FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

「不安を簡単に取り除く方法」

     「不安を簡単に取り除く方法」     
                          精神科医・樺沢紫苑 (動画案内)

不安を取り除く方法 
不安の90%が実現しない不安 : 取り越し苦労 : 実際には起きていない不安 

日記を書く
どんな時に不安になったのか、その後どうなったのか。
どういう状態で不安になりやすいか

書いたことを読み直して、不安が現実になったかを検証する。
思った不安の大部分は、実現していないことがわかる。


これは精神科で言うところの認知療法です。
「自分の行動や考えを客観視する、自己洞察を深める有益な方法。」

不安とは偏桃体が興奮した状態。
偏桃体の興奮を収める方法は、「言語情報」 : 言葉に出すだけで不安は収まる。

言葉による脳への入力が、偏桃体を抑制する。
思っている不安を言葉にして、周りの人に言うだけでもかなり楽になる。
言語情報が偏桃体を抑制する。言葉に出すだけで不安は収まる。

不安に悩まされている方は、
不安を言葉に表現することで、かなり楽になれるはずです。


「不安を簡単に取り除く方法」 (精神科医・樺沢紫苑) (動画)





○ 「私の不安解消法、対処法のメンタルトレーニング体験」
私も生来の、不安気質を持っているようです。
それが16歳の頃、いっぱいいっぱいになり高校中退して、集団(社会)からの離脱という行動になります。


危険センサーが働き、本能的に生きていく力をつけるため、座禅というものに向かいました。
臨済禅と曹洞禅の両方にお世話になりましたが、
私の気質に合うのは曹洞禅(道元禅)の只管打坐(ただ座る)でした。

何も思わず、何を期待して求めるでもなく、「ただ坐る」というシンプルさと気楽さが、
複雑なことが苦手な自分の気質にピッタリでした。

坐って「無心」を求めるのでもなく、ただ坐るのみでOKなのはやりやすいです。
頭に雑念が浮かんできたとき、その思いを追わず、ただ自然に流していき、
頭に浮かんだ、例えば、「今日の昼ごはんは?」「足が痛いなー」などの心の言葉を追わず、
軽く流すトレーニングをする。

「執われない」という訓練のようです。
それを、不安感が出てきたときに応用します。
ただ生まれ持っての気質ですから、なくなることはありませんが、少しはラクになっていくようです。


又、腰骨を起こし、姿勢を正し、ゆ~くりなが~い呼吸をすると、すごく気持ちがいい。
脳科学的に、気持ちいいことは長く続くそうです。
今は足が悪くなり、「イス禅」を楽しんでいます。

    関連過去記事 (リンク) ↓ (時には一服)

       私の趣味・リラックス法との出会い「白隠禅師の・(なんその法)」



いつも応援を
ありがとうございます

にほんブログ村

ニート日記 ブログランキングへ
















スポンサーサイト



  1. 2016/02/20(土) 11:32:43|
  2. 「内観」自己啓発法(動画集)