「薬に頼らない健康法」

想像が創造を生む

  KC3U0130.jpg



~最近は、ネット検索も歳相応の気になるものに目が行きます。
どうしても健康法のテーマは、絶えず頭の中にあります。
特に、成人病などに関しては、繰り返し検索して回ります。

 不老長寿の妙薬や、元気で長生きできる対処法は
ないものかと目が皿のようになったりします。

ネットで重宝しているのが動画。
すごいものが出来た時代になったものです。

 3年前までは、いろいろなことを知らずじまいで
人生が終わってしまうところでした。

昨日は、「健康」の動画をいろいろ見てみました。

 その中で、こんな考え方もあるのかと気づかされたことがいくつかあり、
冥土の土産が、また増えました。

  KC3U0128.jpg

  「健康と予防医学 48回
     病は気から!治療も気から!」

           (動画より~)

  ”メンタルの重要性”
    ~まさかの時~の対処法
        (失恋の時、失業の時、病気の時 ほか)

   「アンソニー・ロビンズ」(アメリカ)
     (自己啓発作家・講演家・メンタルコーチ
      ”世界ナンバーワンのカリスマコーチ”と称せられる。)
          著書:「一瞬で自分の夢を実現する法」
              「あなたの最高をひきだす方法こころの習慣365日」ほか

    ~”まさかの時”には、2つ集中してください。~
       ”一つは「焦点」”
          「何を考えているかで、気分が決まる。
           気分コントロールが大事。」
              (「1日中、最高の気分で過ごせたら、人生は最高。
                それは簡単にできる」)
 
          悲しいことを考えたら悲しくなる。
          うれしいことを考えたら嬉しくなる。

       ”まさかの時”は、
        自分の人生で最高の出来事を10個思い出して、その時の気分に浸る。

                (例:10万円の宝くじに当たった日のこと)など
        良い気分は1個で15秒、10個で150秒(3分)
        ひたすら最高の気分に浸る。
        そうすると気分が良くなりますよ。
           (「焦点」を過去の栄光に当て、気分の転換を図る)

     ”2つ目は「振る舞い」”
        「悲しい時は上を向いて歩こう」
        「笑う」
          (「振る舞い」で”気分”は変わりますよ)

  ”その次に何をするか?” 
    ~成功(失敗)のサイクル~
        可能性→行動→成果(結果)→信念・態度→可能性

    「信念・態度が重要」
      (自信のない人に、どうやって自信をつけさせるか)

    ~”想像”が”創造”を生む~
       3か月後の自分を想像。(何をしたい。どうなっていたい)など。
       そして、想像に酔ってください。
       そして、フッと現実に戻った時に、
       「今は何をするべきか」(やるべきこと・学んだことの実践)
           (自分が自分に働きかけることで、現実は変化する)


              091027_1541~01

  訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     










    
  1. 2018/07/15(日) 12:40:20|
  2. 「健康」

ルール・心得メモ

  キョウチクトウ12



 以前、居場所事業のボランティアグループに
参加していたころがありました。

事前に、サポーターとしての心得・ルールなど、
いろいろと研修があり、体験研修を経て参加となりました。

 研修の中で、最も印象に残ったのが、
「お互いの距離間」の取り方でした。
その後、いろいろな講習・研修などを受ける機会がありましたが、
「心得・ルール」は、共通性があるようです。

 研修では学んでも、なかなか実際の現場では、
つい、忘れがちになります。

後から考えてみて、「心得・ルール」をメモにして、
毎日読んで、徹底する必要があったという反省が残りました。

 そして、気が付いたのは「サポーターの心得・ルール」の学習は、
家族会等や、一般の対人関係に、役立つものではということでした。
そこに「サポーター学習」の意義がありそうです。

   ~ルール・心得メモ~
  ①「お互いの距離間」を保つ。
      (お互いの距離が近いと、依存関係になりやすい。)
  ②自分の考えを押しつけない。
  ③個人情報を守る。

  ④お互いを尊重、相互関係
  ⑤人によって価値観は多様。
  ⑥自分の領域、限界を認識しておく。

  ⑦共に悩み、共に考える。
  ⑧自己満足にならず、相手の求めていることを考えながら聞く。
  ⑨自分の体験をメモ。

  ⑩医療行為に関する内容に踏み込まない。
  ⑪常に責任感を持って対応。
  ⑫自分にアドバイスしてくれる人に相談。

  ⑬記録を取り、振り返る。(スキルアップを図る)
  ⑭相手のペースに合わせて、じっくり話を聞く。
  ⑮相談できる窓口を紹介。


    ~相談できる窓口~      

 サポステ(サポートステーションネット) 
 生活困窮者自立支援制度 
 発達障害者支援センター 
 求職者支援訓練
 求職者支援訓練 認定コース情報
 障がい者就業サポートガイド
 障がい者相談支援(事業)





              GRP_0004.jpg

  訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

     












  1. 2018/07/13(金) 15:27:10|
  2. ピア(仲間)サポート
次のページ