FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

大河のひとしずく

  KIMG1546.jpg
  



 昨夜のテレビで、
作家・五木寛之さんのインタビューを見ました。

 最近の「新型コロナウイルス」での困難な時代を
どう生き抜くかのヒントを得るために、
五木寛之さんの20年ほど前の著書「大河の一滴」が、
注目されているとのことでした。

 「いまこそ、人生は苦しみと絶望の連続だと諦めることから始めよう」
  (究極のマイナス思考は、時には「安らぎ」を生み出すのでしょうか)

 「私たちの生は、大河の一滴に過ぎない。
  しかし無数の他の一滴たちと共に大きな流れをなして
  確実に海へと下っていく。

  高い峯に登ることだけを夢見て
  必死でかけ続けた戦後の半世紀を振り返りながら
  いま私たちはゆったりと海に下り
  また空へ還っていく人生を思い描くべき時に
  さしかかってあるのではあるまいか」


 私も以前、五木寛之さんの著書「他力」「親鸞」「エッセイ集」
などからいろいろなヒントをいただいたことがありました。


                     「関連記事」・・・・「他力」



                 KIMG1551.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   



  






スポンサーサイト



  1. 2020/05/30(土) 13:05:53|
  2. 日々是好日日誌

インターネットがつながらず

  KIMG1560.jpg



 一昨日ブログを書いていて、
関連記事を探そうとクリックすると
インターネットにつながりません」の表示。
 (一瞬頭の中は真っ白)

 先日にも同じことがありましたが、
いつもは「リモートサポートセンター」さんに電話して、
サポートしていただくのですが深夜だったので、
以前のサポートの時のメモを見ながら復旧をすることにしました。

 メモの手順で操作してみましたがうまくいかず、
けっきょく一時間余りたって運よく復旧。
今回は楽勝の気分で一分で復旧するつもりでしたが、うまくいきません。

 しばらくして「リモートサポートセンター」さんへTEL。
今回は前回の復旧のやり方と違って、
パソコンとWi-Fiの電源を抜くというものでした。

 パソコンの電源を切る代わりに「再起動」をすることになり、
その結果復旧できました。
復旧まで時間は38分経過していました。
その日のうちに再び「インターネットにつながりません」となりましたが、
今回は即「再起動」をおこない復旧。

 パソコン上のいろいろなトラブルでは、
「再起動」が効果があるようですが、それはなぜなのでしょうか?
ITに詳しくない私にはサッパリわかりません。
コンピューター時代にはITに詳しい人が身近にいてくれると、
大変ありがたいのですが・・・・・・・



               KIMG1564.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   








  1. 2020/05/28(木) 12:02:16|
  2. 日々是好日日誌

シリコンバレー症候群

   KIMG1351.jpg




 ツイッターをみていると、
IT・WEB分野のスキル習得に特化した
就労支援アーネストキャリア」さんの記事がありました。

 アーネストキャリアさんに通われる人の多くが
主に発達障害と診断されるアスペルガー(自閉症スペクトラム
とのことです。
他の障害を持っている人達と共に、
プログラマーやWEBエンジニアを目指して、
スキル習得に通っているとのことです。

 アスペルガーの人には、
言語への強いこだわりや、
特定分野に対しての高い集中力、
決まっていることに対する意識の強さ、
細部への観察力の強さ、があり
それは、プログラマーには大変重要な能力とのことのようです。

 「シリコンバレー症候群」という言葉を、時々耳にすることがあります。
アメリカのシリコンバレーのIT企業で所属する
プログラマーのうち一割は発達障害であるといわれています。

 実際にはグレーゾーンの人も含めると、
おそらく半数以上が発達障害の傾向があるのではといわれています。
シリコンバレーではアスペルガーの人々を、
「シリコンバレー症候群」と呼ぶこともあり、
シリコンバレーを支えていることは暗黙の了解となっているようです。

 「発達障害とわかったら一度はIT分野を目指す価値はある」
これは「希望」のもてる言葉のように感じます。


   KIMG1339.jpg

 最近、わずかであるかもしれませんが、
”希望”の持てる「ニューロ・ダイバーシティ」という考え方を知りました。

 「ニューロ・ダイバーシティ」とは、
神経構造の多様性”という意味で、
「脳や神経などに関する個人の特性の違いを多様性ととらえ、
相互に尊重していこう」という考え方のようです。

 ASD(自閉症スペクトラム)や、
ADHD(注意欠陥多動性障害)といった発達障害の人を含めて、
多様な人材を組織として生かそうとする取り組みのことのようです。

 こうした考え方をもとに、
マイクロソフトなど海外の大手IT企業を中心にして、
発達障害の人を採用して、
それぞれの特性や能力を生かそうという試みがされているようです。

