FC2ブログ

「ひきこもり・ニート」回復道具箱

ひきこもり・ニート状態の人の回復に役立ちそうな情報収集と体験談。

千回をめざして

   KIMG0457.jpg




 ブログを書き始めたのが3年半ほど前。
毎日何かを書いていたものの、
数か月後には、だんだん書くことがなくなったような感じになり、
年末頃終了しようかと考えるようになりました。

 その時、訪問していただいた方のブログに、
ユーチューブの動画が載っていました。
初めて目にした動画にヒントを得て、動画で情報を集めることにし、
そのおかげで何とかブログの終了をまぬがれました。

 年が明けたころ、千日回峰行者の塩沼亮潤氏の幾つかの動画に出合いました。
その中で、
「同じことを同じように繰り返して、情熱をもって毎日を過ごしていると、
悟る可能性があると、今から2500年前釈尊が言われました。
この行の意味があります。」
の言葉を聞き、私もブログ千回を目標にしてみようかと思いました。


   KIMG0443.jpg

  「塩沼亮潤」心と向き合う「千日回峰行」
         (NHKラジオ深夜便)  (動画より~)
          

  塩沼亮潤氏  
     奈良県吉野で、1日48kmの山道を踏破する
     千日回峰行を満行。
     大峰山系の往復48kmの山道を毎年5月から9月まで、
     9年かけての行。

  ”体力の限界に追い込まれた行”
     行者というのは、追い込まれると追い込まれるほど
     楽しくなってくるのです。
     自分をかばってしまうと、精神的にどんどんまいっていく。

     追い込まれるほど、「自分ならできる」と自分自身を信じていきます。
     そこで、どんな困難も乗り越える。
     それしか、自分達にはないし、それが行者としての決め事なのです。


  ”苦しみの中の楽しみ”   千日回峰行27

     1日48kmの道のりも、自分を甘やかそうと思えば、
     いくらでも甘やかせられます。
     しかし、自分に正直に、一生後悔のないよう思えば、
     一歩一歩を正直に行じたい。。
    
     人の目はごまかせても、自分自身の心はごまかせない。
     追い込みすぎて死なない程度に、また甘やかさないように
     丁度いいあんばいのところで、自分自身に耳を澄まして、
     心をとぎすまして、自分自身を問いただしていく。
     それが、非常に心地よい、楽しい。


     1年の中で、体の調子のいいのはわずか1日ぐらい。
     あとはどこか痛みや故障を抱えながらですから、
     その中で、ちょうどいい塩梅で自分を見つめなおす。

     ダイヤモンドはダイヤモンドしか磨けない。
     自分の心は自分の心しか磨けない。
     ですからそれに懸命に打ち込む。
     それが楽しい。


  ”追い込まれれば追い込まれるほど、
   「攻め」の姿勢で行かなければと、行を通じて学ぶ。
   現実を受け止めて、なるようにしかならないと。
   その上で、なお「攻め」の姿勢で。

   千日回峰行5



 訪問いただき             
ありがとうございます
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

   











スポンサーサイト



  1. 2019/05/17(金) 12:05:53|
  2. 日々是好日日誌