FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

「白隠禅師の気功健康法」医学博士帯津良一先生DVDで自修

  最近「腹式呼吸法」の練習を初めてみて、昔のことを思い出しました。

 それは半世紀ほど前17歳の頃、三原の仏通寺で初めて座禅の指導をしていただいたとき、最初に教わったのが数息観という呼吸法でした。

 調身、調息、調心といわれる教えの中の調息になります。

 私が教わった数息観は、心の中で「ひとーー」と言いらがらゆっくり息を吐き(お腹をへこませながら)、吐ききったら、「つーー」

 と心の中で言いながら、ゆっくりと力まず息を鼻で吸っていきます。(腹をふくらませながら)

 息を吸い終わったら「ふたーー」「つーー」と10まで続け、10から又1にもどり繰り返します。


 しばらくして、わたしは自然なゆったりした呼吸に戻していきます。

 そして、最近はその「腹式呼吸」を時々、日常の合間や足のしびれがひどい時に行うことにしました。

 さて、帯津先生のお名前を知ったのは、もうずいぶん昔のことになります。

 私が中年フリーターの頃、ハローワークの帰りに毎回立ち寄った市営中央図書館で、読んでいた中に帯津先生の本がありました。

 帯津先生は、帯津三敬病院名誉院長で、西洋医学に中国医学や代替療法を取り入れ、がん患者などの治療にあたる人間をまるごと捉えるホリスティック医学の第一人者で、日本ホリスティック医学協会会長などを務められる。

 図書館で見つけた本の中に、帯津先生の「白隠禅師の気功健康法」 新しい呼吸法「時空」というDVD付きの本がありました。

 さっそく、DVDを見ながら実修してみました。

 最初に、「時空」についての説明がありました。 

 「気功は中国古来の養生法ですが、私はがん治療の現場で20年の医療気功の経験の中で、気功の本来の目的は、心身と虚空との一体にあると気がつき、この功法を考えました。

  これまで経験してきた様々な功法の中から動作を集めたものです。

 ① 予備功
 ② 気となじむ
 ③ 4億年前を想い出
 ④ 虚空と気の交流をする
 ⑤ 虚空と一体となる
 ⑥ 収功
        
○ むつかしい動作は一つもなく、楽にできるものでした。。

     ◆  広島・支援情報

  「ひきこもり・不登校等相談支援団体への
 見学ツアー参加者募集」     広島県主催

 ① 広島市内・北部コース 11月14日(土)
                 定員 25名
 

 ・ 9:00 広島県庁北側集合

 ・ 9:40~10:40
  団体名:NPO法人青少年交流・自立
        支援センターCROSU
  住所 広島市西区楠木1丁目
  見学 フリースペースなど

 ・ 12:00~14:00
  昼食(八千代産直市場)
  団体名; NPO法人ブエンカミーノ
  住所 : 安芸高田市八千代町
  見学 : 畑での農作業など

 ・ 15:30~16:30
  団体名:(一社)青少年ワークサポートセンター広島
  住所:広島市東区光町二丁目
  見学:体験活動など

② 三原・尾道・福山コース 11月21日(土) 
                定員 25名

 ・ 8:40 福山駅北口集合
  ( 10:00 三原駅正面集合)
 ・ 10:10~11:10
  団体名:NPO法人ちゃんくす
  住所:三原市港町
  見学:フリースペース
 ・ 12~14
  団体名:NPO法人尾道まなび村
  住所:尾道市原田町
  見学:農作業

 ・ 15~16
  団体名:NPO法人どりいむスイッチ
  住所:福山市西町
  見学:フリースペース

     ○ 参加対象者
       支援の利用を検討されているご家族、
       学校関係者、支援に関心にある方

     ○ 参加費 無料

     ○ お問い合わせ先
       広島県環境県民局県民活動生
          青少年健全育成グループ
       電話:082-513-2740
       FAX:082-511-2173

     ○ 申込期限 平成27年10月30日(金)
       (定員を超えた場合は締め切らせていただきます)




にほんブログ村


ひきこもり ブログランキングへ





  
 

 

 



 




スポンサーサイト



  1. 2015/10/26(月) 12:43:32|
  2. 「リラックス法」入門