 日本では2020年に先端IT人材が約5万人、
一般IT人材が約30万人不足するといわれています。
大学新卒者でのAI人材やエンジニアの志望者は少数派(約3%)

 そうした中「就労移行支援事業所
(全国約3300か所・利用者数約3万2000人)
では、高スキル人材育成を目指す事業所さんが増えてきているようです。


  「発達障害特化の就労移行支援・定着支援 Kaien」
     (ウェブ・IT・デザイン系就職コース)
    (事業所)・・・・(東京) 秋葉原・秋葉原サテライト・代々木・新宿・池袋
             (神奈川県) 横浜・川崎
             (大阪) 大阪天六

  「大人の発達障害の方のための就労移行支援施設 Gfted Works」
     (「プログラミング」と「デザイン」に特化)
    事業所・・・・(群馬県) 高崎市    (福岡県) 福岡市   (大分県) 別府市  
            (愛知県) 名古屋市 知多市 蒲郡市 東海市

  「IT・WEB関連のスキルに特化した就労移行支援 アーネストキャリア」
    事業所・・・・(東京) 永山駅前 八王子
            (神奈川県) 関内駅前
            (福岡県) 中洲川端駅前

  「就労移行支援 ジョブトレ」
     (WEB製作スキルと働き続けるスキルが身に付く)
    事業所・・・・(東京) 渋谷事業所 
                 秋葉原事業所(3月1日オープン)

  「就労移行支援事業所 シャイニー」
     ・パソコン学習  ・コミニュケーショントレーニング  ・ビジネスマナー
     ・作業実習  ・フィジカルトレーニング ・野外活動
    事業所・・・・(東京) 両国 錦糸町  


  「IT専門の就労移行支援事業所 (通所、在宅)
     フロンティアリンキャリアセンター」
        ・大阪なんば   ・仙台   ・東京木場
        ・福岡   ・札幌   ・名古屋   ・横浜
        ・広島   ・岡山


               「関連記事」・・・・「広島のIT特化型就労移行支援事業所}
                          「IT特化型就労移行支援事業所が広島に」





                KIMG1352.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   














  1. 2020/05/26(火) 16:18:57|
  2. アスペルガー改善メソッド

論理的思考とプログラミング

   KIMG1302.jpg



 私は時々集会などで話をしている途中で、
一体何を言いたかったのだろうか」と、
わからなくなることがありました。

 集会での話が長すぎて、
友人からストップをかけられることもあります。
つくづく「論理的思考力」(わかりやすく説明すること)が
苦手なことを痛感したりしています。

 今回ネット検索をしてみて、
「論理的思考力」を身に付ける方法として、
まず結論から述べる」というのがありました。
さっそく電話連絡で実践してみると、スムーズにいき驚いています。

 また「プログラミング」の学習は、
「論理的思考」に役立つといわれています。
就労支援のIT学習の役割は、
「職業訓練」とともに、生きていく上で大切な「論理的思考」を
身に付けるトレーニングとしても重要なことが理解できました。


 ・「論理的思考」とは、「わかりやすく説明すること」。
  物事を筋道立てて、論理的に考える能力のこと。

 ・「論理的思考力」を身に付けるために取り入れられる方法
  ”まず結論から述べる”

 ・問題を明確にとらえ解決方法を導き出すには、「論理的思考」が不可欠。

 ・「論理的思考」は、「問題解決能力」のトレーニング。

 ・「考え抜く技術」 「考え抜き、行動する癖」
  を持てば人生が切り開かれる。



                KIMG1307.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   







  1. 2020/05/24(日) 13:08:04|
  2. 改善研究家族会

嫌われる勇気

   KIMG1336.jpg




 最近よく考えてしまう「嫌われる勇気」。
「嫌われる勇気」という言葉を知ったのは、
以前「嫌われる勇気」という本を出版された著者の
「哲学者・岸見一郎」さんの動画(アドラー心理学)からでした。


 最初「嫌われる勇気」という言葉を聞いたときは、
なんとなく違和感を感じました。
それまでの「人に嫌われないように生きましょう」という
一般的な常識から外れているのではと感じたからでしょうか。

 しかし時には「嫌われる勇気」も必要であると・・・・・・
鋭い指摘です。

 自分自身を振り返ってみても、
数々のつまづきの中には、
この「嫌われる勇気」がなかったこともありそうです。

 今回世界で感染症対策でとられた「都市封鎖」や
「行動規制」などの実施も「嫌われる勇気」が
必要だったのではと感じたりしています。

 特に「感染拡大」がそんなに予測できない時期に
いち早く対策を実施した一部の国などの事例などからは、
「嫌われる勇気」が必要なことを、
改めて教わったような気がします。


