FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

カタツムリのように進む

      カタツムリのように進む


 「100分で名著 ガンディー獄中からの手紙」
                (動画より~)
 

 ”非暴力と赦し”
   ガンディーは非暴力でインドを独立にみちびく。
   そのためには、「赦し」と「愛」が重要だと説きます。

  「非暴力」・・・・ヒンズー語で「アヒンサー」・・・ア(否定)ヒンサー(障害・殺生):傷つけない・殺さない
           アヒンサーの概念でガンディーは独立運動をやろうとした。

  「塩の行進」(1930年)・・・・イギリスが塩の製造を禁止していた事への抗議運動。
                   非暴力の方が強い意志が必要。
                   暴力を使う人間の方が恐怖の中にある。

                   内面から生まれる善良なものを喚起。
                   ガンディーは積極的な概念として非暴力を考えた。

 ”非暴力と愛” 
    「愛」・・・・「違う」部分と「同じ」部分、この2つが両輪になって現れるもの
          他者との違いを認め、分かち合うことが本当の愛。
    
    「その言葉は暴力じゃないですか?」 「言葉もまた暴力になる」 
    「非暴力には愛がなければならない」
    「暴力的な手段によって手に入れた勝利は、勝利ではないと考えた」

  「非暴力は手段?」・・・・必要であれば暴力を使うかもしれない。
                 非暴力が臆病の盾になってはいけない。
                 真理に至るための手段として最も有効なものがアヒンサー。
     「怒りや憎悪こそ欲望」・・・向けている怒りこそが内なる敵(許せないと思うことが欲望)


 ”4回 よいものはカタツムリのように進む”
    糸車を回すことが独立につながる。
    綿花・・・・綿花を安い値段で売り、衣料品を高い値段で買っていた。(富の流失)

    「スワデーシー」・・・・スワ(自ら)デーシー(国、大地)
                 国産品愛用運動と訳されることがある。
                 外国製品の排斥運動になってはならない。
                 スワデーシー・・・隣人たちへの奉仕の心。地産地消。

    「パンのための労働」・・・・便利になることっていったい何なのか。
                    欲望を後押ししてしまっているのではないか。
                    代替可能性をつきつけられる労働形態。居場所のなさ。

  「よいものはカタツムリのように進む」
    人間の思い上がりがスピードの中に含まれている。
    永遠の微調整。
    社会を一変する魔法はないと考えていた。
         ”私の人生こそが、私のメッセージです”






訪問いただき
ありがとうございます
 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村   







スポンサーサイト



  1. 2017/03/23(木) 12:46:50|
  2. 文学