FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

各国の障害法

   丹田呼吸法18



   「アメリカ障害法の衝撃
      1990年・障害を持つアメリカ人法」

              (動画より~)

  ”1990年7月26日
     アメリカ障害者法制定”
・・・・障害者に対しての一切の差別を禁止。
             (全米で4300万人といわれる障害者が、不当な差別を受けることなく、
              仕事や公共のサービスを利用する、あらゆる権利を保障する。)

      (大きな柱)
        ”交通・運輸”・・・・バス・鉄道などの事業体が運行する車両は、
                   車椅子使用者を含む障害者が、容易に利用できなければならない。

        ”公共的施設”・・・・不特定の人が利用する施設を経営するものは、
                    その設備・サービスにおいて、障害者を差別してはならない。

        ”電話リレーサービス”・・・・通信事業者は、非音声装置を使う聴覚言語障害者と、
                         一般の電話利用者との双方向通信を、
                         保証しなければいけない。

                lgf01a201406280200虹3

  ”アメリカ障害者法の立役者の1人、
         ジャスティン・ダート氏(障害者運動)”

     連邦政府で障害関係の仕事を始める。
     全米各地を回り、障害者の仕事や生活の実態調査。(1982~3年)

     報告リポート「自立に向かって」
       ・障害者の4分の3は必要な社会保障を受けていないこと。
        又、3分の2は仕事がない実態を明らかに。

       ・障害者が働けるようにするためには、さまざまな費用が掛かるが、
        職に就くことによる生産性の増大は、その費用を上回るという論理を立て、
        アメリカ障害者法の制定を推進した。

     (大きな柱)
        ”雇用”(働く権利)・・・・従業員15人以上の事業体は、採用・解雇、報酬、昇進、
                       その他の雇用条件に関して、障害者を差別してはならない。

          (アメリカ障害者法は、すべての障害者の雇用を保証しているわけではありません。
               仕事に必要な能力を持っている障害者への差別を禁じているのです。)

  ”精神障害者互助組織
         「オアシス」代表者”

      「これまで、生きるために闘わなければならなかった。
      アメリカ障害者法が成立したといっても、
      仕事を得るためには自分で闘わなくてはならない。
      
      法律が仕事をくれるわけではない。
      せっかくできた法律だから、空文化しないためにも、
      私はやっぱり、闘い続けなくてはならないのです。」

                    「関連記事」・・・・「「社会福祉先進国に学ぶ」(7記事)
       
訪問いただき       秋32

ありがとうございます

にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 
     




   
       








スポンサーサイト



  1. 2017/12/05(火) 10:51:33|
  2. 社会福祉先進国に学ぶ