FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

ビタミン

   KIMG0460.jpg



 2~3年ほど前近所の人から、
家族の人の神経痛に効果があったという、ビタミン剤の話を聞きました。
さっそく、藁をもつかむ心境で薬局に行き、市販されている、
大手メーカーのビタミン剤(ビタミンB1・B6・B12・E製剤)(第3類医薬品)
を購入してみました。

 「目の疲れ」「肩こり」「腰の痛み」「神経痛・手足のしびれ」
などの症状に効果ありとなっています。
最初はあまり意識せず飲んでいましたが、
時々飲まない日と1錠の日、2錠の日、3錠の日と試してみました。

 最近栄養療法で、ビタミンの重要性を知り、
改めてその成分の含量表をみて、その含有量の多さに驚きました。
栄養療法でのビタミンB群・Eの摂取は大きな柱になっているようですが、
私も知らず知らずのうちに、栄養療法を行っていたことに気が付きました。

 そこで、ビタミンの情報を少し検索してみました。
”ビタミンB1“は疲労回復のビタミンともよばれる。
糖質の代謝に不可欠。
脳の中枢神経や、手足の末梢神経の機能を正常に保つ。

 不足すると、食欲不振、だるさなど。
脳はブドウ糖をエネルギー源としているため、
ビタミンB1が不足するとエネルギーが不足し、脳や神経に障害をおこす。

 ”ビタミンB6”が不足すると、皮膚炎、舌炎、口内炎、貧血、
神経に異常が起こることも。
 ”ビタミンB12”が不足すると、造血作用がうまく働かない。
また、脊髄や脳の白質障害、末梢神経障害が起こり、
しびれや知覚異常の症状が起きる場合がある。

 ”ビタミンE”が不足すると、神経や筋障害の症状、
血行不良、冷え性、頭痛、肩こり、シミ、シワ、   ほか。


   ~しばらく、一日3錠にアップして様子を見ることにしました。~



                KIMG0455.jpg
 訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   










スポンサーサイト
  1. 2019/05/15(水) 18:01:48|
  2. 改善研究家族会