           「関連記事」・・・・「嫌われる勇気」
                      「アドラー心理学(対人関係)」(12記事)




                KIMG1339.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   








  1. 2020/05/22(金) 13:33:59|
  2. 新型コロナウイルス

慣れないオンライン申請

   KIMG1399.jpg




 ニュースでは、
「特別定額給付金」のオンライン申請をめぐって、
いろいろな混乱が生じていることが伝わってきています。

 ある自治体では「オンライン申請」の約半数に、
資料添付がなかったり誤記入などで
役所の職員の人たちの負担が大きいようです。
ある自治体では「オンライン申請」を中止にしたようです。

 今回私もたまたま最近「マイナンバーカード」を作っていたので
興味がわき「オンライン申請」をすることにしました。
しかし「オンライン申請」(パソコン編)の動画を最初観た時は、
ハードルの高さを感じました。

 必要な「カードリーダー」がないし、
通帳などの資料の添付方法がよくわかりません。
できるだけ誤入力のないよう完璧を目指し、
役所の人たちにいらない負担をかけないようにできるでしょうか?

 数日前に発注した「カードリーダー」が、
本日発送のメールが届きました。
「オンライン申請」(パソコン編)の手順の、いろいろな動画を見ていると
「できそうにない」と思っていたことも、
少しづつ「できるかも」となりつつあるようですが・・・・・・・




               KIMG1381.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   










  1. 2020/05/20(水) 16:40:09|
  2. 新型コロナウイルス

制度の活用・雑感

   KIMG1450.jpg



 今日もが静かにふっています。
朝起きるといつも以上に足の神経痛が痛むのも
雨のせいでしょうか。
今日も足をさすりながら静かに過ごしています。

 インターネットでは「アメリカの発達障害」などを検索しています。
世界中からのいろいろな情報を見せていただくと、
日本との比較ができたりします。
比較してみて、他国が良いからといっても、
移住することは叶いそうにありません。

 (「脚下照顧」(きゃっかしょうこ)という言葉が好きです。
「足元を見ましょう」という意味でしょうか。)

 では今現在ある制度を調べ、
それを活用することが考えられます。
「制度」は長い年月をかけて先人の人たちが苦労をして
作ってこられたものだと思っています。
それぞれの歴史があり、「制度」は与えられたものではなく、
「勝ち取ったもの」という思いがあります。

 「制度活用」ということの一部として、
これまで「雇用保険受給時の職業訓練」や、
「求職者支援訓練」などを利用したことがあります。
「求職者支援訓練」では、職業訓練としての費用、
生活費用などを訓練期間中(6か月)受給しました。
6か月間で約百万円以上の価値でしょうか。

 また一般的には、ITなどの専門学校などでは、
一年間の学費は約百万円くらいではないでしょうか。

 障害者支援制度はいろいろありますが、
IT特化型就労移行支援事業では、
同じくらいの学習費用は行政からとなっているようです。

 今我が家に残された課題は、
いろいろなこうした「制度」を活用しながら「よりよい道」へと
進めるかにあるようです。
それは、いろいろな条件がそろった上での、
「運」(縁)との出会いのようにも感じていますが・・・・・・


            「関連記事」・・・・「IT特化型就労移行支援事業」(18記事)




                KIMG1513.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   









  1. 2020/05/18(月) 16:13:28|
  2. 改善研究家族会

オンライン申請

  KIMG1362.jpg




 今回の「新型コロナウイルス」の影響によって、
今後の世の中が大きく変革するでしょうと、
ニュースなどではよく見かけます。

 その大きな変革の中に、
さまざまなことでオンライン化が進むようです。
オンラインという意味もあまりよくわからないのですが、
そうなのかなーと思ったりしています。

 最近通販を利用することもあり、
ネット銀行の口座を作ってみることにしました。
その申請に「本人確認書類」として、「運転免許証」が必要でしたが、
「運転免許証」は今回は更新せず無効となっていました。

 そのほかに「マイナンバーカード」が、
「本人確認書類」として使えることでしたので、
「マイナンバーカード」を作ってみました。

 そして「ネット銀行口座」を申請したのですが、
2020年3月30日から法律改正により、
「本人確認書類」が2点必要となっていました。
ガックリ来たのですが、住民票や印鑑登録証明書は
一点のみで手続き可能となっていました。

