FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

地域精神保健システム

   KIMG1154.jpg




 きのう、ドキュメンタリー映画「精神病院のない社会」上映と、
映画監督大熊一夫氏の講演会に行ってきました。
精神病院に代わる、
地域精神保健システムの重要性を学ぶことができました。

 1980年にイタリアのトリエステ(23万6000都市)において、
精神病院を廃止し、24時間精神医療を提供する、
地域精神保健センターに完全移行。
世界初の精神病院のない社会が誕生。

 1999年3月、保健大臣はイタリアから精神病院が消えたことを宣言。
代わって精神保健センターが登場。
  (ただし、「365日24時間無休センター」はイタリアでも5%くらい)


 「開かれた精神医療への道
        トリエステ市の実践 」 


 「トリエステの精神医療改革の合言葉」・・・・”自由こそ治療”


  「イタリア・精神病院の軌跡」 
    ・1962年  バザッリア、ゴリツィア精神病院長になり、
             63~68年病院解放に着手。
    ・1971年  バザッリア、トリエステの精神病院長になる。

    ・1976年  法令178号
             自治体行政の分離と市民参加に関する規定。
    ・1977年  サン・ジョブァンニ病院の新規入院者がゼロとなる。
    
    ・1978年5月  法令180号  精神医療の根本改革
          12月  法令833号  ナショナル・ヘルス・サービス  
    ・1979年  サン・ジョブァンニ病院 閉鎖宣言

    「法令180号」
      法的に精神病院を廃止する。  


 「イタリアの医療制度」 (法令833号)
   USL(地区保険機構)
     ①家庭医 (住民が登録)
        → ②ポリアンブラトリオ (精神保健センター)  訪問・外来・リハビリ
               → ③病院 (精神科救急)

 「住と職」
   住・・・・共同住宅

   職・・・・就労協同組合 
         職種・・・無農薬農業  ・工芸  ・運送業
              ・レストラン   ・宝石店  ・ラジオ局  
              ・ビデオプロダクション    など30種類。

 「精神保健センター」
   ・診療と相談を受ける。
   ・毎日、巡回訪問。
    センターを利用する人達と人間関係を保ち、
    医療ケアの網の目を張り巡らせておく。
    これがセンターの活動の柱。

   ・朝夕2回、スタッフ全員でのミーティング。
    利用者一人一人についての最近の状況や、
    トラブルの対応策を話し合う。

               「関連記事」・・・・「訪問型サービス・アクト」(3記事)
                          「会話治療法・オープンダイアログ」
                          「社会福祉先進国に学ぶ」(7記事)




                KIMG1155.jpg

 訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   



 


 






スポンサーサイト



  1. 2019/11/18(月) 15:58:54|
  2. 日々是好日日誌