 そこで、コンビニに設置している機械を使って、
「マイナンバーカード」で「住民票の写し」を取得し(料金300円)
ネット銀行の口座申請をしてみました。

 そして今回は「マイナンバーカード」で、
「定額給付金」のオンライン申請ができることを知りましたが、
なんとなくハードルが高そうなので、どうしたものかと迷ったすえ、
ダメもとでやってみようかということになりました。

 スマホでの申請もできるようでしたが、
スマホへの乗り換えができていないので、パソコンからになります。
パソコンからの申請には、
「ICカードリーダーライタ」が必要となっていましたので、
昨日、通販に発注してみました。(大枚二千円の出費となりました)

今回のオンライン申請は、私にはハードルが高そうで、
うまくいくかどうか自信はないのですが、
とりあえず、やってみることにしてみました」


           「関連記事」・・・・「格安スマホ」



 
                KIMG1445.jpg
    
訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   









  1. 2020/05/16(土) 12:40:56|
  2. 新型コロナウイルス

役立ったメンタルトレ

   KIMG1475.jpg




 私は以前、警備業の仕事で、
遊技場(パチンコ店)の自走式立体駐車場の
車の誘導係をしていたことがありました。

 町の繁華街の、大通りに面した大型店の自走式立体駐車場は、
7~8階建てで、ずいぶんの数の車の出入りがありました。

車が上階からぐるぐる回りながら、下の階に降りてきて、
歩道に出る手前で、警備員が、ストップをかけるというものでした。
警備員がストップをかけるとき、
後ろ向きのやり方と前向きのやり方があります。
ここでのやり方は、車と対面となって止めるやり方でした。

 最初慣れない頃は、走ってくる車の前面に立つので、
結構恐怖心で、神経が疲れるものでした。
上階からスピードがついて、坂を下りてきて目の前に迫ってくるので、
本能的に逃げたくなるのですが、業務としては逃げられないので、
そのストレスは、結構大きなのものでした。

 これは何とかせねばと思い、しばらくして、以前、本で読んでいた、
心身統一法の実践訓練を、この現場でやってみることにしました。

 まず立つとき、両足を肩幅くらいに開き、肩と全身の力を抜き(リラックス)、
背筋を伸ばし、ゆったりとした自然体で立つ。
呼吸は少し深くゆっくり行う。
指先や全身から「氣」が発しているとイメージする。

 車が上階から目の前に降りてくるときは、手でゆったりとした合図を送り、
ゆったりと丁寧にお辞儀をしながら、車の停車の誘導を行う。
ちょうど、太極拳のゆったりとした動きを取り入れながら。

 この頃の数年間は、仕事をしながら、
メンタルトレーニングの訓練ができるという、ありがたい時期でした。
もっとも真剣に取り組んだ時期であり、環境でした。
リラックス法のおかげで、何とか無難に乗り越えることができました。


              「関連記事」・・・・「心身統一合気道場に短期間入門体験」



                KIMG1476.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   










  1. 2020/05/14(木) 11:18:51|
  2. 日々是好日日誌

情報収集箱ネット雑感

   KIMG0412.jpg




 インターネットは、いろいろな情報収集に利用できる
大変便利な道具箱と思っています。
昔は何か調べ物が必要な時は、
よく図書館に行って本を借りていたものでした。

 元気に動ける頃はよかったものですが、
だんだんそれもしんどくなってきました。
また最近の「感染症」の緊急事態では、
利用がむつかしくなっています。

 今はパソコンでインターネットを使うことができ、
短時間で得たい情報が「検索」できるようになりました。
以前の情報収集から比べて何倍かのスピードと情報量になり、
大変役立たせていただいています。

 しかし、私のパソコンは時々トラブルが発生し、
なかなかスムーズにはいきません。
これまで「フリーズ」などのトラブルは数知れず、
「上手につきあっていく」ことは、何事にも共通しているようです。

 先日はスイッチを入れると、
インターネットにつながっていません」の表示。
「そういわれても困るんですよねー」
夜中だったので「サポートセンター」に電話するわけにいかず、
以前同じケースの時に「サポート」をうけた「メモ」を出し操作。

 しかし「メモ」を見ながら作業を進めても復旧せず、
何か一手がたりていない。
コンピューターは「あいまいさ」を許してくれず、「まあまあ」が通じない。
同じ手順を何度繰り返してもダメ。
あの手この手で1.5時間、なんとかクリアー。
あとから振り返れば「なるほどそういうことか」

 なかなか手こずるので最近は「スマホ」のネットもいいのではと、
スマホの情報をよく検索。
いかに安くて高性能な機種や利用料金などを調べていると、
少しずつ理解が進んできました。



               KIMG0410.jpg

訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   












  1. 2020/05/12(火) 17:18:34|
  2. 日々是好日日誌
次のページ